ロングテールとフリーミアム入門 ~今さら聞けないビジネスマン必須知識~

インプレス
Free sample

1時間で読める!!
21世紀市場の教科書

インターネットの出現で〝ヒット商品が牽引する市場〟はすでに過去のものとなった――。

ヒット商品が生まれにくくなったのはなぜか。無料の製品が溢れかえっているのに経済が回るのはなぜか。
今まで誰も説明してくれなかった現代の新常識をきちんと解説した書籍が誕生しました。
クリス・アンダーソンの『ロングテール――「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』、
そして『FREE――〈無料〉からお金を生み出す新戦略』です。

本書はこの2冊の書籍を、日本人に馴染み深い例などを交えて60分程度で読めるように簡潔かつ、わかりやすく解説。
本書を読めば、現代の市場がどのような理屈に従って動いているかを知ることはもちろん、
未来の市場がどのように変化するか予測するための基礎知識を得ることが可能でしょう。

▼目次
第1章:ロングテールの市場 すべての商品に光が当たる時代へ!
ロングテールとは何か 売れなかった商品を合計すると……?
吹き荒れるロングテール旋風! ニッチ市場の成長は止まらない!?
ロングテール時代のビジネス 無数の生産者が世界に散らばる中で……
ロングテール世界の未来予想図 文化的にアナーキーな世界で……

第2章:FREEの時代が到来 無料サービスが市場を席巻する!
無料サービスの裏側を読む! FREEの対価を支払っているのは誰か?
適正価格はどのように決まるか? FREEの拡大は決して止まらない……!
情報は無料化する運命にある!? FREEは事業を飛躍させる翼に……!
精神的価値VS物質的価値――FREE以外の可能性 テクノロジーが編み上げる未来で……

著者情報
橘龍介(タチバナ リュウスケ)
1986年9月17日生まれ。東京都三鷹市牟礼出身。
2011年まで大手学習塾で大学受験生を対象に世界史、日本史、政治経済、英語、現代文を指導。
その後、ウェブ記事のライターとして働く傍ら、歴史、政治経済、語学の研究活動を行っている。
既刊に『中学生でもわかる! アドラー心理学超入門』がある。
Read more

About the author

1986年9月17日生まれ。東京都三鷹市牟礼出身。2011年まで大手学習塾で大学受験生を対象に世界史、日本史、政治経済、英語、現代文を指導。その後、ウェブ記事のライターとして働く傍ら、歴史、政治経済、語学の研究活動を行っている。既刊に『魔法少女と学ぶ! ピケティ入門』『吉田松陰と幕末志士たち』がある。
Read more

Reviews

Loading...

Additional Information

Publisher
インプレス
Read more
Published on
Sep 12, 2016
Read more
Pages
63
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Business & Economics / General
Business & Economics / Management
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
橘龍介
悩みや不安がすっと楽になる
一番わかりやすいアドラー心理学

うまくいかない、満たされない、認められない...。
考え方が変われば、人生の悩みは解消される!?

本書では、アドラー心理学のエッセンスを読みやすい会話方式で紹介。
読み終わる頃にには、自然と心のモヤモヤが軽くなっているかもしれません。


▼目次
第1章 社会の中でどのように生きるか?──自己啓発編
●承認欲求の否定──人に好かれるために生きるのではない!
●課題の分離──自分の人生を自分の責任で生きる!
●世界は主観の中に──外側から与えられる〝人生の意味〟などない!
●トラウマの否定と目的論──認識を変えれば因果律は逆転する!
●早期回想とライフ・スタイル──過去を克服するために……
●劣等コンプレックス&優越コンプレックス──不幸を招く私的論理
●共同体感覚──私は世界であり、我々は世界全体である!

