銭形平次捕物控 023 血潮と糠

ゴマブックス株式会社
Free sample

「銭形平次捕物控」シリーズで著名な野村胡堂作品。平次とお静のもとに八五郎が転がり込んできた。八五郎によると、苦しみながら悶絶死した物貰いの懐から4つの二十五両が見つかったという。この物貰いを調べたところ、もとは米屋の越後屋の使用人だったということだが……。
Read more
Loading...

Additional Information

Publisher
ゴマブックス株式会社
Read more
Published on
Mar 2, 2018
Read more
Pages
28
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Fiction / Mystery & Detective / Historical
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
江戸の名探偵 銭形平次が繰り広げる痛快捕物活劇!



江戸の平和を守る銭形平次と子分の八五郎。卓越した推理力と正義の投げ銭が

今日も悪党を退治する! 全380編にも上る銭形平次捕物控の初期作品10編セット。



【収録作品とあらすじ】

※�@〜�Dのあらすじについては、「銭形平次捕物控 初期5編セット」をご参照ください。



�E土への愛着

虎五郎という四十男が無残な死体で発見される。ところが、平次には

手の放せない用事があり、調べられない。そこでガラッ八に白羽の矢が立つ——。



�F紅筆願文

羽織袴を身に纏った典型的な御用人、石川孫三郎。江戸きっての腕利き

岡っ引き、銭形平次の下にまた新たな事件が舞い込んできた——。



�G振袖源太

近頃、江戸では振袖源太の見世物小屋が大繁盛。一方、日本橋の呉服屋

『福屋善兵衛』では、先月末から子供が順々に行方不明になる事件が

発生している。平次は調査に乗り出すが——。



�H人肌地蔵

雨ざらしで鼻も耳も欠け、涎掛けの寄進に付く者もなく、時代も素性も

知れない一基の地蔵尊が祀られている。ところが、何時からかこの冷たい

地蔵尊が人間の肌のように生温かくなっているという——。



�I南蛮秘宝戔

田代屋又左衛門は、質屋渡世で2万両の財産を築き上げた剛毅者。

ある日、自宅の風呂へ浸かっているところへ、どこからともなく

飛んで来た1本の吹矢が又左衛門の腕へ突き刺さる。



吹矢には毒が塗ってあり、調べてみると吹矢は庭先から放たれたと

見られる。また庭には犯人が残して行ったと思われる吹矢が落ちて

おり、吹矢には口紅が付いていた——。



その時庭にいたのは、又左衛門の次男、又次郎の嫁お冬。当然のように

容疑はお冬に向けられるのだが、その裏には壮大な謀略が——。
江戸の名探偵 銭形平次が繰り広げる痛快捕物活劇!



江戸の平和を守る銭形平次と子分の八五郎。卓越した推理力と正義の投げ銭が

今日も悪党を退治する! 全380編にも上る銭形平次捕物控の初期作品10編セット。



【収録作品とあらすじ】

※�@〜�Dのあらすじについては、「銭形平次捕物控 初期5編セット」をご参照ください。



�E土への愛着

虎五郎という四十男が無残な死体で発見される。ところが、平次には

手の放せない用事があり、調べられない。そこでガラッ八に白羽の矢が立つ——。



�F紅筆願文

羽織袴を身に纏った典型的な御用人、石川孫三郎。江戸きっての腕利き

岡っ引き、銭形平次の下にまた新たな事件が舞い込んできた——。



�G振袖源太

近頃、江戸では振袖源太の見世物小屋が大繁盛。一方、日本橋の呉服屋

『福屋善兵衛』では、先月末から子供が順々に行方不明になる事件が

発生している。平次は調査に乗り出すが——。



�H人肌地蔵

雨ざらしで鼻も耳も欠け、涎掛けの寄進に付く者もなく、時代も素性も

知れない一基の地蔵尊が祀られている。ところが、何時からかこの冷たい

地蔵尊が人間の肌のように生温かくなっているという——。



�I南蛮秘宝戔

田代屋又左衛門は、質屋渡世で2万両の財産を築き上げた剛毅者。

ある日、自宅の風呂へ浸かっているところへ、どこからともなく

飛んで来た1本の吹矢が又左衛門の腕へ突き刺さる。



吹矢には毒が塗ってあり、調べてみると吹矢は庭先から放たれたと

見られる。また庭には犯人が残して行ったと思われる吹矢が落ちて

おり、吹矢には口紅が付いていた——。



その時庭にいたのは、又左衛門の次男、又次郎の嫁お冬。当然のように

容疑はお冬に向けられるのだが、その裏には壮大な謀略が——。
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.