探査機が見た 太陽系【第3版】

株式会社ブックブライト
Free sample

 ★★★冥王星やチュリモフ・ゲラシメンコ彗星の画像など、最新成果も収録!★★★

太陽系には、私たちが住む地球を含め、八つの惑星があります。それ以外にも彗星や小惑星など、数多くの小天体が存在しています。

20世紀半ば以降、数々の探査機が太陽系内の天体を訪れて間近から観測を行い、火星の詳細な姿や、木星の巨大な渦、土星のリングの真の姿など、驚くべき姿を次々に明らかにしてきました。最近ではニュー・ホライズンズ探査機による冥王星探査が記憶に新しいでしょう。火星、土星、準惑星、彗星などでは、現在(2015年8月時点)も探査機が観測を続けています。

本書では、八つの惑星から準惑星、彗星などの小天体まで、探査機や宇宙望遠鏡が撮影した画像を厳選して収録、紹介しています。

【主な内容】

▼プロローグ

太陽/太陽系の天体/八つの惑星

▼水星

カロリス盆地/カロリス盆地内部の「クモ」/ミケランジェロ・クレーター/ドビュッシー・クレーター/巨大な崖/水星の北極/マリナー10号が見た水星/メッセンジャーがとらえた水星

▼金星

シフ山(火山)/マート山(火山)/金星のクレーター/巨大な円形地形/ドーム状の地形/着陸機が見た金星表面/金星の大気

▼地球と月

地球/大気/オーロラ/地球と月/月の表側/月の裏側/月のクレーター/月の北極/月面

▼火星

マリネリス峡谷/オリンポス山/極冠/北極冠のクローズアップ/巨大な砂嵐/塵旋風/大洪水の跡/最近の水の流れの跡?/双子の探査車が見た火星/キュリオシティが見た火星/衛星フォボス

▼木星

大赤斑/大赤斑の変化/小さくなる大赤斑/木星のリング/木星のオーロラ/木星への彗星衝突跡/衛星イオ/衛星エウロパ/衛星ガニメデ/衛星カリスト

▼土星

土星のリング/土星の表面/土星の巨大嵐/土星の北極の嵐/土星のオーロラ/衛星タイタン/衛星タイタンの湖/衛星タイタンの表面/衛星エンケラドゥス/エンケラドゥスからのジェット

▼天王星

天王星の衛星とリング/天王星のオーロラ/衛星ミランダ

▼海王星

大暗斑/大気に浮かぶ白い雲/衛星トリトン/海王星の新衛星/海王星のリング

▼準惑星・小天体

冥王星/冥王星表面のクローズアップ/冥王星と衛星カロン/冥王星の衛星カロン/冥王星の大気/外縁天体エリス/準惑星ケレス/ケレスの明るい点/小惑星/小惑星ベスタ/小惑星イダとガスプラ/小惑星エロス/ヴィルド第2彗星/チュリモフ・ゲラシメンコ彗星/彗星表面のクローズアップ/着陸機がとらえた彗星表面

★第2版→第3版への主な変更点

・冥王星、ケレス、チュリモフ・ゲラシメンコ彗星などの画像を新たに追加

・水星、火星などで最新画像を追加

・情報の一部を更新

・探査機紹介のページは削除しました。


Read more

About the author

サイエンスエディター、株式会社ブックブライト代表取締役社長。

20年以上にわたって科学雑誌ニュートンに携わり、編集者、編集部長などを経て2011年末に株式会社ブックブライトを設立。

科学技術関連の紙媒体での記事などの編集・ライティングなどを行う傍ら、電子書籍を刊行中。 

Read more
Loading...

Additional Information

Publisher
株式会社ブックブライト
Read more
Published on
Aug 31, 2015
Read more
Pages
216
Read more
Read more
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Science / Astronomy
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Eligible for Family Library

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
 2015年4月下旬、ハッブル宇宙望遠鏡は1990年の打ち上げから25周年を迎えました。打ち上げ25周年を記念して、好評をいただいている本書を第3版に更新し刊行しました。25年にわたりハッブル宇宙望遠鏡が撮影した100点超の画像を収録、紹介しています。

