Chopin - Études

Rimshot
1
Free sample

 Études - Frédéric François Chopin / Piano Sheet Music


ショパン:エチュード全曲集

作品10と作品25の24曲など全27曲。

エチュード 作品10: 第1番(ハ長調)

エチュード 作品10: 第2番(イ短調)

エチュード 作品10: 第3番(ホ長調)

エチュード 作品10: 第4番(ハ短調)

エチュード 作品10: 第5番(変ト長調)

エチュード 作品10: 第6番(変ホ短調)

エチュード 作品10: 第7番(ハ長調)

エチュード 作品10: 第8番(ヘ長調)

エチュード 作品10: 第9番(ヘ短調)

エチュード 作品10: 第10番(変イ長調)

エチュード 作品10: 第11番(変ホ長調)

エチュード 作品10: 第12番(ハ短調)


エチュード 作品25: 第1番(変イ長調)

エチュード 作品25: 第2番(ヘ短調)

エチュード 作品25: 第3番(ヘ長調)

エチュード 作品25: 第4番(イ短調)

エチュード 作品25: 第5番(ホ短調)

エチュード 作品25: 第6番(嬰ト短調)

エチュード 作品25: 第7番(嬰ハ短調)

エチュード 作品25: 第8番(変ニ長調)

エチュード 作品25: 第9番(変ト長調)

エチュード 作品25: 第10番(ロ短調)

エチュード 作品25: 第11番(イ短調)

エチュード 作品25: 第12番(ハ短調)


3つの新しいエチュード: 第1番(ヘ短調)

3つの新しいエチュード: 第2番(変イ長調)

3つの新しいエチュード: 第3番(変ニ長調)


Fryderyk Franciszek Chopin

フレデリク・フランチシェク・ショパン 

1810年3月1日(2月22日)~1849年10月17日

Read more
Collapse

About the author

Fryderyk Franciszek Chopin

フレデリク・フランチシェク・ショパン 

1810年3月1日(2月22日)~1849年10月17日

 ヨーロッパ・クラシック音楽(初期ロマン派)の大物。「ピアノの詩人」とも呼ばれ、後世に優れたピアノ作品を残した。

 1810年、ポーランドに移り住んだフランス人の父(ニコラス・ショパン)と、ポーランド人の母(ユスティナ・クジザノフスカ)の間に生まれる。4歳の時からピアノのレッスンを受け、その才能はまたたく間に開花、8歳には同国の貴族社会の中で第2のモーツァルトの登場とまで言われるまでになった。

 1825年、「ロンド ハ短調」を出版(作品1)。ショパンが15歳のデビュー作である。

 1829年、ウィーンで演奏会を開き大成功を収める。31年、パリへ向かい、同地でロッシーニやメンデルスゾーン、リストらとの交流が始まる。

 1836年、友人となったリストの紹介により、小説家のジョルジュ・サンドと出会い恋におちる。46年、破局。すでにこの頃、数多くの名作を発表していたショパンだったが、彼の体は結核によって深刻な状態になっていた。

 49年10月17日、パリで39歳の短い生涯を終える。

 ショパンの代表的な作品としては、以下のようなものがある。

 故国への愛情を裏づける「マズルカ」や「ポロネーズ」といったポーランドの舞曲。

 全部で4曲ある「バラード」、同じく4曲ある「スケルツォ」。

 前奏曲としては、「前奏曲 作品28の6」「同 作品28の7」「同 作品28の15(別名、雨だれの前奏曲)」など。

「練習曲」とはいえショパンらしく深い味わいをたたえた全27曲……この中には、ポーランド革命軍がロシアに鎮圧されたショックを胸に書かれた「練習曲 ハ短調 作品10の12(別名、革命のエチュード)」がある。

「ショパンのノクターン(夜想曲)」として知られる全21曲の内では、「5番」を筆頭に「2番」「8番」が最も親しまれている。

 このほか21曲あるワルツの内、「華麗なる大円舞曲 作品18」、「子犬のワルツ」(ワルツ 作品64の1)なども有名。

 生前には発表されず、死後に友人によって「幻想」と名づけられた「即興曲第4番(幻想即興曲)」も、彼の才能をいかんなく発揮した傑作として知られている。

Read more
Collapse
3.0
1 total
Loading...

