サクヤテレフォン: 神様の言うとおり

インプレス(Impress Corporation)
2
Free sample

「ライトなラノベコンテスト(※)」二次審査通過作品!※livedoor Blog&impress QuickBooks主催・2014年3月結果発表。応募時よりもさらにパワーアップした作品をお楽しみください☆本文にも表紙イラストを収録。挿絵は未収録です。●サクヤテレフォン   神様の言うとおり<あらすじ>二浪中の佐久良サクは、通話ボタンしかない桜色の携帯を公園で拾う。その電話に謎の女、サクヤから電話がかかる。「公園内に仕掛けられた爆弾を見つける」という目的のもと、なぜか酔っぱらいに水を恵んだり、不良に絡まれている後輩を助けたり、わけのわからない行動をさせるサクヤの真意とは・・・?<審査時の講評より>日本昔話的な匂いを持つ現代劇で、世にも奇妙な物語などの一話としてあってもおかしくない印象。わらしべ長者ではないが、一見意味の無いような行動やアイテムが次につながっていく手法は、次にどうなるかと興味をそそられ面白かったです。<著者>伊織 千景(いおり ちかげ)長崎生まれのインド育ちで東京在住。ペンネームは千話くらい小説を書きたいという願望から。おとなしく百景くらいにしておけばよかった気がしないでもない。ブログ:http://minpounyumon.blog18.fc2.com/ツイッター:@iori_chikage<表紙イラスト>Okadaerk
Read more

About the author

伊織 千景(いおり ちかげ) 長崎生まれのインド育ちで東京在住。ペンネームは千話くらい小説を書きたいという願望から。おとなしく百景くらいにしておけばよかった気がしないでもない。 ブログ:http://minpounyumon.blog18.fc2.com/ ツイッター:@iori_chikage
Read more
1.0
2 total
Loading...

Additional Information

Publisher
インプレス(Impress Corporation)
Read more
Pages
38
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Literary Collections / Asian / Japanese
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
「ライトなラノベコンテスト(※)」二次審査通過作品!※livedoor Blog&impress QuickBooks主催・2014年3月結果発表。応募時よりもさらにパワーアップした作品をお楽しみください☆本文にも表紙イラストを収録。挿絵は未収録です。●拐われチドリと偽りカイマン   戒ムレバ悪ガ満チ、鳥ノ羽ニハ血ノ華ガ咲ク<あらすじ>この頃巷で流行るもの 辻斬 強盗 人さらい 追い剥ぎ イカサマ 高利貸し山里離れた森のなか 逃げる少女の名はチドリどうして彼女は逃げるのか それは読んでのお楽しみ道理も理屈もありゃしない 悪逆非道が世の常ならばあがいてもがいて生き抜いて 咲かせてみせよう悪の華。悪漢譚(ピカレスク)の時代劇 死して屍拾う者なし<審査時の講評より>チドリの『正義』に対する台詞は、ヘタをすれば説教臭くなったり嫌みに聞こえたりする危険性があるが、キャラが心から語っているように感じられた。もう一度読み返してみようと読者に思わせたり、この先の展開を想像させたりと、後を引く良い終わり方をしている。<著者>伊織 千景(いおり ちかげ)長崎生まれのインド育ちで東京在住。ペンネームは千話くらい小説を書きたいという願望から。おとなしく百景くらいにしておけばよかった気がしないでもない。ブログ:http://minpounyumon.blog18.fc2.com/ツイッター:@iori_chikage<表紙イラスト>okadaerk
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.