松下幸之助 その凄い! 経営3 成功するまでやれば必ず成功する。の巻

松下幸之助 その凄い! 経営

Book 3
ゴマブックス株式会社
Free sample

だれもが知っている経営者のだれもが見落としがちな知恵と苦労。


パナソニック創業者にして『経営の神様』との誉れ高い産業人

松下幸之助の胸が熱くなる仕事の物語。


第3弾では、経営の危機を予感して幸之助が行った有名な「熱海会談」のエピソードを収録。

むき出しに、執拗なまでに仕事にこだわる幸之助に姿に思わず脱帽!


「人を育てることほどおもしろいことはありませんな」という幸之助独自の人材育成論・哲学は

マネジメントの枠を超え「人」や「道」についても考えさせられる滋味深い内容。


自分の仕事に価値を見出せるヒントがつまった珠玉の1冊です。


【目次】

第6章 そんなに簡単にわかってもらったら困るんや!

第7章 拝む気持ちで人を使わなあかん

第8章 「松下さん、成功のコツは?」??「そら、無理をせんことや」

おわりに

【松下幸之助資料】


【著者プロフィール】

中島孝志(なかじま・たかし)


東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師。

「キーマンネットワーク定例会」のほか、

「原理原則研究会in東京」

「原理原則研究会in大阪」

「原理原則研究会in博多」

「原理原則研究会in名古屋」

「原理原則研究会in神の国出雲」

「原理原則研究会in新潟」

「原理原則研究会in札幌」

「中島孝志のスピリチュアル研究会」

「中島孝志の日曜読書倶楽部」

「松下幸之助経営研究会」いずれも毎月開催。

「濡れ手で粟! 中島孝志のビジネス研究会」


講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で高い評価を得ている。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料ネット、大手企業の社内報から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。

著訳書は280冊超。電子書籍100冊。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。

読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。

音声&テキストで平日毎日配信! ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く! 通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」が超人気!

 http://www.keymannet.co.jp/


■中島孝志のキーマンネットワーク

 http://www.keymannet.co.jp/


■中島孝志の 聴く! 通勤快読

 http://www.keymannet.co.jp/listen/


■ほぼ毎日発行メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」

 http://foomii.com/00080

Read more
Collapse

More by 中島孝志

See more
TPPなんて怖くない! 世界に誇る日本の農業とは?

TPP交渉をめぐって揺れる日本の農業。
関税が撤廃されたら、果たして日本の農業はどうなってしまうのか?
こんな時代だからこそ、高品質の農産物が日本を救う!?
本書では、SATOYAMAのコンセプトやブランディング米の成功例などを紹介。
地域農業が生き残るために必要な理念や農業の仕組みを提案する。
世界に訴えるべき日本農業の魅力とはなにか?
TPPをチャンスに変える! リスクの時代を生きるために、いま必要な新しい農業のカタチ。

【目次】
●儲かる農業をやりなさい! もくじ

第一章 「奇跡のリンゴ」が起こした風
■「自然栽培」と「慣行農業」は対立しない

第二章 TPPで変わる農と食
■TPPをチャンスに変えるために
■世界中どの国も農業を保護している
■第二の開国「TPP」
■農業の生産性
■どう作るか、どう売るか
■スーパーが「売っているもの」?流通革命がもたらしたもの

第三章 タネと肥料が農業を変える
■有機農業の虚構と実力
■有機でなくても安全な野菜はできるか
■自然と共生する農業
■現代の有機肥料
■種が危ない! 農業の基本はタネにある
■種子の「いのち」が脅かされている
■固定種とF1種とのベストマッチングとは

第四章 新しい農のかたち
■TPPで変わる農産物のマーケット
■安売りはしない! 価値を伝える!
■「国内移民」こそ地域復活のカギ
■お願いしてはダメ
■「世界農業遺産」の意義
■地域の農家が生き残る仕組みを作る

第五章 新しい農業の扉が開いている!
■リスクの時代を生きるために
■否定しないで、選択肢を広げる
■新しい農業が時代を変える
■世界を幸せにする日本の農業

・鈴木 渉(すずき・わたる)