第2章 どのように他者と接していくか?──コミュニケーション編
●すべての行動は私的論理に基づく──悪とは私的論理の歪みである!
●特別であろうとする欲動──誤った私的論理を生む4つの方向性
●権力闘争・賞罰教育の排除──劣等コンプレックスの存在しない社会へ!
●共同体の仲間として!──意志と勇気を育てるコミュニケーション

第3章 健全なる精神は強さを肯定する──臨床基礎編
●ジークムント・フロイトの精神分析学!
●カール・グスタフ・ユングの分析心理学!
●幸福への第1歩は自我の訓練──あくまで自分の課題と対決する!
●力への意志──脆弱であることを武器にするな!終章意志あるところに道は開ける……!

著者紹介
橘 龍介(たちばな りゅうすけ)
1986年9月17日生まれ。東京都三鷹市牟礼出身。
2011年まで大手学習塾で大学受験生を対象に世界史、日本史、政治経済、英語、現代文を指導。
その後、ウェブ記事のライターとして働く傍ら、歴史、政治経済等の研究活動を行っている。
共著に『世界帝王事典』(新紀元社)、単著に『なぜ田舎者のナポレオンがフランス皇帝になれたのか!?』
『真田丸の夢』『世界一わかりやすい孫子の兵法』『魔法少女と学ぶ!』シリーズ(Impress QuickBooks)など。
橘龍介
魔法少女と学ぶ自己啓発書
ビジネスに役立つ成功者の言葉

魔法少女と一緒に、世界的な成功者の経営哲学を学ぼう!
本著では、世にiPhoneを送り出した元アップル社CEOスティーブ・ジョブズ、
Facebookの創設者の一人であるマーク・ザッカーバーグなど世界的な成功者のエピソードや言葉を紹介。
名前を聞いたことがなくても彼らの業績に触れつつ行動原理を学べます。
さあ、魔法少女リリィと成功哲学の世界を体験し、ビジネス、コミュニケーションに役立つ考え方を身につけよう!

▼目次
序章
魔法少女は夢を叶える方法を探す!

前章
魔法少女は成功者の人生を研究する!
世界を変えるためには何が必要なのか
・スティーブ・ジョブズ
・マーク・ザッカーバーグ
・ウォーレン・バフェット

後章
魔法少女は成功哲学を編み出した人々を知る!
成功者の座右の書を生んだ賢者たち
・デール・カーネギー
・デイル・ドーテン
・フレデリック・ランチェスター

終章
魔法少女は自らもまた成功者たらんと志す!?

【著者情報】
1986年9月17日生まれ。東京都三鷹市牟礼出身。
2011年まで大手学習塾で大学受験生を対象に世界史、日本史、政治経済、英語、現代文を指導。
その後、ウェブ記事のライターとして働く傍ら、歴史、政治経済、語学の研究活動を行っている。
既刊に『魔法少女と学ぶ!ピケティ入門』『魔法少女と学ぶ! アドラー心理学入門』『魔法少女と学ぶ!孫子の兵法入門』
『吉田松陰と幕末志士たち』『世界一わかりやすい孫子の兵法入門』がある。
橘龍介
橘龍介
俺にもわかる「アドラーの心理学」!!
魔法少女は「嫌われる勇気」がない!?

魔法少女と一緒に、アドラーの心理学を学べる入門書が登場しました。
本書は、自己啓発的な要素を含む心理学として、『嫌われる勇気』で脚光を浴びている
アルフレッド・アドラーの個人心理学を学ぶための手引き書です。

心理学の知識がまったくない方でも問題なく読み進められるよう
専門用語などに関しても、やさしく丁寧に解説しています。

さあ、魔法少女・リリィと、アドラーの心理学のお勉強をはじめましょう!


▼目次

序章
魔法少女は人の心に着目した!

