使える51の統計手法

株式会社 オーム社
Free sample

統計学の基礎を51の手法で学ぶ!!

 統計学は、理論を深く学ぼうとすると数式の壁にぶつかります。しかし実際にデータ分析をするには分析手法とExcelを使えば十分使いこなすことができます。

 本書は分析手法を51に絞ってイラストと例題でわかりやすく解説します。


まえがき

Chapter 01 代表値

01 算術平均値

02 幾何平均値

03 調和平均値

04 中央値

05 割合

06 パーセンタイル

07 最頻値

Chapter 02 散布度

08 標準偏差

09 割合(1,0 データ)の標準偏差

10 変動係数

11 四分位範囲と四分位偏差

12 5数要約と箱ひげ図

13 基準値

14 偏差値

Chapter 03 相関分析 

15 単相関係数

16 単回帰式

17 クロス集計

18 リスク比

19 オッズ比

20 クラメール連関係数

21 相関比

22 スピアマン順位相関係数

Chapter 04 CS分析 

23 CS グラフ(顧客満足度グラフ)

24 改善度指数

Chapter 05 正規分布・z 分布・t 分布 

25 正規分布

26 z 分布(標準正規分布)

27 歪度と尖度

28 正規確率プロット

29 t 分布

Chapter 06 母集団と標準誤差

30 標準誤差

31 mean ± SD

32 mean ± S E

33 誤差グラフとエラーバー

Chapter 07 統計的推定 

34 信頼度(95%CI)

35 母平均z 推定

36 母平均t 推定

37 母比率の推定(z 推定)

Chapter 08 統計的検定

38 p 値

Chapter 09 平均値に関する検定

39 母平均の差 z 検定

40 t 検定

41 ウェルチのt 検定

42 対応のあるt 検定

43 母平均差分の信頼区間

Chapter 10 割合に関する検定

44 タイプ① 対応のない場合(z 検定)

45 タイプ② 対応のない場合(マクネマー検定)

46 タイプ③ 従属関係にある場合(z 検定)

47 タイプ④ 一部従属関係にある場合(z 検定)

Chapter 11 相関に関する検定 

48 単相関係数の無相関の検定

49 クロス集計表のカイ2 乗検定

Chapter 12 重回帰分析

50 重回帰分析

51 月次時系列分析 季節変動指数(S)

 月次時系列分析 傾向変動(T)

付録 統計手法 Excel 関数一覧表

索引

Read more
Collapse
Loading...

Additional Information

Publisher
株式会社 オーム社
Read more
Collapse
Published on
Sep 24, 2019
Read more
Collapse
Pages
256
Read more
Collapse
ISBN
9784274224072
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Best For
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Business & Economics / General
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Eligible for Family Library

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
 分析手法を「目的変数(予測したい変数)がある場合」と「ない場合」に分け、それぞれの手法を更に丁寧に解説、本書は「予測」の解析に焦点を置いた! 

多変量解析を行う目的としては、大きく分けて「予測」と「要約」の2つがあります。本書では、「予測」の解析に焦点を当てて解説します。

本書では、主に重回帰分析、判別分析、正準判別分析、数量化I類((ダミー変数)重回帰分析)、拡張型数量化1類(重回帰の目的変数を予測する)、コンジョイント分析などの手法を扱います。

各手法の解説には身近で実践的な例題を豊富に設け、これについて計算・解釈の方法を、Excelと著者自ら作成したアドインソフトウェアを活用して詳細かつ実践的に説明していきます。


★このような方におすすめ多変量解析の手法を手早くマスターしたい方 データをExcelにより効率的・実践的に分析したい方主要目次第1章 多変量解析を学ぶための基礎統計 第2章 多変量解析の概要 第3章 重回帰分析 第4章 数量化1類 第5章 拡張型数量化1類 第6章 判別分析 第7章 正準判別分析 第8章 コンジョイント分析 付録I ベクトルと行列 付録II 距離 付録III 本書で利用する Excel の分析ツール及び「 多変量解析ソフトウェア」
©2020 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.