★★★★★ 

第2版→第3版への変更点

・第2版の発売(2014年5月)以降に発表されたものなど12点の画像を追加。

・レイアウトを微修正。 

※第2版をご購入された方へ〜全体の印象としては第2版とあまり変わらないと感じられるかと思います。第3版をお買い求めの際は、その点ご了承の上ご購入ください。

★★★★★

上空600キロメートルから宇宙を観測するハッブル宇宙望遠鏡は、大気に邪魔をされることなく撮影できるため、非常に鮮明な画像を得ることができます。

天の川銀河系には、恒星の誕生や死に関連するさまざまな星雲が存在しています。また銀河系の外にはいろいろな形をした銀河や、銀河どうしが衝突している現場などもあります。私たちの地球のそばにある太陽系の天体から、宇宙の果てに近い130億光年の彼方まで、1990年に打ち上げられて以来、ハッブル宇宙望遠鏡は実にさまざまな天体の姿を明らかにしてきました。


【主な内容】

パート1 星の世界 〜 星の誕生/惑星状星雲/超新星残骸/球状星団

パート2 銀河の世界 〜 銀河/銀河の相互作用

パート3 銀河団・深宇宙 〜 銀河団/重力レンズ/ダークマター/深宇宙

パート4 太陽系の世界 〜 火星から海王星、冥王星まで

パート5 ハッブル宇宙望遠鏡 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げ、保守ミッションについて

★★★★★ 

ハッブル宇宙望遠鏡の画像を見るには、紙の本よりも電子書籍の方が色の再現性という意味では優れています。ハッブル宇宙望遠鏡の画像は元々デジタルデータです。印刷物にするには、デジタルデータの色を印刷のインクの色に置き換えるため、本来の色からはどうしてもズレてしまいます。電子書籍では、そのような色のズレがほとんどありません。 

★★★★★ 


【掲載画像】 

▼星の誕生〜プレアデス星団(すばる)/オリオン星雲/馬頭星雲/シャープレス2-106/コーン星雲/干潟星雲/オメガ星雲/NGC 2174/わし星雲/カリーナ星雲/鍵穴星雲/HH901とHH902/カリーナ星雲内のジェット/三裂星雲/ボーク・グロビュール/25周年記念画像/NGC 3603/タランチュラ星雲/LH 95/NGC 346/NGC 602 

▼惑星状星雲〜らせん星雲/NGC 5189/網膜星雲/小さな幽霊星雲/環状星雲/キャッツアイ星雲/卵星雲/NGC 2440/NGC 6302/ブーメラン星雲/エスキモー星雲/NGC 2818

▼超新星残骸〜鉛筆星雲/かに星雲/SN 1006/カシオペアA/SNR 0509 -67.5/N132D/LMC N 49/E0102

▼球状星団〜NGC 6397/きょしちょう座47/オメガ・ケンタウリ/M13/M80/NGC 2808/NGC 1846

▼銀河〜銀河系中心/アンドロメダ銀河/NGC 4214/NGC 1569/ケンタウルス座A/ボーデの銀河/NGC 2976/M82/NGC 4449/NGC 1313/M83/回転花火銀河/ソンブレロ銀河/M74/NGC 4150/NGC 5866/NGC 2841/M87/NGC 4710/I Zwicky 18/NGC 1672/NGC 1427A/NGC 3982/NGC 1300/NGC 5584/ろ座A/NGC 1309/ESO 137-001/ペルセウスA/NGC 1132/NGC 4911

▼銀河の相互作用〜子持ち銀河/アンテナ銀河/HCG 90/NGC 2207とIC 2163/ステファンの五つ子/Arp 87/環状銀河/NGC 4676/Arp 273/オタマジャクシ銀河

▼銀河団〜かみのけ座銀河団/ESO 325-G004

▼重力レンズ〜アインシュタインの十字架/アインシュタイン・リング/Abell 2218/Abell 68/Abell 1689/RCS2 032727-132623とRCSGA 032727-132609/パンドラ銀河団

▼ダークマター〜弾丸銀河団/MACS J0025.4-1222

▼深宇宙〜ハッブル・ディープ・フィールド/ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド/ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド2014/エクストリーム・ディープ・フィールド

▼太陽系〜火星/火星の砂嵐/木星/木星の大赤斑/小さくなる大赤斑/木星のオーロラ/木星面を横切る衛星/土星/土星のリングの傾き/土星のオーロラ/天王星/海王星/冥王星

本書はご好評いただいた『ハッブル宇宙望遠鏡が見た 宇宙画像 SELECT 25』の第2弾です。

1990年に打ち上げられたハッブル宇宙望遠鏡は、25年近くにわたり実に多くの画像を私たちに届けてくれました。

本書では、その数多くの画像の中から第1弾とは別の25枚を厳選し、簡単な解説とともに紹介しています。

【掲載画像一覧 〜 表紙に全画像を掲載しています】

土星
プレアデス星団
コーン星雲
干潟星雲の中心部
カリーナ星雲中心領域の一部
カリーナ星雲内の一部
NGC 6791のクローズアップ
NGC 3603
いっかくじゅう座V838
らせん星雲
網膜星雲
LMC N 49
M13
銀河系中心
NGC 1569
ケンタウルス座A
M82
M74
NGC 2841
ペルセウスA
ステファンの五つ子
環状銀河AM 0644-741
オタマジャクシ銀河
ESO 325-G004
HUDF 2014

