私は世界中から命を狙われていました ~館山ダルク代表が語る薬物中毒の真実~

インプレス
Free sample

幻覚・幻聴・家庭崩壊…
体験者が語る薬物中毒の恐怖

「なんとかして更生しなければ…」
「こんなことはもう止めなければ…」

こう思いながらも一度薬物をキメると
「世界中が俺を狙っている!」「宇宙人が襲ってくる!」と
不可解な言動を繰り返し周囲を驚かせてしまう薬物依存者。

そのうち幻覚症状が表れるだけではなく、
社会性を失い、暴力行為などで仕事や家庭などすべてを失う人も少なくありません。

本書はメディアへの露出も多い、薬物依存症更生施設「館山ダルク」代表・十枝晃太郎氏の体験談を元に
薬物依存者の実態と更生について赤裸々に記しました。

自らも大麻、コカイン、覚醒剤…あらゆる薬物に手を染め、重度の薬物依存症だった著者の初の手記!


目次
■1章 薬物にハマってしまったきっかけ
きっかけは友だちのすすめ
どんどんハマっていく落とし穴
「パキッ!」っと脳が割れた感覚
とうとう逮捕、留置所へ
コラム:市販薬でも中毒になる?風邪薬の危険性

■2章 薬物中毒克服までの道
「使用者」「乱用者」「中毒者」「依存者」の区分け
幻覚・幻聴の始まり
気づいたら病院にいた
ダルクとの出会い
崩壊の果てに、思い出したのは「ダルク」
コラム:薬物の種類

■3章 人生を賭けた薬物との戦い
超スパルタ!沖縄ダルク
誰もが中毒者・依存者になり得る
罪悪感はなぜ生まれるのか
自分の感情を綺麗に保つトレーニング
コラム:アルコールと薬物の相関

■4章 もし身近な人が中毒者になったら
病院や更生施設の活用を
壊れた脳は元には戻らない
コラム:薬物の快感

著者情報
十枝 晃太郎(とえだ こうたろう)
1970年11月19日千葉県生まれ。
19歳で大麻を吸ったことをきっかけに、その後薬物も使用するようになり薬物中毒に。
31歳で薬物を絶つまで大麻をはじめ、覚醒剤やコカイン、LSDなど、あらゆる薬物に手を染める。
薬物が原因で精神病院に入ったことなどをきっかけに、薬物を絶つ決心をして沖縄ダルクに入所。
以後14年以上、薬物を絶っている。
現在は千葉県の館山ダルク代表として日々薬物依存者の回復のために尽力している。
Read more
Collapse

About the author

1970年11月19日千葉県生まれ。 19歳で大麻を吸ったことをきっかけに、その後薬物も使用するようになり薬物中毒に。 31歳で薬物を絶つまで大麻をはじめ、覚醒剤やコカイン、LSDなど、あらゆる薬物に手を染める。 薬物が原因で精神病院に入ったことなどをきっかけに、薬物を絶つ決心をして沖縄ダルクに入所。 以後14年以上、薬物を絶っている。 現在は千葉県の館山ダルク代表として日々薬物依存者の回復のために尽力している。
Read more
Collapse
Loading...

Additional Information

Publisher
インプレス
Read more
Collapse
Published on
Jan 11, 2017
Read more
Collapse
Pages
42
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Social Science / General
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
ベストセラー『口ぐせの魔術』の著者、佐藤富雄氏が初めて「マーフィー理論」を解説し

たヒット作『マーフィー 成功者の50のルール』、『マーフィー お金に好かれる50の

ルール』が、お得な1冊に!

人が生きていく上で「仕事で成功したい」「お金持ちになりたい」「いつまでも健康であ

りたい」「幸せで豊かな人生を送りたい」そう思う方は非常に多くいらっしゃるのではな

いでしょうか。本書はマーフィーの理論に基づき、自分の「潜在意識」を引き出すことで

成功に導く術を細かく解説しています。

※本書は、既刊『マーフィー 成功者の50のルール』、『マーフィー お金に好かれる5

0のルール』を1冊にまとめたものです。


マーフィー成功者の50のルール
まえがき──「マーフィー理論」を科学で読み解く

1章 何より、まず強く成功を願え!
1「なりたい自分」のイメージを描き、言葉にする
2あなたの中に、成功するための力はすでにある
3どんな「自己像」を描くかで人生は変わる
4「うまくいかない」のは、自分で自分を制限しているから
5日々考える自己像が、未来のあなたの設計図
6「遠慮」していたら、大きな夢はかなわない
7まずは、「願い」を言葉にして口に出すこと
8あきらめずに、強く願うから成功する
9今日から「私はお金が好きだ」と宣言する
10あなたの「願い」を、「現実になるという確信」に高める