第一章
魔法少女はよりよく生きる方法を考える!
アドラー心理学の自己啓発要素

 ・承認欲求は人を幸せにしない! ~承認欲求は賞罰教育が生んだ徒花
 ・自分の人生を自分の責任で生きる! ~課題の分離
 ・外側から与えられる〝人生の意味〟などない! ~主観的な世界を生きる
 ・因果律を逆転させる! ~目的論とトラウマの否定
 ・過去をどう克服するか ~早期回想とライフ・スタイル
 ・悩みの正体とは!? ~劣等コンプレックス&優越コンプレックス
 ・自分の価値を認めるために ~共同体感覚を理解する

第二章
魔法少女は幸せな人を増やしたい!
アドラーの教育論に基づく〝人への接し方〟

 ・悪を選び取る人など存在しない! ~全ての行動には論理がある
 ・特別であるための四つの方法 ~注目、力、復讐、無気力
 ・縦の関係を脱却する! ~権力争い、賞罰教育の弊害
 ・横の関係で働きかける! ~勇気づけの教育

第三章
魔法少女は人間心理を探求する!
アドラー以外の心理学概要

 ・ジークムント・フロイトの精神分析学
 ・カール・グスタフ・ユングの分析心理学

終章
魔法少女は人間関係について考える!
橘龍介
巷のピケティ本が難しかった人必読
格差社会をカンタンな日本語で解説

21世紀における経済格差を解き明かしたトマ・ピケティの『21世紀の資本』。
話題にはなったものの、専門性の高さから読了できない、
理解できない人も多かったのではないだろうか。

本書では、同書のエッセンスだけを抜き取り、
会話形式で現代の経済格差についてわかりやすく解説します。

巷の解説書でもわからなかったという人にぜひ手にとってほしい1冊です!

第1章
ゼロから分かる経済史! ~格差はどのように生まれたのか?

●資本主義の〝資本〟とは何か?
●資本主義以前の社会は……
●産業革命と資本主義の誕生
●格差への怒りが爆発──労働運動の時代
●共産主義──反資本主義の思想が生まれる
●修正資本主義──社会主義がもたらした影響
●新自由主義──見直された修正資本主義

第2章
格差問題を紐解くための経済知識を確認! ~ピケティを学ぶ前に──経済用語の基本のキ

●需要と供給──市場経済はどう動く?
●市場経済の働きを考える
●国内総生産と経済成長率──GDPに慣れる

第3章
トマ・ピケティ『21世紀の資本』を理解する!

●GDP成長率の停滞──産業革命の名残が去った世界で……
●世界大戦と欧米の資本──インフレによる資本の減少
●資本/所得比率のU字曲線とは何か?
●『21世紀の資本』におけるキーワード──《r>g》の不等式
●実質資本収益率から見る! 《r>g》法則の特異点
●タックス・ヘイヴンの存在──グローバリズムの弊害
●国際協調と累進課税が格差是正の鍵に!

[著者紹介]
橘 龍介(たちばな りゅうすけ)
1986年9月17日生まれ。東京都三鷹市牟礼出身。
2011年まで大手学習塾で大学受験生を対象に世界史、日本史、政治経済、英語、現代文を指導。
その後、ウェブ記事のライターとして働く傍ら、歴史、政治経済、語学の研究活動を行っている。
共著に『世界帝王事典』(新紀元社)、単著に『なぜ田舎者のナポレオンがフランス皇帝になれたのか!?』
『真田丸の夢』『世界一わかりやすい孫子の兵法』『魔法少女と学ぶ!』シリーズ(Impress QuickBooks)など。
橘龍介
哲学という分野は一般的に〝何だかわけの分からないもの〟と
認識されているようですが、その理由はどこにあるのでしょうか?

哲学を学ぶなら哲学史から……という姿勢は、
基礎から積み上げることを重視する日本人的な発想です。
哲学が〝わけの分からない学問〟から脱却するためには、
もっと分かりやすく〝面白い部分〟を提示してあげることが必要です。

本著は、忍耐力をもって基礎から積み上げる……という日本的発想を離れ、
〝なるべく面白い部分だけを畳みかけるように解説する〟という姿勢を重視しました。

哲学に興味を持った方の意欲を萎えさせる可能性の高い古代と中世は最低限に留め、
面白いところを効率的につまみ食いできるよう配慮しています。

もちろん、近世以降のデカルト、カント、ニーチェなど
哲学に興味を持った人なら誰もが知っている有名哲学者はしっかりと押さえました。

退屈せず、面白い部分だけを経由できる〝哲学の観光ガイド〟になっているはずです。
初出の専門用語には必ず説明をつけていますから、特に予備知識は必要ありません。

正確な勉強は、哲学の何たるかを理解して、より強い興味が湧いてからで十分でしょう。
努力や忍耐は後回しにして、まずは哲学の面白さに触れてください。


[目次]

第1章 古代から中世を駆け抜ける
壮大かつ深淵な哲学史の幕が開く!