★★★★★

この電子書籍に収録した画像を見るには、紙の本よりも電子書籍の方が色の再現性という意味では優れています。収録した画像は元々デジタルデータです。印刷物にするには、デジタルデータの色を印刷のインクの色に置き換えるため、本来の色からはどうしてもズレてしまいます。電子書籍では、そのような色のズレがほとんどありません。

★★★★★


※本書は、全ページで写真を見開きで掲載しています。ブラウザでご覧いただくと見開き表示にならず、単ページごとの表示になってしまいますので、タブレット端末等、横にして見開き表示となるものでご覧いただくことをお勧めします。

 ESO(ヨーロッパ南天天文台)は、南米・チリで3か所の天文台を運営しています。口径8.2メートルのVLT(Very Large Telescope)を筆頭に、さまざまな大きさの望遠鏡を使って、多くの天体を観測してきました。 

大望遠鏡では天体の詳細な姿を、比較的小さな望遠鏡では広い視野を生かして天体の全体像をとらえるなど、望遠鏡の特性を生かして天体が撮影されています。 

この電子書籍では、ESOで撮影された数々の天体の中から、75点ほどを厳選して収録、紹介しています。 

【主な内容】 

パート1 星の世界 

 星の誕生、惑星状星雲、超新星残骸、球状星団 

パート2 銀河の世界 

 天の川銀河、大マゼラン銀河、さまざまな銀河、銀河の相互作用、銀河団 

※本書は、写真を見開きで掲載しているページがほとんどです。ブラウザでご覧いただくと、見開き表示にならず、単ページごとの表示になってしまいますので、タブレット端末等、横にして見開き表示となるものでご覧いただくことをお勧めします。

★★★★★ 

ESOの天体画像を見るには、紙の本よりも電子書籍の方が色の再現性という意味では優れています。ESOの天体画像は元々デジタルデータです。印刷物にするには、デジタルデータの色を印刷のインクの色に置き換えるため、本来の色からはどうしてもズレてしまいます。電子書籍では、そのような色のズレがほとんどありません。

 ※本書は既刊の『宇宙から見た夜の地球』『Earth's Limb 宇宙から見た夜明け、夕暮れ、夜光雲……』の2冊に掲載されている画像を1冊にまとめたものです。ご購入の際はご注意ください。

高度400キロで地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)。本書は、そのISSから撮られた夜明けや夕暮れ、オーロラ、都市の夜景など、闇に浮かび上がるさまざまな“光の風景”を紹介しています。

美しく、ときに幻想的な写真の数々をご覧ください。

【主な内容】

PART1 宇宙から見た夕暮れ

およそ90分で地球を1周するISSからは1日に16回、日没が訪れます。PART1では、ISSからみた夕暮れや日没の風景などを紹介。

PART2 宇宙から見た夜景

ISSでは“昼”と“夜”が45分おきにやってきます。夜の時間帯に撮影された世界各地の国や都市の夜景を紹介。

PART3 宇宙から見た夜光雲と月

地球大気の成層圏の上にある中間圏でできる雲「夜光雲」。PART3では、幻想的な夜光雲などの写真を紹介。

PART4 宇宙から見たオーロラ

地上からは見上げるしかないオーロラ。ISSからは眼下に広がるオーロラをみることができます。

PART5 宇宙から見た夜明け

真っ暗な中に浮かび上がる朝日が幻想的な雰囲気をかもし出す、ISSからみた夜明けの風景を紹介。

※本書は、写真を見開きで掲載しているページがほとんどです。ブラウザでご覧いただくと、見開き表示にならず、単ページごとの表示になってしまいますので、タブレット端末等、横にして見開き表示となるものでご覧いただくことをお勧めします。