国際連合大学サステイナビリティ高等研究所シニア・コーディネーター。環境省自然環境計画課、東北地方環境事務所、生物多様性地球戦略企画室、生物多様性センター等を経て、2012年4月より現職。SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)事務局次長として、持続可能なランドスケープ及びシースケープの利用を目指すSATOYAMAイニシアティブの推進のため、国際的なネットワークづくりと活動支援に携わる。
■アメリカの国立公園、野生生物保護区について連載「アメリカ横断ボランティア紀行(EICネット)」
http://www.eic.or.jp/library/pickup/usa_index.html

・中島孝志(なかじま・たかし)

東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師。
「キーマンネットワーク定例会」のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「中島孝志の日曜読書倶楽部」
「松下幸之助経営研究会」いずれも毎月開催。

講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で高い評価を得ている。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料ネット、大手企業の社内報から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
著訳書は260冊超。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。
読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
毎日音声&文字で配信! ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の  聴く! 通勤快読」が超人気!

■中島孝志のキーマンネットワーク
http://www.keymannet.co.jp/

■毎日更新の痛快読書情報サイト「中島孝志の 聴く! 通勤快読」
http://www.keymannet.co.jp/listen/

■ほぼ毎日発行メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」
http://foomii.com/00080
「仕事ができる人」「仕事ができない人」のちがいはほんの少ししかありません。
そのちがいとは、ちょっとしたコツやルール、法則を知っているかどうかです。

本書では「できる人」と呼ばれる人は必ず実践している20のルールを大公開!
「ルール=キモ」さえおさえれば、誰でも「できる人」になれるのです!!

◆いつも仕事に追いかけられている...
◆「仕事が遅い!」といつも叱られている...
◆仕事の能力の限界を感じている...

悩めるビジネスパーソン必見!
いままでの仕事ぶりを革新的にバージョンアップさせる方法が詰まった一冊。
【目次】
はじめに
第1章 朝起きてからオフィスに出勤するまでの技術
 自分を高める投資の技術
 48分をマネジメントする技術
 朝飯前に自己啓発する技術
 朝起きてから家を出るまでの技術
 朝に強くなる技術
 朝型人間になる技術
 通勤電車一万時間の技術

第2章 メールチェックは最短で! 朝いちばん効率的に仕事をする時間術
 仕事モードにスイッチオンする技術
 1時間に出勤する技術
 頭のいいメールの技術
 メール10通を1分でさばく技術
 夜中にメールをおくる技術
 メールではなく手紙と絵はがきにする技術
 向こう3カ月が一目でわかるカレンダーの技術
 頭のいい名刺整理の技術
 集めずに捨てる技術
 名刺を整頓する道具

第3章 午前中を最高の仕事時間にする! 知的プロデュースの技術
 集中力をとことん引き出す技術
 1日2時間! 折り返し電話の技術
 おじゃま虫をやっつける技術
 必ず結果を出す会議の技術
 会議を早朝にもってくる技術
 少なければ少ないほど活性化する技術
 会議よりも効果的な立ち話の技術
 盗む技術
 トップ営業マンに学ぶ大泥棒の技術
 世界一のコンサルタント会社に見るMECEの技術
 1つに集約する技術

第4章 午後の時間を効果的につくりだす! 知的クリエイティブの技術
 仕事に濃淡と軽重をつける技術
 仕事を3つに分けて効率化を狙う技術
 ダイナミックな仕事にするための夢を描く技術
 「80対20の法則」で仕事を差別化する技術
 いざというときのための余裕時間の技術
 忘れるためにメモする技術
 残業がなくなる技術

第5章 どんどん進化成長する! 自己啓発の鬼になる技術
 イライラしない待ち合わせの技術
 思わぬ発見をしかける技術
 読まない雑誌に囲まれるから勉強になる技術
 だれも気づかない情報を拾う技術
 ヒットするアイデアを異性に学ぶ技術
 たくさんの人に力を貸してもらって成功する技術

Loading...

