これ以上やさしく書けない 戦闘機「超」入門

株式会社パンダ・パブリッシング
2
Free sample

 ■この1冊で、戦闘機の真実ががまるっと分かる!

若手軍事評論家が、戦闘機を“なるべく専門用語を使わず”丁寧に解説。

・戦闘機の形にはどんな種類がある?
・戦闘機のCPUはゲーム機以下!?
・ステルス、オフボアサイト攻撃、ネットワーク戦とは何?
・未来の戦闘機はどう変化していく?

戦闘機の役割・種類から、メカニズム、操縦・戦闘方法、新技術、未来の戦闘機の形まで、戦闘機にまつわる基礎知識をわかりやすく解説しました。

あわせて、「世界各国の空軍戦力分析」や「戦闘機ランキング」「航空自衛隊の戦闘機パイロットや整備士へのインタビュー」も収録。


■「戦闘機のソフト面」を重点的に解説!

現代戦闘機にとって最も重要なのは、飛行性能などハード面ではなく、ネットワーク能力などのソフト面です。

しかしソフトウェアや情報技術は、機体スペックなどと比べると分かりにくい部分もあります。
そこで本書は、それらソフト面について重点的に解説しました。

これらを理解すれば、スペックだけではない、「新しい戦闘機の見方」ができ、戦闘機の真贋が見極められるようになるはずです。


■目次

第1章 戦闘機の基本
ーー戦闘機の種類や素材、速度、レーダーなど基本の「き」について解説

第2章 戦闘機をもっと楽しむ
ーー戦闘機パイロットはどう育成される? 空中戦がどう行なわれるか?など製造や運用などについても解説

特集 日本の戦闘機部隊
ーー航空自衛隊の戦闘機パイロットや検査隊員に、任務内容についてインビュー

第3章 21世紀型戦闘機
ーーネットワーク能力とは何か? ステルスとは何か?など戦闘機のソフト面や新技術について解説

第4章 世界各国の戦闘機事情
ーー航空自衛隊からアメリカ、ロシア、中国など世界各国の戦闘機戦力を分析

第5章 いろいろランキング
ーー速度・大きさなどの特徴や、ドッグファイト・対地攻撃など用途について戦闘機をランキング分析!

第6章 付録
ーー最新の爆撃技術や戦闘機が活躍する映画・マンガについて紹介


■出版社からのコメント
スペックやメカニズムを事細かに単調に解説するのではなく、語弊を恐れず誰でも分かりやすいように解説してあります。
マンガやゲームなどで戦闘機に興味をもった方には、興味深く読んでいただけるのではないかと思います。


※本書は、酣燈社から発行された別冊『戦闘機入門』に加筆・再編集を行ない、情報をアップデートしたものになります。

Read more

About the author

関 賢太郎 (せき・けんたろう)

航空軍事評論家・写真家。1981年生まれ。世界を渡り歩き各国の航空事情を独自取材、自サイト上に発表していたことがきっかけとなりプロデビュー。時代を問わぬ幅広い知識と、最先端テクノロジーへの深い造詣を併せ持ち、分かりやすい解説を得意とする。数少ない若手として月刊『丸』(潮書房光人社)など複数の軍事・航空専門誌やネットメディアにおいて活躍中。

著書に『戦闘機と空中戦(ドッグファイト)の100年史』(潮書房光人社)、『すべてがわかる零戦入門』(実業之日本社)、『戦闘機の秘密』『自衛隊機の秘密』(PHP研究所)、『第二次世界大戦 最強戦闘機Top45』(ユナイテッド・ブックス)、『F-2「超」入門』『F-35「超」入門』(小社)など。

Read more

Reviews

5.0
2 total
Loading...