この電子書籍は、太陽系の天体の絶景画像を紹介した『太陽系 絶景画像 SELECT25』の第2弾です。

太陽に最も近い水星から最果ての惑星である海王星まで、これまで新旧の探査機がとらえてきた大量の画像の中から、第1弾とは異なる25枚を厳選して収録しました。

惑星世界の絶景画像をぜひお楽しみください。

【掲載画像一覧】 

※掲載画像は表紙に全て表示しています。 

土星のリング/土星と衛星タイタン/土星の衛星エンケラドゥス/逆光の土星/水星/水星のファン・エイククレーター/マリナー10号が撮った水星/天王星/海王星の大暗斑/海王星の南極付近/火星の砂丘/火星の大気/火星の塵旋風の跡/火星の衛星フォボス/太陽/太陽のプロミネンス/金星の巨大円形地形/地球のオーロラ/北極側から撮った月/月のティコクレーターの中央丘/木星/木星のリング/木星の衛星イオの噴火/木星の衛星エウロパ/冥王星と衛星たち

※本書の姉妹編の『太陽系 絶景画像 SELECT25』、また本書と『太陽系 絶景画像 SELECT25』掲載の画像をあわせて収録した『太陽系 絶景画像 50』も販売中です。

※本書は、全ページで写真を見開きで掲載しています。ブラウザでご覧いただくと見開き表示にならず、単ページごとの表示になってしまいますので、タブレット端末等、横にして見開き表示となるものでご覧いただくことをお勧めします。

アメリカの有人宇宙飛行は「マーキュリー計画」から始まりました。1961年5月、アラン・シェパードが乗ったフリーダム7が弾道飛行に成功し、アメリカの有人宇宙飛行がスタートしたのです。

その後、ジェミニ計画、アポロ計画を経て、1980年代からはスペースシャトルの飛行が始まります。90年代後半からは国際宇宙ステーションの建設も始まりました。

本書は、これまでのアメリカの有人宇宙飛行のそのような歩みを振り返る写真集です。

なお本書には、弊社刊行の下記の電子書籍の内容を含んでいます。すでに下記書籍をご購入済みの方は、ご了承の上、お求めください。

『ISS 国際宇宙ステーション 完成への軌跡:ダイジェスト写真集』『アポロ月面着陸:ダイジェスト写真集』『スペースシャトル:ダイジェスト写真集』

上記3冊以上の内容を含んでおり、個別にご購入いただくよりもお得になるように価格設定をしています。

【内容一覧】

▼マーキュリー/ジェミニ (初期の計画)

マーキュリー アラン・シェパードマーキュリー フレンドシップ7ジェミニ 2人乗りの宇宙船ジェミニ アメリカ初の宇宙遊泳ジェミニ 初のランデブー飛行マーキュリー、ジェミニ、アポロの宇宙船の大きさ比較

▼アポロ (月面着陸ミッションを中心に紹介)

アポロ9号 地球周回軌道上でのテストアポロ8号/10号 月周回軌道へアポロ11号 初の月面着陸アポロ12号 1969年11月打ち上げアポロ14号 1971年1月打ち上げアポロ15号 1971年7月打ち上げアポロ16号 1972年4月打ち上げアポロ17号 最後の月着陸計画

▼スカイラブ/アポロ・ソユーズ

スカイラブアポロ・ソユーズ

▼スペースシャトル (主なミッションを紹介)

STS-1 スペースシャトル初打ち上げSTS-8 初の夜間打ち上げ、夜間着陸STS-41B 命綱なしの船外活動STS-51L チャレンジャー号事故STS-26 飛行再開STS-30 探査機マゼラン打ち上げSTS-31 ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げSTS-49 エンデバー号就航STS-61 ハッブル保守ミッションSTS-71 ミールとのドッキングSTS-88 宇宙ステーション建設開始STS-92 シャトル100階目のフライトSTS-107 コロンビア号事故STS-114 飛行再開STS-124 きぼう船内実験室打ち上げSTS-125 最後のハッブル保守ミッションSTS-133 ディスカバリー号最終飛行STS-134 エンデバー号最終飛行STS-135 シャトル最終飛行STS-135 最後の着陸

▼国際宇宙ステーション (完成への軌跡を写真でたどる)

1A/R ザーリャ2A ユニティ1R ズヴェズダ3A Z1トラス4A P6トラス5A デスティニー6A カナダアーム27A クエスト4R ピアース8A S0トラス、S1トラス11A P1トラス12A P3/P4トラス13A S3/S4トラス10A ハーモニー1E コロンバス1J/A きぼう船内保管室1J きぼう船内実験室15A S6トラス2J/A きぼう船外実験プラットフォーム20A トランクィリティULF5 スペースシャトルからの全体像ULF7 スペースシャトル最終便から宇宙ステーションの構成※本書は、写真を見開きで掲載しているページがほとんどです。ブラウザでご覧いただくと、見開き表示にならず、単ページごとの表示になってしまいますので、タブレット端末等、横にして見開き表示となるものでご覧いただくことをお勧めします。

©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.