 相対主義を唱えた古代の哲人――プロタゴラス
 ~人間は万物の尺度(Homo mensura Satz)

 行き過ぎた相対主義に一石を投じた――ソクラテス
 ~無知の知(das Wissen des Nichtwissens)

 絶対的真理の定義に挑戦――プラトン
 ~イデア論(idea)

 哲学と諸学問の創始者――アリストテレス
 ~哲学とは、知を愛すること(philosophia)

 古代の哲学体系を実践に活かす!
 ~〝哲学を知る〟から〝哲学する〟への跳躍

 暗黒時代――中世を秒速で駆け抜ける!
 ~哲学不遇ふぐうの時代、そして宗教と哲学の違いは……

第2章 ルネサンスを経て、近世に突入!
人間の理性に再び火が灯った……!

 あらゆる事物を疑い尽くした懐疑論者――デカルト
 ~我思う、ゆえに我在り(Cogito ergo sum)

 法則(ロゴス)を神と呼ぶならば……! ――スピノザ
 ~神即自然(deus sive natura)

 帰納法を生み出した賢者――ベーコン
 ~知識は力なり(Scientia est potentia)

 帰納の限界に到達した懐疑主義者――ヒューム
 ~知覚の束あるいは集合(a bundle or collection of different perceptions)

第3章 近代の到来と、哲学の隆盛
人類の逆襲――神から世界を奪還せよ!

 理性が扱える範囲を見極めた人物――カント
 ~何を知ることができるか?(Was kann ich wissen?)

 歴史は最終形態へたどり着き、完成する――ヘーゲル
 ~自己外化&弁証法(Selbstveraeusserung und Dialectik)

第4章 不安と絶望に囲まれた時代――現代の哲学
20世紀のキーワードは〝実存〟である!

 人類一般に埋もれた〝私自身〟の発見者――キルケゴール
 ~死に至る病(Sygdommen til Doeden)

 流転する世界の中で、今よりもっと強くなれ……! ――ニーチェ
 ~力への意志(Der Wille zur Macht)

 実存主義を世界に広めたアジテーター――サルトル
 ~実存は本質に先立つ(l'existence precede l'essence)

第5章 実存主義時代の諸哲学を知る!
現象学、分析哲学を雑学的にレクチャー

 疑いようのない世界はどこにあるのか――フッサール
 ~事象そのものへ(Zu den Sachen selbst)

 近代哲学の墓標を立てた〝墓堀人〟――ウィトゲンシュタイン
 ~思想とは意義を持つ命題である(Der Gedanke ist der sinnvolle Satz.)

第6章 多様性の受容と、イデオロギーの解体
信じるものなきポストモダンへ……!

 言語構造の中に、哲学的諸問題の答を視た――ソシュール
 ~シニフィアン&シニフィエ(signifiant et signifie)

 現代思想としての構造主義を確立――レヴィ=ストロース
 ~構造人類学(La pensee sauvage)
橘龍介
魔法少女と学ぶ自己啓発書
ビジネスに役立つ成功者の言葉

魔法少女と一緒に、世界的な成功者の経営哲学を学ぼう!
本著では、世にiPhoneを送り出した元アップル社CEOスティーブ・ジョブズ、
Facebookの創設者の一人であるマーク・ザッカーバーグなど世界的な成功者のエピソードや言葉を紹介。
名前を聞いたことがなくても彼らの業績に触れつつ行動原理を学べます。
さあ、魔法少女リリィと成功哲学の世界を体験し、ビジネス、コミュニケーションに役立つ考え方を身につけよう!