Additional Information

Publisher
株式会社パンダ・パブリッシング
Read more
Published on
Oct 14, 2017
Read more
Pages
192
Read more
Language
Japanese
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
関 賢太郎
 航空自衛隊に導入された最新ステルス戦闘機F-35ライトニングⅡ。


若手軍事評論家が、これ以上やさしく書けないほど懇切丁寧に解説した1冊!
F-35の“本当の実力”がまるっとすべて分かります。


F-35によって空戦がどう変わるのか?ステルス戦闘機の本当の恐ろしさとは何か!?F-35だけがもつセンサーシステムとは?分かりにくい「ネットワーク機能」とは一体何か?最強と言われるF-22との比較で見えてくる、F-35の真のコンセプトF-35で日本の空は大丈夫か? T-50(ロ)やJ-20(中)との比較検証


開発史から飛行性能や兵装はもちろん、レーダーやアビオニクス、ネットワーク機能といった専門的な部分も分かりやすく紹介します。
F-35のチーフ・テストパイロットを努めたジョン・ビースレイ氏へのインタビューも収録しています。


何が得意だけでなく、“何が不得意なのか”も含めて詳しく解説!


■目次
第1章 基本解説編
0 F-35プロファイル
1-1 バリエーションABC
1-2 運動能力
1-3 エンジン
1-4 コクピット
1-5 レーダー
1-6 EOTS電子光学式照準システム
1-7 EO-DAS(防御力)
1-8 ネットワーク中心戦
1-9 センサーフュージョン
1-10 兵装〈空対空〉
1-11 攻撃力〈空対空〉
1-12 兵装〈空対地〉
1-12 兵装〈空対地〉
1-13 攻撃力〈空対地〉
1-14 攻撃力〈実際の戦い方〉
1-15 航続距離と燃費
1-16 ステルス性
1-17 整備
1-18 価格とコストパフォーマンス
COLUMN 「ライトニングⅡ」に込められた意味


第2章 総合解説編
2-1 JSF開発競争
2-2 戦闘機の「世代」とは?
2-3 F-22とどう違うの?
2-4 フォース・ミックス計画
2-5 JSF/国際共同
2-6 日本のどこで見られる?
2-7 ライバルは?
2-8 F-35発展計画
2-9 日本版F-35? 心神i3 Fighter
2-10 ステルスについて
2-11 《インタビュー》チーフ・テストパイロット、ジョン・ビースレイ氏に聞く
2-12 コクピットの進化
2-13 VTOL(垂直離陸機)

関 賢太郎
 若手軍事評論家が教える、国産戦闘機「F-2」がまるっとすべて分かる1冊!


・F-2のF-16の違いとは? 純国産といえるの?
・F-2の本当の特徴とは?
・CCVデジタル飛行制御方式とは何か?
・流布する「F-2欠陥論の正体」とは?
・「F-2は小さいので拡張性がない」というのは本当?
・ “対艦番長”と呼ばれるF-2の対艦攻撃力の真髄はどこにある?
・進化をつづけるF-2の近代化改修の内容とは?
・さらに、次世代の「F-2改」「F-2 2020」計画とは?

開発史や飛行性能など基本的なことから、CCVデジタル飛行制御やレーダー性能などやや専門的な部分も分かりやすく紹介!
そして、「他機との比較した戦闘能力評価や欠陥論の是非まで詳しく解説。
他には「F-2開発者への直接インタビュー」も収録!

F-2のどこが優れているかだけでなく、“どこが劣っているか”もよく分かる!!


■目次
第1章 基礎解説編
F-2 2020
開発史
三菱重工開発者インタビュー
バリエーション
飛行性能
機体構造/空力設計
エンジン
コクピット
レーダー
防御力
兵装と攻撃力(空対空)
兵装と攻撃力(空対艦)
空対地攻撃力とマルチロール性
航続距離と燃費
F-2飛行隊
F-2欠陥論の正体

第2章 総合解説編
整備
価格とコストパフォーマンス
対艦攻撃に優れた海洋攻撃機
F-2 Super改
F-16の発展型
津波と今後
支援戦闘機F-1/F-4EJ改
F-3を考えてみる
平成の一式陸攻/零戦
日本の戦闘機史


※本書は、酣燈社から発行された別冊『JASDF F-2』を再編集し、情報をアップデートしたものになります。

©2017 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.