2章 「潜在意識」のパワーを活用せよ!
11「思い」の原因と結果の法則
12「思いどおりにならない」と思うから現実になる
13「幸せそうにふるまう」から幸せになる
14グチを言うことは「不幸を強く願う」こと
15強く実現を願うから、「奇跡」をもたらす
16「快の祈り」は、かならずかなう
17「現実」は、自分しだいでどうにでも変わる
18いつでも「できる」と言えば、ほんとうにできるようになる
19「心を感謝で満たす」から、望むものが手に入る
20「目的意識」を持って行動するから、うまくいく

3章 成功者と失敗者の違いは、「心の中」にある
21「肯定的な言葉」は、あなたのもとに多くの人を引き寄せる
22ぜひまねしたい、成功者に共通する6つの習慣
23失敗のイメージを成功のイメージに塗りかえる
24他人を快くすれば、自分も気持ちよくなる
25人を蹴落とす積極性は、精神を病んだり命を縮める
26意識や欲望が強ければ、いつのまにか必要な情報が集まる
27からだの快が心の快につながり、転機に生かせる
28「もうダメだ」と思わなければ失敗ではない
29どんな「小さな成功」でも無邪気に喜ぶ
30「そのうち」は、「やらない」という自律神経系へのメッセージ

4章 人間関係は、すべてあなた自身の反映である!
31相手を好きになるから、相手から好かれる
32とりあえず、「あなたの意見はわかった」と認める
33信頼されたいなら、相手を無条件で信頼する
34人を許せば、あなたが幸せになることを許される
35人をねたむことは、自分の失敗の予定を立てていること
36他人の成功にも、とりあえず「おめでとう」を繰り返す
37人から「ありがとう」と言われれば、あなたの幸せは倍増する
38「なりたい自分」がわかったら、そのようにふるまってみる
39「人を負かそう」ではなく、「人のプラスに」を考える
40「楽しく回想」するときだけ、過去を思い出そう

5章 悩みから逃れ、人生の喜びを得るための鉄則
41「現在のあなた」は、「過去の意識」が反映されている
42「うっとうしい雨」と思うか、「恵みの雨」と思うか
43「私の決断はつねに正しい」と信じて行動する
44不安になってもけっして言葉に出さない
45知らない人に会うのは、「嫌だなあ」から「楽しみだなあ」
46才能や運がないのではなく、「成功する思考態度」がない
47勤勉さより大事な「成功のイメージ」
48問題の解決策は、「勝ち組遺伝子」が持っている
49「これができたらすごく幸せ」という思いが実現させる
50あなただけの「祈りの言葉」が、思いどおりの人生をつくる


マーフィーお金に好かれる50のルール
まえがき 本当は誰でも簡単にお金持ちになれる

第1章 心の中の「無限の宝庫」にアクセスする!
──お金持ちになるのは、すべての人に保障されている

1豊かであることは、人間にとって自然なこと
2心の中の宝を使うには、はっきりした強い欲求が必要
3自分にとっての、繁栄、富、成功のイメージを確立しよう
4お金に対して持っているイメージを、しっかりとチェックしてみよう
5「楽天思考」の人は、みるみるお金を引き寄せられる
6望むものの絵を描けなければ、目的は果たせない
7固定観念を捨て、「お金持ちになれる」と信じる
8眠りにつくまえの五分間、意識に「お金の種」をまこう
9「いい口ぐせ」を身につければ、いい方向に運命が変わる
10法則を理解し、信念に変え、強い欲求を持つことで奇跡が起こる

第2章 お金が好きだと宣言する!
──お金は、自分を大事にしてくれる人に集まっていく

11「お金の悪口」は、お金を拒絶するのと同じこと
12「貧乏が美しい」という思い込みは間違っている
13お金持ちになりたければ、お金をほめて大事にすること
14お金持ちになるための遺伝子をスイッチオンする
15「お金がなくても幸せ」は、お金持ちが言う言葉
16楽しい気持ちでお金持ちになることを夢見よう
17「勝ち組遺伝子」の力で、思いもよらないチャンスが訪れる
18豊かな感情を注ぐとビジョンが現実化する
19富や成功につながる言葉で、豊かさの感覚が根づいてくる
20「これしかない」ではなく、「こんなにある」と考えよう

