はじめてのワイン法

株式会社虹有社

ワイン法とは何か? なぜ、必要なのか? ワインがもっとよく分かる、日本初のワイン法入門書。

ワインをより深く知ろうとすると、産地を名乗るための決まりやラベル表示の仕方など、多くのルールがあることがわかります。
ワインを造るほとんどの国には、それらを規定する「ワイン法」があるのです。しかし、日本には、世界に通用するワイン法がありません。
ワイン法とは何か? それは、なぜ必要なのか?
ワイン法の模範とされるフランスとEU の法律を中心に、その成り立ちと内容を分かりやすく紹介し、日本の現状を考える、ワイン法研究者による、日本で初めてのワイン法の入門書です。
もっと見る

著者略歴

●著者紹介
蛯原健介(えびはら けんすけ) 1972 年、福岡市に生まれる。熊本県立濟々黌高等学校、中央大学法学部卒業。立命館大学大学院法学研究科博士後期課程(公法専攻)修了。博士(法学)。明治学院大学法学部専任講師・助教授・准教授を経て、現在、明治学院大学法学部教授。専門は公法学およびワイン法。明治学院大学法学部において「ワイン法ゼミ」を担当。2014 年1 月より国際ワイン法学会理事。一般社団法人 日本ワイン協会(日本ワインを愛する会)理事。2013 年10 月、ブルゴーニュワイン騎士団シュヴァリエ叙任。主な著書(共著)に『世界のワイン法』(日本評論社、2009 年)、『フランスAOCワイン事典』(三省堂、2009 年)、『EUとフランス—統合欧州のなかで揺れる三色旗』(法律文化社、2012 年)、『比較憲法』(ミネルヴァ書房、2012 年)などがある。また、『ワイナート』(美術出版社)57 号より「事例から学ぶワイン法」を連載。
もっと見る

Reviews

読み込み中...

追加情報

出版社
株式会社虹有社
もっと見る
出版日
2014/09/30
もっと見る
ページ
367
もっと見る
ISBN
9784770900630
もっと見る
言語
日本語
もっと見る
ジャンル
法律/全般
もっと見る
コンテンツの保護
これは DRM 保護されたコンテンツです。
もっと見る
読み上げ
Android 搭載端末で利用できます
もっと見る

読書情報

スマートフォンやタブレット

AndroidiPad / iPhone 用の Google Play ブックス アプリをインストールしてください。このアプリがアカウントと自動的に同期するため、どこでもオンラインやオフラインで読むことができます。

ノートパソコンとデスクトップパソコン

パソコンのウェブブラウザを使用して Google Play で購入した書籍を読むことができます。

電子書籍リーダーなどのデバイス

Sony eReader や Barnes & Noble Nook などの E Ink デバイスで読むには、ファイルをダウンロードしてデバイスに転送する必要があります。サポートされている電子書籍リーダーにファイルを転送するには、ヘルプセンターの詳しい手順をご覧ください。
©2017 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。