Additional Information

Publisher
ゴマブックス株式会社
Read more
Collapse
Published on
Aug 26, 2015
Read more
Collapse
Pages
53
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Business & Economics / Personal Success
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
一代でパナソニックを築き上げた、『経営の神様』松下幸之助。

そんな彼も、初めから偉人たりえた訳ではありません。


元々は経営のど素人で

「こんなことも知らないのか!」と得意先から呆れられることも少なくありませんでした。


華々しい経歴にばかりスポットライトがあたりますが

その裏には数え切れない失敗があったのです。


本書は、そんな松下幸之助が何度も何度も痛い目に遭いながら

やがて世界に誇る大企業、パナソニックを築くに至るまでの軌跡をたどります。



第1弾では、丁稚小僧時代からパナソニック創業当時のエピソードをメインにご紹介。


【目次】

まえがき

第1章 思い通りにならんのが世間や

第2章 商売なんて止めや止めや!

第3章 教祖誕生!

【松下幸之助資料】


【著者紹介】

中島孝志(なかじま・たかし)


東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師。

「キーマンネットワーク定例会」のほか、

「原理原則研究会in東京」

「原理原則研究会in大阪」

「原理原則研究会in博多」

「原理原則研究会in名古屋」

「原理原則研究会in神の国出雲」

「原理原則研究会in新潟」

「原理原則研究会in札幌」

「中島孝志のスピリチュアル研究会」

「中島孝志の日曜読書倶楽部」

「松下幸之助経営研究会」いずれも毎月開催。

「濡れ手で粟! 中島孝志のビジネス研究会」


講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で高い評価を得ている。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料ネット、大手企業の社内報から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。

著訳書は280冊超。電子書籍100冊。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。

読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。

音声&テキストで平日毎日配信! ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く! 通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」が超人気!

 http://www.keymannet.co.jp/


■中島孝志のキーマンネットワーク

 http://www.keymannet.co.jp/


■中島孝志の 聴く! 通勤快読

 http://www.keymannet.co.jp/listen/


■ほぼ毎日発行メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」

 http://foomii.com/00080

一代でパナソニックを築き上げた、『経営の神様』松下幸之助。

酸いも甘いもかみ分けた経営者の人生哲学がここに!


第2弾では、戦後GHQにより制限会社に指定されるなど、経営危機を迎えたパナソニックにあって幸之助がとった驚きの行動をご紹介。

彼の生き様がうかがえる感動のエピソードを堪能ください。


読めば、仕事へのモチベーションが高まること間違いなし!

働く尊さを感じる1冊です。


【目次】

第4章 ここまできて迷うヤツがおるんか!

第5章 ええか、ご破算にしたほうがかえって巧くいくんや

【松下幸之助資料】


【著者プロフィール】

中島孝志(なかじま・たかし)


東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師。

「キーマンネットワーク定例会」のほか、

「原理原則研究会in東京」

「原理原則研究会in大阪」

「原理原則研究会in博多」

「原理原則研究会in名古屋」

「原理原則研究会in神の国出雲」

「原理原則研究会in新潟」

「原理原則研究会in札幌」

「中島孝志のスピリチュアル研究会」

「中島孝志の日曜読書倶楽部」

「松下幸之助経営研究会」いずれも毎月開催。

「濡れ手で粟! 中島孝志のビジネス研究会」


講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で高い評価を得ている。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料ネット、大手企業の社内報から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。

著訳書は280冊超。電子書籍100冊。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。

読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。

音声&テキストで平日毎日配信! ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く! 通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」が超人気!

 http://www.keymannet.co.jp/


■中島孝志のキーマンネットワーク

 http://www.keymannet.co.jp/


■中島孝志の 聴く! 通勤快読

 http://www.keymannet.co.jp/listen/


■ほぼ毎日発行メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」

 http://foomii.com/00080

一代でパナソニックを築き上げた、『経営の神様』松下幸之助。

そんな彼も、初めから偉人たりえた訳ではありません。


元々は経営のど素人で

「こんなことも知らないのか!」と得意先から呆れられることも少なくありませんでした。


華々しい経歴にばかりスポットライトがあたりますが

その裏には数え切れない失敗があったのです。


本書は、そんな松下幸之助が何度も何度も痛い目に遭いながら

やがて世界に誇る大企業、パナソニックを築くに至るまでの軌跡をたどります。



第1弾では、丁稚小僧時代からパナソニック創業当時のエピソードをメインにご紹介。


【目次】

まえがき

第1章 思い通りにならんのが世間や

第2章 商売なんて止めや止めや!

第3章 教祖誕生!