第3章 お金に好かれる自分をつくる!
──ちょっと意識を変えるだけで、ますますお金が舞い込んでくる

21「自己像」を変えれば、未来の自分が変わる
22「自分は豊かで幸せだ」と思っていると豊かになる
23優雅で快適な空間は、豊かさのイメージを広げる
24すべてに感謝できる人には、お金が近づいてくる
25物事のポジティブな面をとらえていると、人生が豊かになる
26ネガティブな心でいると、お金にどんどん嫌われる
27お金持ちになりたいなら、嫉妬してはいけない
28豊かになった他人の姿を想像するだけで、富がやってくる
29人と競争しなくても、ほしいものはすべて手に入る
30人を許すことで「快」になり、お金も幸せも呼び込める

第4章 この習慣が、あなたのお金をどんどん増やす!
──確実にほしいものを得、やりたいことを成功させるコツ

31「考え」を言葉の習慣に変えると、夢の実現に必要なものが生み出せる
32「自分には豊かな報酬を受ける権利がある」と口に出す
33「お金が絶え間なく増える」と自己暗示をかける
34ほしいものは、見てさわることで、手に入りやすくなる
35願望を強く意識に刻み込んだら、あとは流れにまかせてみる
36幸せを人と分かち合うビジネスこそが繁栄する
37ビジネスは、「自分だけが儲かる」から、「お客さんも儲かる」で変わる
38「失敗」という考えが浮かんだら、「成功イメージ」に置き替えてみる
39未来の成功イメージを持続し、言葉に出せば奇跡が起きる
40トラブルが起きた時ほど、心を穏やかにしていよう

第5章 この法則を知っていれば、一生お金に困らない!
──未来への希望を生み、わくわく実現させていく秘訣

41小さな富を手にした人は、大金持ちへのステップを踏んだこと
42「自分に訪れること」にいつも感謝すれば、成功はずっとつづく
43「一流」をたくさん体験することで、次々と豊かさを引き寄せる
44「お金があるのが当たり前」になると、とめどなくお金がやってくる
45税金は喜んで払わないと、富から見離される
46他人の富が増えるよう願えば、自分の富もどんどん増える
47「支出」は「収入」だと思えば、マイナスイメージが消える
48好奇心と遊び心を高めれば、豊かさは自然と集まってくる
49眠りにつくまえの祈りで、自分の願望が整理・強化できる
50この儀式で、明日の活力をつくり、未来の夢をかなえる

<まえがきより>
私が日々精進している礼法は約七百年前の室町時代に確立した武家の作法で、男性のために生まれたものです。戦国武将からはじまって武士の生き方に憧れる人は多いと思います。当時の武士達に比べて、私達の精神的な弱さや規律の乱れと甘さは相当なものです。だからこそないものねだりなのかもしれません。
女性は自らを磨く時間を積極的に作るものですが、男性は、礼儀作法や日本のしきたりを勉強するチャンスも時間も少ないと思います。仮に学んでみたいと思っても、その術を見つけられないために、自分の行動に自信もなくどうしてよいのか解らないままに、過ごしているのではないでしょうか。
どうぞ、気楽なお気持ちでお読みになってください。

<目次(一部抜粋)>
●一章 日本男子のスタイル
知っておきたいパーティーでの振る舞い
表情に責任を持つのが今どき男子
●二章 日本男子の美しい姿
背中が語る男子のドラマ
あなたの心と直結している「手」の動き
●三章 日本男子の言葉とセンス
照れずにまず、心を込めて挨拶を
ユーモアと洒落のセンスを磨く
●四章 日本男子の和の食文化
「和食」通になる秘けつ
女子心をくすぐる箸と食器の扱い方
●五章 日本男子の人間関係のつくり方
お客としての振る舞いにもセンスがきらり
国際儀礼「プロトコール」はビジネススキル
●六章 日本男子、自然を愛でる心を養う
季節と自然に身をゆだねる男子になる
季節の行事を大切にする
●七章 日本男子の正しい生き方
父から子へ伝えておきたいマナー
人物判断の基準は「足元」にあり

<著者>
小柴 皐月(こしば さつき) 
東京都中央区入船町に生まれる。筝曲演奏家 伝統文化コーディネーター。幼少より生田流筝曲を習い国際的に演奏活動を行う筝曲家。小中高校の芸術鑑賞教室では邦楽アンサンブル猫勧進として20年にわたり200校以上の学校を訪問して約10万人の児童生徒に邦楽の魅力を届けている。国賓来日のレセプションなどで演奏を担当。
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.