▼目次
序章
魔法少女は夢を叶える方法を探す!

前章
魔法少女は成功者の人生を研究する!
世界を変えるためには何が必要なのか
・スティーブ・ジョブズ
・マーク・ザッカーバーグ
・ウォーレン・バフェット

後章
魔法少女は成功哲学を編み出した人々を知る!
成功者の座右の書を生んだ賢者たち
・デール・カーネギー
・デイル・ドーテン
・フレデリック・ランチェスター

終章
魔法少女は自らもまた成功者たらんと志す!?

【著者情報】
1986年9月17日生まれ。東京都三鷹市牟礼出身。
2011年まで大手学習塾で大学受験生を対象に世界史、日本史、政治経済、英語、現代文を指導。
その後、ウェブ記事のライターとして働く傍ら、歴史、政治経済、語学の研究活動を行っている。
既刊に『魔法少女と学ぶ!ピケティ入門』『魔法少女と学ぶ! アドラー心理学入門』『魔法少女と学ぶ!孫子の兵法入門』
『吉田松陰と幕末志士たち』『世界一わかりやすい孫子の兵法入門』がある。
橘龍介
―愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ
世界史上の人物で知るリーダーシップ論

歴史には数多くの教訓が詰まっています。

なぜ、ある国は栄え、別の国は滅びたのか。
なぜ、ある国が勝利し、別の国が敗れ去ったのか。

歴史を学んだ者だけが、そのおぼろげな境界線を感じ取ることができるのです。
歴史まさに人生における学びの宝庫。

本書ではそんな歴史上の人物の“なぜ”に重点を置き、
歴史の転換点となった出来事を実現できた理由(あるいは実現できなかった理由)を解説します。

▼目次
Episode1:イタリア誕生秘話!
祖国を生んだ3人の男
・ジュゼッペ・マッツィーニ(ローマ共和国→イタリア王国)
・ジュゼッペ・ガリバルディ(ローマ共和国→イタリア王国)
・カミッロ・カヴール(サルデーニャ王国→イタリア王国)
・イタリア統一の三傑に学ぶ! 集団を動かす3つの要素

column1:ナポレオン・ボナパルトに学ぶ!
・集団心理の傾向

column2:ミハイル・クトゥーゾフに学ぶ!
・弱者の戦術

Episode2:実力による伝統の打破!
プロイセンのドイツ統一
・オットー・フォン・ビスマルク(プロイセン王国→ドイツ帝国)
・オットー・フォン・ビスマルクに学ぶ! リアリズムの本質

column3:シャジャル・アッドゥッルに学ぶ!
・下剋上の精神

column4:ハンニバル・バルカに学ぶ!
・組織運営の原則

Episode3:古代ローマ帝国の生存戦略

・コンスタンティヌス1世(ローマ帝国)
・コンスタンティヌス1世に学ぶ! 最強の目標達成術

▼著者情報
橘 龍介(たちばな りゅうすけ)
1986年9月17日生まれ。東京都三鷹市牟礼出身。
2011年まで大手学習塾で大学受験生を対象に世界史、日本史、政治経済、英語、現代文を指導。
その後、ウェブ記事のライターとして働く傍ら、歴史、政治経済、語学の研究活動を行っている。
共著に『世界帝王事典』(新紀元社)、単著に『真田丸の夢』『世界一わかりやすい孫子の兵法』
『魔法少女と学ぶ!』シリーズ(Impress QuickBooks)など。
橘龍介
ビジネス・対人関係にも!
「孫子の兵法」の解説決定版!