【松下幸之助資料】


【著者紹介】

中島孝志(なかじま・たかし)


東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師。

「キーマンネットワーク定例会」のほか、

「原理原則研究会in東京」

「原理原則研究会in大阪」

「原理原則研究会in博多」

「原理原則研究会in名古屋」

「原理原則研究会in神の国出雲」

「原理原則研究会in新潟」

「原理原則研究会in札幌」

「中島孝志のスピリチュアル研究会」

「中島孝志の日曜読書倶楽部」

「松下幸之助経営研究会」いずれも毎月開催。

「濡れ手で粟! 中島孝志のビジネス研究会」


講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で高い評価を得ている。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料ネット、大手企業の社内報から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。

著訳書は280冊超。電子書籍100冊。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。

読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。

音声&テキストで平日毎日配信! ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く! 通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」が超人気!

 http://www.keymannet.co.jp/


■中島孝志のキーマンネットワーク

 http://www.keymannet.co.jp/


■中島孝志の 聴く! 通勤快読

 http://www.keymannet.co.jp/listen/


■ほぼ毎日発行メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」

 http://foomii.com/00080

なにげないコトバがあなたを変える! 明日から使える強運を呼ぶ「口ぐせ」の極意。

仕事や生活の中で、このひと言ですべてが変わった、
という経験をしたことはありませんか?

ひと言で救われ、ひと言で活かされ、ひと言で成功をモノにする。
まさに「魔法のひと言」。
もしそうならば、それを常に口にしたらどうでしょう?
すなわち、「口ぐせ」にするということです。

本書では、政財界をはじめとした要人プロデュースを延べ500人以上手掛けてきた著者が、
古今東西の一流人の事例から、「ここぞ」という場面で口をついて飛び出た「口ぐせ」の数々を紹介。

一見、当たり前と思えるコトバたちでも、ひとたび「口ぐせ」になってしまえば、
あなたの人生は大きく変わっていきます。モチベーションもグンと高まります。
職場や会社の重い空気をからっと明るく爽やかに変えてしまいます!

ありとあらゆるシーンで威力を発揮し、成果をゲットできる36のお手軽テクニック!

【目次】
はじめに

第1章 なるほど! これが仕事ができる人の「口ぐせ」リスト
第2章 「この人はできる!」と思わずうなる!「口ぐせ」リスト
第3章 人の心を揺さぶる! 感動の「口ぐせ」リスト
第4章 これならできる! あらゆる問題を解決する!「口ぐせ」リスト
第5章 味方が激増する! あなたの魅力200%アップの「口ぐせ」リスト
第6章 基本中の基本、仕事の常識として使ってほしい必須の「口ぐせ」リスト
第7章 一流の人間が「ここぞ!」というときに使った! 運命の「口ぐせ」リスト

人生に勝利したいすべての方へ。

2500年前古代中国の孫武によって書かれた『孫子』は最高の兵法書として名高く、古典としてはすでに数多く販売されています。
本書はその『孫子』を現代の視点で分析し、読み解きます。
課題に直面しながらも大切な人のため、理想を実現するため、新たな戦場へ踏み出す人々に、稀代の天才軍師はこう述べています。
「私の弟子なら必ず勝てるはずだ。
ただし今すぐとは言わない。人生の全体を振り返るとき、その勝利が初めて姿を現すような勝利で構わない。大切なものを守り、自らの信念を貫き、最後の最後で、あなたの勝利が全部組み上がる勝利で構わない。
だから、かならず勝ちなさい」

