生物有機化学: ケミカルバイオロジーへの展開

裳華房

生化学系の機構と、その研究のために用いられている手法を分子レベルで解説。また、細胞中での人工分子の化学反応や相互作用、それらの医療、診断、創薬への応用について述べる。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

疾病の原因が分子レベルで解明されるようになり、生体内で機能する人工分子を創出する生物有機化学の分野が注目されている。本書は、化学の知識に基づいて分子レベルで生命機能を理解し、人工分子の有機化学について学ぶことを目標とする。細胞中における人工分子の化学反応や相互作用を解説し、診断、治療、創薬への応用を提案する。
Read more

About the author

●著者紹介
宍戸昌彦(ししど まさひこ)
岡山大学名誉教授、工学博士。1944年京都府生まれ。京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻修了。京都大学助手・助教授、東京工業大学助教授、岡山大学教授などを歴任。研究テーマは化学生物学、ペプチド化学。
大槻高史(おおつき たかし)
岡山大学教授、博士(工学)。1970年東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻修了。東京大学助手,岡山大学講師・准教授などを経て現職。研究テーマは翻訳系の有機化学的拡張、RNA工学。
Read more
Loading...

Additional Information

Publisher
裳華房
Read more
Published on
Feb 25, 2008
Read more
Pages
204
Read more
ISBN
9784785332204
Read more
Read more
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Science / Chemistry / General
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.