ビジネスや対人関係にも活かせる「孫子の兵法」。
本著は、その教えをわかりやすく解説するとともに、実用にも焦点を当てた解説書です。
マネジメントはもちろん、恋愛関係、会話術としても参考になる古の知恵を、あなたも身につけましょう。

▼目次
第一章:ビジネスに役立つ!孫子の兵法・現代版1

●企画編1~小さな勝利で強大なライバルを追いつめる!
●企画編2~ビジネスの企画は速度重視で進める!
●会議編1~対立意見を少数意見に変える裏ワザ!
●会議編2~反対意見を取り込むマル秘テクニック
●営業・プレゼン編1~相手を分析することが成功の秘訣!
●営業・プレゼン編2~機会を逃さず、相手を降伏に追い込む交渉術!
●集団指揮編1~優れたチームを組み立てる秘術!
●集団指揮編2~チーム内の不和をプラスに変える逆境力!
●集団指揮編3~部下を覚醒させ、100%の力を発揮させる方法!
●集団指揮編4~チーム一丸となって仕事に向かうための秘術!

第二章:恋愛・人間関係に役立つ!孫子の兵法・現代版2

●準備編1~相手の情報を知ることが第一歩!
●準備編2~相手の情報を集めるための必須テクニック!
●会話編1~自分が優位な話題に引きずり込む!
●会話編2~追い込むばかりが勝利ではない!
●洞察編~相手の心を見透かす観察力!

第三章:超訳!孫子をやさしい現代語で読む

●計編~勝つための第一歩は勝算の有無を考えること!
●作戦編~消耗戦は避け、早期に決着させる!
●謀攻編~闇雲に敵を倒すことが目的ではない!
●形編~優れた指揮官は淡々と勝利する!
●勢編~流れは乗るものではなく、引き寄せるもの!
●虚実編~絶え間ない変化で相手を幻惑する!
●軍争編~戦略家は開戦前夜に勝負を決める!
●九変編~重大な物事を遂行する際は多面的に検討する!
●行軍編~わずかな兆候を状況判断に役立てる!
●地形編~状況を分析し、最善の手段を導き出す!
●九地編~危機的状況を利用し、味方の全力を引き出す!
●用間編~戦いとは即ち、情報戦である!
●火攻編~相手の戦力を奪い去るのが上策!
橘龍介
俺にもわかる「アドラーの心理学」!!
魔法少女は「嫌われる勇気」がない!?

魔法少女と一緒に、アドラーの心理学を学べる入門書が登場しました。
本書は、自己啓発的な要素を含む心理学として、『嫌われる勇気』で脚光を浴びている
アルフレッド・アドラーの個人心理学を学ぶための手引き書です。

心理学の知識がまったくない方でも問題なく読み進められるよう
専門用語などに関しても、やさしく丁寧に解説しています。

さあ、魔法少女・リリィと、アドラーの心理学のお勉強をはじめましょう!


▼目次

序章
魔法少女は人の心に着目した!

第一章
魔法少女はよりよく生きる方法を考える!
アドラー心理学の自己啓発要素

 ・承認欲求は人を幸せにしない! ~承認欲求は賞罰教育が生んだ徒花
 ・自分の人生を自分の責任で生きる! ~課題の分離
 ・外側から与えられる〝人生の意味〟などない! ~主観的な世界を生きる
 ・因果律を逆転させる! ~目的論とトラウマの否定
 ・過去をどう克服するか ~早期回想とライフ・スタイル
 ・悩みの正体とは!? ~劣等コンプレックス&優越コンプレックス
 ・自分の価値を認めるために ~共同体感覚を理解する

第二章
魔法少女は幸せな人を増やしたい!
アドラーの教育論に基づく〝人への接し方〟

 ・悪を選び取る人など存在しない! ~全ての行動には論理がある
 ・特別であるための四つの方法 ~注目、力、復讐、無気力
 ・縦の関係を脱却する! ~権力争い、賞罰教育の弊害
 ・横の関係で働きかける! ~勇気づけの教育

第三章
魔法少女は人間心理を探求する!
アドラー以外の心理学概要

 ・ジークムント・フロイトの精神分析学
 ・カール・グスタフ・ユングの分析心理学

終章
魔法少女は人間関係について考える!
©2017 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.