Additional Information

Publisher
Rimshot
Read more
Collapse
Published on
Dec 31, 1993
Read more
Collapse
Pages
133
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Music / General
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM free.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
ショパン:大洋 Op.25 No.12 ピアノ・ソロ【プチプカ シリーズ】

1837年出版
『12のエチュード』Op.25
Douze études

1835年作曲
エチュード第24番 ハ短調 Op.25 No.12
Étude No.24 in C minor,Op.25,No.12

大洋
“Ocean”

フレデリク・フランチシェク・ショパン
Frédéric François Chopin
Fryderyk Franciszek Chopin
1810年3月1日(2月22日)~1849年10月17日

 ヨーロッパ・クラシック音楽(初期ロマン派)の大物。「ピアノの詩人」とも呼ばれ、後世に優れたピアノ作品を残した。
 1810年、ポーランドに移り住んだフランス人の父(ニコラス・ショパン)と、ポーランド人の母(ユスティナ・クジザノフスカ)の間に生まれる。4歳の時からピアノのレッスンを受け、その才能はまたたく間に開花、8歳には同国の貴族社会の中で第2のモーツァルトの登場とまで言われるまでになった。
 1825年、「ロンド ハ短調」を出版(作品1)。ショパンが15歳のデビュー作である。
 1829年、ウィーンで演奏会を開き大成功を収める。31年、パリへ向かい、同地でロッシーニやメンデルスゾーン、リストらとの交流が始まる。
 1836年、友人となったリストの紹介により、小説家のジョルジュ・サンドと出会い恋におちる。46年、破局。すでにこの頃、数多くの名作を発表していたショパンだったが、彼の体は結核によって深刻な状態になっていた。
 49年10月17日、パリで39歳の短い生涯を終える。
 ショパンの代表的な作品としては、以下のようなものがある。
 故国への愛情を裏づける「マズルカ」や「ポロネーズ」といったポーランドの舞曲。
 全部で4曲ある「バラード」、同じく4曲ある「スケルツォ」。
 前奏曲としては、「前奏曲 作品28の6」「同 作品28の7」「同 作品28の15(別名、雨だれの前奏曲)」など。
「練習曲」とはいえショパンらしく深い味わいをたたえた全27曲……この中には、ポーランド革命軍がロシアに鎮圧されたショックを胸に書かれた「練習曲 ハ短調 作品10の12(別名、革命のエチュード)」がある。
「ショパンのノクターン(夜想曲)」として知られる全21曲の内では、「5番」を筆頭に「2番」「8番」が最も親しまれている。
 このほか21曲あるワルツの内、「華麗なる大円舞曲 作品18」、「子犬のワルツ」(ワルツ 作品64の1)なども有名。
 生前には発表されず、死後に友人によって「幻想」と名づけられた「即興曲第4番(幻想即興曲)」も、彼の才能をいかんなく発揮した傑作として知られている。

>2016年3月15日 初版

※【プチプカ シリーズ】は、浮かぶ音符仕様で書かれた楽譜です。

ショパン:マズルカ第5番 変ロ長調 Op.7 No.1 ピアノ・ソロ【プチプカ シリーズ】

1832年
『5つのマズルカ』Op.7
Cinq Mazurkas
1830~31年作曲
マズルカ第5番 変ロ長調 Op.7 No.1
Mazurka No.5 in B-flat major,Op.7,No.1

フレデリク・フランチシェク・ショパン
Frédéric François Chopin
Fryderyk Franciszek Chopin
1810年3月1日(2月22日)~1849年10月17日

