犬女

ゴマブックス株式会社
Free sample

自殺した女が突然元彼のもとに尋ねてくる「幽霊」、過食症の主人公が陥る悪夢を描く「ヒルコ」、他者依存、美醜恐怖の女性の末路を語る「犬女」ほか、日常に潜む狂気と戦慄の物語を全6編収録。

コミカルなエッセイでおなじみの著者とはまた違った一面を垣間見ることができる1冊。

※本書は、2003年に刊行された『犬女』(文藝春秋=刊)を電子書籍化したものです

目次
幽霊
だるまさんがころんだ
押入れ
山上のオンナ
犬女
ヒルコ
あとがき

Read more
Loading...

Additional Information

Publisher
ゴマブックス株式会社
Read more
Published on
Feb 25, 2014
Read more
Pages
145
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Fiction / General
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
砂漠に不時着した主人公と、彼方の惑星から来た「ちび王子」の物語。 人の心をとらえて離さないこの名作は、子供に向けたお伽のように語られてきた。 けれど本来サン=テグジュペリの語り口は淡々と、潔い。原文の心を伝えるべく、新たに訳された王子の言葉は、孤独に育った少年そのもの。 ちょっと生意気で、それゆえに際立つ純真さが強く深く胸を打つ。 葉祥明のハートフルな絵とスピリチュアルな新訳(浅岡夢二:訳)で生まれ変わった「星の王子さま」。 不朽の名作に新たな魂が吹き込まれました。

?

The aircraft taken main male character crashes land in the Sahara desert. There, he meets a young boy who came from a far planet. He refers to the boy as "The Little Prince".
?It is one fairly tail for children and will seize your heart tightly too. The original story itself was simple and soft but the little prince is going to be a little more wilful in the new version. At the same time, the pure prince will hit your heart stronger, deeper.? "The little prince" is reborn by the heartwarming illustration created by the artist Yohshomei.


?是一个降落在沙漠里的主人公和来自遥?外星球的「小王子」的故事。?然是童?故事一?的?材,却打?了无数?者。?埃克?佩里以平淡的口吻,??的?述了?个故事。我??次的新?本,通?小王子的?言,更加真?的表?出了他的孤独。小王子倔?又?真,充?个性。深深打?了?者的心。叶祥明包含温情的插画和充??气的新翻?(?:浅?梦二)??部不朽的名著,注入了新的生命。

死について真面目に語った対談である。同時に、「どうやって生きたらよいか」を考える究極の実用書でもある。(佐藤優) 人生は残酷であり、生きるということは本当に苦しいことだ。この対談の中でも何度か言っているが、“あの時に死んでしまえばよかった”と未だに思う私である。(中村うさぎ) 原因不明の病で心肺停止に陥るという臨死体験を経て、「家族」の意味を考えるようになった中村うさぎと、「鈴木宗男事件」で社会的に葬り去られそうになった佐藤優。日本、宗教、社会、男と女……。数奇な経験を持つ二人が、様々な視点で「生と死」について、徹底的に語り尽くす! 『死を笑う』を改題し、加筆修正。 【本書の目次より】「天国の門」が現れない/モスクワで死を意識した日/死ぬのは怖くないですか?/人格が壊れていく恐怖/美の欠如は女の死/社会的な死が若者たちを追い詰める/獄中で描いた出所後のシナリオ/サイコパスに更生の余地はない/日本人の死生観とキリスト教的死生観/「絶対無」の状態で生きるとは?/男らしさ・女らしさという幻想/日本で自殺が認められなくなった理由/ほとんどの宗教は自殺を否定しない/天国は怖いところ?/賢く生きていく小ワザ/作家としての性 【PHP研究所】
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.