回遊・渡り: 巡(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズVI)

裳華房

内分泌が関わる面白い生命現象を、進化の視点を交えて初学者向けに解説。6巻では、回遊と渡りに代表される「移動」のしくみをホルモンの面から解明しようとする研究の成果を基に、動物の生き生きとした「移動」の様を紹介する。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

動物は、生活史の中のさまざまな段階で、さまざまな理由により、さまざまな距離を移動する。鳥の渡りや魚の回遊などは、摂食、成長、生殖や体液浸透圧調節などの生理機能に密接に関連し、季節の移り変わりに応じて起きている。一方、予期せずに起こる生息環境の変化に対応するためにも動物は移動する。
本書は、回遊と渡りに代表される“移動”のしくみをホルモンの側面から解明しようとする研究の成果を基に、水圏から陸、空のさまざまなフィールドで繰り広げられる動物の生き生きとした“移動”の様を紹介するものである。
2章で基礎となる神経内分泌学を概説した後、昆虫(チョウ)、魚類(アユ、サケ、クサフグ)、両生類と爬虫類、鳥類、哺乳類(クマ)の“移動”を取り上げ、第一線の研究者がわかりやすく解説する。
Read more

About the author

●著者紹介
安東宏徳(あんどう ひろのり)
新潟大学理学部附属臨海実験所教授、理学博士。1963年 東京都に生まれる。早稲田大学教育学部卒業、早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。北海道大学助手、九州大学准教授、新潟大学准教授などを経て現職。専門は生殖神経内分泌学。
浦野明央(うらの あきひさ)
北海道大学名誉教授、理学博士。1944年 東京都に生まれる。東京大学理学部卒業、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。埼玉大学助教授、北海道大学教授等を歴任。専門は神経内分泌学・比較内分泌学。主な著書に『ヒキガエルの生物学』(共著、裳華房)、『神経分泌:脳がつくるホルモン』(共著、東京大学出版会)などがある。
Read more

Reviews

Loading...

Additional Information

Publisher
裳華房
Read more
Published on
Nov 15, 2016
Read more
Pages
188
Read more
ISBN
9784785351199
Read more
Read more
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Science / General
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
©2017 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.