 ヨーロッパ・クラシック音楽(初期ロマン派)の大物。「ピアノの詩人」とも呼ばれ、後世に優れたピアノ作品を残した。
 1810年、ポーランドに移り住んだフランス人の父(ニコラス・ショパン)と、ポーランド人の母(ユスティナ・クジザノフスカ)の間に生まれる。4歳の時からピアノのレッスンを受け、その才能はまたたく間に開花、8歳には同国の貴族社会の中で第2のモーツァルトの登場とまで言われるまでになった。
 1825年、「ロンド ハ短調」を出版(作品1)。ショパンが15歳のデビュー作である。
 1829年、ウィーンで演奏会を開き大成功を収める。31年、パリへ向かい、同地でロッシーニやメンデルスゾーン、リストらとの交流が始まる。
 1836年、友人となったリストの紹介により、小説家のジョルジュ・サンドと出会い恋におちる。46年、破局。すでにこの頃、数多くの名作を発表していたショパンだったが、彼の体は結核によって深刻な状態になっていた。
 49年10月17日、パリで39歳の短い生涯を終える。
 ショパンの代表的な作品としては、以下のようなものがある。
 故国への愛情を裏づける「マズルカ」や「ポロネーズ」といったポーランドの舞曲。
 全部で4曲ある「バラード」、同じく4曲ある「スケルツォ」。
 前奏曲としては、「前奏曲 作品28の6」「同 作品28の7」「同 作品28の15(別名、雨だれの前奏曲)」など。
「練習曲」とはいえショパンらしく深い味わいをたたえた全27曲……この中には、ポーランド革命軍がロシアに鎮圧されたショックを胸に書かれた「練習曲 ハ短調 作品10の12(別名、革命のエチュード)」がある。
「ショパンのノクターン(夜想曲)」として知られる全21曲の内では、「5番」を筆頭に「2番」「8番」が最も親しまれている。
 このほか21曲あるワルツの内、「華麗なる大円舞曲 作品18」、「子犬のワルツ」(ワルツ 作品64の1)なども有名。
 生前には発表されず、死後に友人によって「幻想」と名づけられた「即興曲第4番(幻想即興曲)」も、彼の才能をいかんなく発揮した傑作として知られている。

>2016年3月15日 初版

※【プチプカ シリーズ】は、浮かぶ音符仕様で書かれた楽譜です。

ショパン:ノクターン第1番 変ロ短調 Op.9 No.1 ピアノ・ソロ【プチプカ シリーズ】

1832年出版
『3つのノクターン』Op.9
Trois Nocturnes
1830年
ノクターン第1番 変ロ短調 Op.9 No.1
Nocturne No.1 in B-flat minor,Op.9,No.1

フレデリク・フランチシェク・ショパン
Frédéric François Chopin
Fryderyk Franciszek Chopin
1810年3月1日(2月22日)~1849年10月17日

 ヨーロッパ・クラシック音楽(初期ロマン派)の大物。「ピアノの詩人」とも呼ばれ、後世に優れたピアノ作品を残した。
 1810年、ポーランドに移り住んだフランス人の父(ニコラス・ショパン)と、ポーランド人の母(ユスティナ・クジザノフスカ)の間に生まれる。4歳の時からピアノのレッスンを受け、その才能はまたたく間に開花、8歳には同国の貴族社会の中で第2のモーツァルトの登場とまで言われるまでになった。
 1825年、「ロンド ハ短調」を出版(作品1)。ショパンが15歳のデビュー作である。
 1829年、ウィーンで演奏会を開き大成功を収める。31年、パリへ向かい、同地でロッシーニやメンデルスゾーン、リストらとの交流が始まる。
 1836年、友人となったリストの紹介により、小説家のジョルジュ・サンドと出会い恋におちる。46年、破局。すでにこの頃、数多くの名作を発表していたショパンだったが、彼の体は結核によって深刻な状態になっていた。
 49年10月17日、パリで39歳の短い生涯を終える。
 ショパンの代表的な作品としては、以下のようなものがある。
 故国への愛情を裏づける「マズルカ」や「ポロネーズ」といったポーランドの舞曲。
 全部で4曲ある「バラード」、同じく4曲ある「スケルツォ」。
 前奏曲としては、「前奏曲 作品28の6」「同 作品28の7」「同 作品28の15(別名、雨だれの前奏曲)」など。
「練習曲」とはいえショパンらしく深い味わいをたたえた全27曲……この中には、ポーランド革命軍がロシアに鎮圧されたショックを胸に書かれた「練習曲 ハ短調 作品10の12(別名、革命のエチュード)」がある。
「ショパンのノクターン(夜想曲)」として知られる全21曲の内では、「5番」を筆頭に「2番」「8番」が最も親しまれている。
 このほか21曲あるワルツの内、「華麗なる大円舞曲 作品18」、「子犬のワルツ」(ワルツ 作品64の1)なども有名。
 生前には発表されず、死後に友人によって「幻想」と名づけられた「即興曲第4番(幻想即興曲)」も、彼の才能をいかんなく発揮した傑作として知られている。

>2016年3月15日 初版

※【プチプカ シリーズ】は、浮かぶ音符仕様で書かれた楽譜です。

©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.