マーケ企画部 四葉幸のハッピーオウンドメディア

インプレス(Impress Corporation)
1
Free sample

マンガでわかる! 「オウンドメディア」の基本自社のWebサイト等を活用し、顧客とのダイレクトなコミュニケーションをはかるオウンドメディア・マーケティング。企業の広報担当者にとって必須となった、このマーケティング手法の基本知識が楽しく、簡単に、マンガで習得できます。企業と顧客をつなぐオウンドメディアとは?◆あらすじ株式会社スマイル食品・マーケティング企画部に所属している四葉幸。スパイス&ハーブのマーケティングを担当している。今まで展開してきたマスメディアを使ったマーケティングに限界を感じ、新たな手法を模索していた。そこで、幸たちが注目したのが「オウンドメディア」。しかし、幸自身はネットに詳しいわけでもなく…。果たして幸たちスマイル食品の「オウンドメディア」への挑戦は成功するのか?◆目次第1話 食いしん坊の幸とメディア化する企業第2話 うち独自の情報なんてあるのかな……?第3話 Webリニューアルの肝は見た目を変えることじゃない!第4話 営業部の反発……コンテンツが集まらない!第5話 最大の敵「身内」を巻き込め第6話 コンテンツの脳味噌で“モテハーブ料理”第7話 コンテンツサイトは継続が命第8話 オウンドメディアで耕したコミュニケーションの穂が実るとき※本著は、2012年12月10日~2013年3月25日にかけて『Web担当者フォーラム』(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)にて連載された『マーケ企画部 四葉幸のバッピーオウンドメディア』を電子書籍化したものです。
Read more
Collapse

About the author

主に広告マンガ、イラスト、アニメ、キャラクターの制作を手がけるマンガ制作プロダクション。動機付け、興味の喚起、ストーリー性、分かりやすさなど、マンガの持つ強力な訴求力を活用し、企業が発信するさまざまなメッセージを織り込んだマンガ制作を得意としている。
Read more
Collapse
2.0
1 total
Loading...

Additional Information

Publisher
インプレス(Impress Corporation)
Read more
Collapse
Pages
85
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Business & Economics / Management
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
売れる商品のきほんをスッキリまとめました!

新しい価値をもつ製品を、「売り方」までしっかり狙って企画するための考え方を、一流のマーケティングプランナーがわかりやすく解説しました。
商品企画、製品企画のご担当はもちろん、経営者、マーケター、営業マンなど、「売れる新商品」に興味を持つ方すべてに読んでいただきたい入門書です。

企画書の書き方から開発プロジェクトの進め方まで、マーケティング理論に則ってしっかりとまとめています。

かわいいワンちゃんが目印です

重要なトピックを見開き2ページでスッキリと図解した、わかりやすい2色刷りの紙面が特徴的なシリーズです。人気絵本作家、いしかわこうじさん描きおろしのイラスト(カバー、扉)もステキ。

◆ 著者メッセージ ◆
商品企画の業務や、その前提となる企画の考え方がどんなものか、全体像を知りたい時に最適な一冊です。重要なポイントを見開きで簡潔にまとめているので、就職や転属などの要点・用語整理にも役立ちます。本書には、商品企画における1見せ方(コンセプトメーキング)、2売り方(マーケティング、販売)、3進め方(企画プロジェクトの運営)と大きく3つの要素が書かれています。特にコンセプトメーキングの部分は、商品の魅力を関係者、消費者に一言でアピールするための方法や基本概念を詳しく説明しています。商品企画書のフレームワークや事例も紹介しているので、実践する際に便利です。関係部門との連携や進行方法もぜひ知っておいていただきいと思います。商品企画は事業全体の中でも中核的な部門です。ぜひ若いうちから企業戦略、事業戦略を頭にいれて企画してみてください!
(末吉孝生)

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。あらかじめご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

(翔泳社)

©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.