【目次】
◆序章 世界最高峰といわれる『孫子』を使いこなすには?
◆第一章 なぜ、勝てない戦いに挑むのか?
01孫子は「不敗」を一番大切なものだと言った ~やめる「勇気」をいまこそ発揮しよう!
02敗者の教訓、まずそれを避ける ~全体の8割は常に負け組である
03勝者が磨くべき5つの基本条件 ~不敗をより完璧な形にするために
04勝つことが当たり前になる世界へ ~努力の汗が見える時点で、2つのことを間違えている
◆第二章 なぜ、根拠もないのに勝てると思うのか?
05 孫子の考える、もろい人間とはどんな人か? ~「もろさ」を持つ人の特徴
06 希望的観測という無謀な賭け ~幸運を期待しない者が、もっとも確実な勝者
07 怒りに身をまかせず、選択肢を増やす ~怒りは、時がたてば喜びにも変わる
◆第三章 なぜ「戦わずに勝つ」方法をとれないのか?
08 壁を打ち破る間接的アプローチとは ~500ドルで、ハリウッドの映画監督になれるか?
09 はじめは処女のごとく、終わりは脱兎のごとく ~相手に準備する時間も、心の余裕も与えない速さ
10 リデル・ハートと孫子、二人の戦略論の威力 ~攻撃が有利な時、防御が有利な時のちがい
11 永遠の戦略論、孫子の前に崩せない壁はない ~勝利の定義を変えてしまう
◆第四章 なぜ、勝てるタイミングを逃してしまうのか?
12 孫子の「時間術」、時間に価値があるときを見抜く ~時間の価値が低いとき、その過ごし方
13 主導権がある時間、ない時間を意識せよ! ~物事が変えられる時間、変えられない時間
14 時間の経過を、あなたは味方にできているか? ~最後に笑うものは誰か?
◆第五章 なぜ、兵の「実力」を引き出せないのか?
15 孫子が説く、トップが果たすべき役割とは ~戦力の6割は、組織の優劣で決定される
16 孫子に学ぶ、上司と部下の適切な関係づくり ~目標と指示、死力を尽くさせるコツ
17 勝利のための、孫子の組織論 ~臨機応変を奨励し、あくまで成果に焦点を合わせる
18 人を動かす3つの舞台を作っているか? ~すぐれた舞台を作る、プロデューサーとなれ
19 大きな勝利の90%はあなた以外の要素で決まる ~努力よりも、機会の大きさで勝利は決まる
◆巻末付録
20 孫子の兵法の成り立ちから見る特徴
21 孫子が負けるとき、それはどんな瞬間か
22 孫子が逆襲を成功させるとき
◆超訳「孫子の兵法」早わかり!これが孫子の骨子だ!
「一番決断の速い人が、リーダーになる。」(「プロローグ」より)
リーダーの仕事は、部下の時間を生み出し、チームのスピードを上げること。
チームを強くするための方法、部下を育てる一言、リーダ・チーム・部下がそれぞれ成長するために必要なことなどを、短いセンテンスやわかりやすい具体例で明快に提示しています。
著者は、数々のビジネス書、恋愛エッセイ、小説などのベストセラーを世に送り出している中谷彰宏氏。
特に、部下にどう接すればいいか迷っているリーダー、部下を育てられるリーダーを育てたい経営者、早くリーダーになりたい志のある部下の方は必読! 普段抱えている仕事の悩みを解決するヒントが、きっと見つかるはずです。

リーダーに生まれた君の33の具体例

1.ペンディングを、やめよう。
2.1回の発言で、1分以上話さない。
3.会議中に、話題を変えない。
4.部下を、サポートしよう。
5.部下の反論を、歓迎しよう。
6.自分のエラーを、認めよう。
7.トラブルを、歓迎しよう。
8.裁判官役にならない。
9.自分を飛び越えることを、歓迎しよう。
10.「勝手な行動」を歓迎しよう。
11.部下の10倍、勉強しよう。
12.部下を、目立たせよう。
13.どうでもいい声を、かけよう。
14.叱る前に、根拠を聞こう。
15.部下に「なるほど」と言おう。
16.叱るより、バックアップしよう。
17.ほめるより、「うれしい」を言おう。
18.「ありがとう」の前に、「うれしい」を言おう。
19.「育ててもらった」恩返しをしよう。
20.部下1人ずつに「うれしい」と言おう。
21.仕事を、独占しない。
22.できないことがあることを、歓迎しよう。
23.「1分以上前のこと」は叱らない。
24.「昨日と、違うこと」をしよう。
25.部下に、サービスしよう。
26.「部下の自慢」をしよう。
27.部下の前に、自分を変えよう。
28.ルールをつくって、自分から守ろう。
29.「部下の10倍高い志」を持とう。
30.部下の話を「結論は」と切らない。
31.ムッとした顔で話を聞いていることに、気づこう。
32.「ささいな情報」を共有しよう。
33.自分がいないとできないことを、喜ばない。
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.