大日本帝国の轍

土方 聡

  1935年(昭和10)7月、大日本帝国と国号を正式に統一した日本政府は、その6年後の1941年(昭和16)12月8日、ついにアメリカに対して先制攻撃、ハワイ・オアフ島真珠湾に奇襲攻撃を仕掛けた。ここまでの過程にいったい何があったのか。


 大東亜戦争に至るまでの半世紀の間、日本国は何を目指していたのか。政府の考えは如何に、そして軍部は、国民の意識は、元首たるべく天皇の決断は…。今こそ、日本人に問われる歴史認識である。

 知っておくべき激動の時代を解き明かす歴史検証小説、「大日本帝国の轍」はそんな疑問に答えるのが主旨になっている。


 当時の新聞は事件をどう表現したのか。現場の地図を挿入し、約300点に及ぶ新聞記事を掲載して当時の世相を振り返る。日本人として知らなくてはならない歴史の真実に迫り、先人たちの辿った道をもう一度検証してみよう。それがこの小説の意義である。


あらすじ


 前半は、清朝の終焉を軸に主人公の父親の時代背景が描かれていく。主人公の父は新聞記者として上海で活躍し、日清戦争、日露戦争、そして辛亥革命を研究する中国通であった。中国革命に終生を尽くした孫文、その弛まぬ努力の原動力となったものは…。シベリア出兵に隠された政府の陰謀とは何か。そして、歴史上未曾有な残虐事件といわれた尼港事件が発生。主人公の脳裏に日本の将来に対する暗雲が立ちこめる。


 中盤は張作霖爆殺事件と軍部の台頭、ニューヨーク株式大暴落に始まる世界恐慌と日本の立場、そして満州事変の勃発である。支局では連日の会議を通して事件の経過を分析し、日本の行く末を考察する…。

 満州事変から半年後、世界の批判を浴びて満州国の建国される。それでも軍部は満州だけに飽きたらず、いよいよ中国本土に侵出し始める。広大な河北省の一部に突如として現れた日本の傀儡政権、冀東防共自治政府とはどんな政権だったのか。これで日本は中国本土から引くに引けない立場に自らが追い込まれてしまう。

 その頃、日本国内でも軍部最大のクーデターといわれた2・26事件が発生した。これで軍部が内閣の生殺与奪を握り、大海原から大日本帝国という巨大な怪物が現われるのである


 後半は大東亜戦争突入への序曲である。北京に転勤した主人公が盧溝橋事件を取材すると、3週間後には通州事件に巻き込まれてしまう。憔悴しきった主人公に襲いかかる次の魔の手は…。第2次上海事変と南京大虐殺、果たして真実はどうだったのか。ここに日中全面戦争が始まった。

 ヨーロッパでは第2次世界大戦が勃発し、日本の動向が注目されたが、選んだ道は三国同盟の締結と仏領インドシナへの侵攻であった。この判断はどう評価されるべきなのか。果たして正しかったのか、別の選択肢はなかったのか。この選択が結果的に真珠湾攻撃に結びついてしまうのだが…。この歴史認識こそ、本小説のテーマである。

Read more
Collapse
Loading...

Additional Information

Publisher
土方 聡
Read more
Collapse
Published on
Jan 15, 2014
Read more
Collapse
Pages
291
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
History / Asia / Japan
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.