復讐のランウェイ

デジタルエステイト株式会社
Free sample

 仁田水月と岩下輝美は世田谷デザイナー学院に入学した時から、とても気が合い、仲のいい友達であった。したがって、当時のクラスメートにとってはこの二人のジョイント・ファッションショーに不思議なことは何もなかった。しかし、水月には人には言えない秘密があった。世田谷デザイナー学院時代に輝美との間で信じがたい裏切りの体験を味わったからである。

十年前、水月は学生コンクールのファッションショーでグランプリを獲るべくデッサンを何枚も何枚も飽きずに描いて、その中の渾身の作品を岩下輝美に見せた。水月には全く意外なことだったが、輝美は水月のデッサンを酷評した。水月にとってそのデザイン画はいずれも自信作だったため、輝美に酷評されてすっかりしょげかえってしまった。落胆した水月はそのデザインを諦めて別のデザインの衣裳を制作して学生コンクール当日に臨んだ。なんということだろう。生徒の中でまったく目立つ存在でなく、下馬評に名前も出なかった岩下輝美の発表したデザインのドレスは、先日水月が輝美に見せたデザインそのものであった。それも、デザインはおろか色彩もほぼ同じで、まるごと水月のデザインの盗作でしかなかった。しかし、結果は言うまでもない。岩下輝美のドレスがグランプリを獲り、輝美はその年の栄えある最優秀学生賞に輝いたのであった。


Read more
Collapse

About the author

著者高浜眞子は『泉鏡教授の探偵旅行』、『泉鏡教授の旅行事件簿」、『泉鏡教授のアメリカ旅行』の泉鏡教授シリーズ、『迷宮の彼方』などのの探偵小説、『よみがえる時』の映画台本の作者。


Read more
Collapse
Loading...

Additional Information

Publisher
デジタルエステイト株式会社
Read more
Collapse
Published on
May 19, 2018
Read more
Collapse
Pages
136
Read more
Collapse
ISBN
9784905028666
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Fiction / Mystery & Detective / General
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse
Eligible for Family Library

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
推理小説のパイオニア、江戸川乱歩の名作ベストセレクションがついにリリース!
第1弾は、昭和11年に乱歩が少年向けに書いた『怪人二十面相』です。
大泥棒・怪人二十面相と名探偵・明智小五郎が初めて対峙する記念碑的作品。二十面相が繰り出す奇想天外な変身と、それを見破る明智との攻防が痺れるほどスリリング!!
明智をサポートする小林少年と少年探偵団が当時の子どもたちを熱狂させ、一大ブームを巻き起こした。

【著者プロフィール】
江戸川乱歩。1894年(明治27年)10月21日生まれ。
我が国が生んだ推理小説のパイオニア。筆名は自身が敬愛した作家エドガー・アラン・ポーから取っている。
1923年(大正12年)、「二銭銅貨」で文壇デビュー。1936年(昭和11年)、ジュニア向けに「怪人二十面相」を執筆。明智小五郎、小林少年、少年探偵団が活躍する同作品は、その後「少年探偵団」「妖怪博士」とシリーズ化され、国民的人気小説に。探偵の真似をする子供が急増。作品に登場する「七つ道具」「BDバッジ」といった玩具を生むなど社会風俗にも大きな影響を与えた。
「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「パノラマ島奇談」「陰獣」「芋虫」をはじめ、映像化された作品は数えきれない。
晩年は日本探偵小説クラブ(現・日本推理作家協会)の初代会長、ミステリ専門誌「宝石」の責任編集者「ヒッチコックマガジン」のオーナーを歴任。後進の育成に励んだ。
昭和40年(1965年)没。
江戸川乱歩の傑作70作品を掲載しています!

江戸川乱歩は大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家です。

また、戦後は推理小説専門の評論家としても活躍しました。

実際に探偵として、勤務したこともあります。

江戸川乱歩というペンネームは、作家のエドガー・アラン・ポーに由来します。

※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビの違いごとに一作品として紹介しています。

目次

赤い部屋
赤いカブトムシ
悪魔の紋章
超人ニコラ
大金塊
電人M
毒草
D坂の殺人事件
ふしぎな人
疑惑
五階の窓
灰色の巨人
灰神楽
白昼夢
一人の芭蕉の問題
一人二役
百面相役者
一枚の切符
一寸法師
自作解説
鏡地獄
怪人と少年探偵
怪人二十面相
かいじん二十めんそう
かいじん二十めんそう
怪奇四十面相
海底の魔術師
仮面の恐怖王
火星の運河
奇面城の秘密
湖畔亭事件
黒手組
黒蜥蜴
吸血鬼
魔法博士
まほうやしき
モノグラム
夢遊病者の死
二癈人
日記帳
人間椅子
二銭銅貨
踊る一寸法師
黄金豹
お勢登場
押絵と旅する男
恐ろしき錯誤
パノラマ島綺譚
サーカスの怪人
青銅の魔人
接吻
心理試験
少年探偵団
算盤が恋を語る話
双生児
探偵小説の「謎」
鉄人Q
鉄塔の怪人
塔上の奇術師
透明怪人
盗難
虎の牙
妻に失恋した男
宇宙怪人
屋根裏の散歩者
妖人ゴング
妖怪博士

指環
幽霊

©2020 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.