出版業界気になるニュースまとめ2016

見て歩く者
Free sample

 本書は、筆者がブログ「見て歩く者」で毎週月曜日に更新している「出版業界関連の気になるニュースまとめ」記事の2016年更新分52本+αを、ジャンル別にまとめ直し加筆修正したものです。筆者が気になった“広義の”出版業界関連ニュースをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります。電子出版関連が多めです。


縦書き向けの体裁変更や言い回しの微調整などを除き、基本的に記事を書いた当時のまま収録してあります。そのため、企業名や人物の肩書などが本書発行時点とは異なっている場合があります。また、記載してあるURLも公開当時のままであり、現時点ではウェブ上から姿を消している可能性があります(Internet ArchiveのWayback Machineなどを利用すると発掘できるかもしれません)。あらかじめご了承ください。


〈目次〉

はじめに

第一章 電子出版の2016年を予想

第二章 ウェブメディア狂騒曲

第三章 著者と出版社(者)、本と雑誌の制作環境

第四章 読み放題ビジネスの光と影

第五章 電子書店栄枯盛衰

第六章 投稿サイトとセルフパブリッシング

第七章 海外のアマゾン

第八章 海外その他のニュース

第九章 技術標準化、ウェブと電書の融合

第十章 ハードウェアの進化

第十一章 電子出版と流通

第十二章 物理本の流通、書店と取次

第十三章 著作権など法律や行政

第十四章 教育と図書館関連

第十五章 出版関連企業の業績情報

第十六章 市況全般の分析や論評

第十七章 2016年回顧

第十八章 2017年の予想

おわりに

Read more
Loading...

Additional Information

Publisher
見て歩く者
Read more
Published on
Jan 20, 2017
Read more
Pages
216
Read more
ISBN
9784802093088
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Business & Economics / Industries / Media & Communications
Social Science / General
Read more
Content Protection
This content is DRM free.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
 3億4300万人が利用する世界第2位のソーシャルネットワーク、Google+の"最新"ガイドです。2013年7月10日のアップデート(+1アクティビティがストリームに流れるようになった)まで反映した第2版です。Kindleストアのコンピュータ・IT部門ベストセラーで、1巻が1位、2巻が3位、3巻が2位と、上位を独占しました。


題名は「これから始める人にも、もう始めている人にも、きっと役立つためになる(と思う)」の略です。全6巻の2巻目で、サークル・スライダー・検索などの仕様、ローカルやコミュニティといった各種機能を使って情報収集をするための解説になっています。横書き・左綴じです。


[目次]


第3章 Google+で情報を収集しよう

(1)[フォロー・サークル]について

(2)[あなたのサークル]で、新しいサークルを作ってみよう

(3)複数の対象をまとめてサークル移動してみよう

(4)サークルの削除や名前・説明文の編集をしてみよう

(5)ブロック・ミュートについて

(6)[あなたをサークルに入れているユーザー]について

(7)どういうサークル分けをしたらいい?

(8)Googleコンタクト(連絡先)について

(9)キーワード検索をして同好の士を探そう

(10)検索条件を保存して、後から呼び出そう

(11)検索結果の画面もストリーム

(12)ストリームはタイムラインではない

(13)ストリームを流れる投稿量を調節しよう

(14)注目&おすすめの投稿ってなに? 表示したくない場合は消せるの?

(15)お知らせを確認しよう

(16)ストリームを流れる投稿 [1]文章、+1、再共有、ハッシュタグ

(17)ストリームを流れる投稿 [2]URL、画像、動画

(18)ストリームを流れる投稿 [3]サークル、Google+ページ、ビデオハングアウト、ハングアウトオンエア

(19)ストリームを流れる投稿 [4]ローカル、イベント、コミュニティ

(20)ストリームを流れる投稿 [5]YouTube動画、位置情報、ドキュメント、GooglePlayのコンテンツ

(21)投稿右上のメニューについて

(22)コメントについて

(23)リップルについて

(24)ハングアウトオンエアについて

(25)ローカルについて

(26)イベントについて

(27)コミュニティについて

 3億4300万人が利用する世界第2位のソーシャルネットワーク、Google+の"最新"ガイドです。2013年3月8日の大幅アップデートまで反映しています。Kindleストアのコンピュータ・IT部門ベストセラーで、1巻が1位、2巻が3位、3巻が2位と、上位を独占しました。


題名は「これから始める人にも、もう始めている人にも、きっと役立つためになる(と思う)」の略です。全6巻の3巻目で、一般公開・限定公開などの仕様や、投稿・コメント方法、ハングアウト・コミュニティなどを利用した情報発信についての解説になっています。 横書き・左綴じです。


[目次]


第4章 Google+で情報を発信しよう

(1)一般公開と限定公開の違い

(2)限定公開の仕様を理解しておこう

Tips:壁の花メソッド

(3)サークルを指定して投稿してみよう

(4)コメントしよう

(5)再共有しよう

(6)+1しよう

(7)画像が貼れる、アルバムで管理できる

(8)画像を編集加工できる

(9)URLを貼るときサムネイル画像が選択できる

(10)動画が貼れる

(11)YouTube動画が貼れる

Tips:著作権を守ろう

(12)Googleドライブから共有できる

(13)GooglePlayなどから共有できる

(14)サークルが共有できる

(15)文字装飾ができる

(16)ハッシュタグが付けられる

(17)@付き投稿・コメントや直接共有で通知が送れる

(18)@付きコメントは公開範囲が広がる

(19)投稿ロックとコメント無効で自衛できる

(20)自分の投稿やコメントは編集・削除ができる

(21)自分の投稿へのコメントは削除できる

(22)チャットしてみよう

(23)ハングアウトしてみよう

(24)ハングアウトをオンエアしてみよう

(25)ローカルへクチコミを投稿してみよう

(26)イベントを企画してみよう

(27)コミュニティに参加して投稿やコメントしてみよう

(28)コミュニティを運営してみよう

 3億4300万人が利用する世界第2位のソーシャルネットワーク、Google+の"最新"ガイドです。2013年7月10日のアップデート(+1アクティビティがストリームに流れるようになった)まで反映しています。Kindleストアのコンピュータ・IT部門ベストセラー1位になりました。


題名は「これから始める人にも、もう始めている人にも、きっと役立つためになる(と思う)」の略です。全6巻の1巻目で、Google+を利用する上での心構え、初期登録、設定についての解説になっています。横書き・左綴じです。


[目次]

はじめに

第1章 Google+って何なのさ?

(1)そもそもSNSって何なのさ?

(2)Google+はTwitterやFacebookやmixiと何が違うの?

(3)Google+は「実名制」なのか?

(4)Google+の何に魅力を感じているかを改めて考えてみた

Tips:画面の向こうにいる人との交流

第2章 Google+へ登録しよう

(1)新規でアカウント登録をするか、既存のものを使うか

(2)Googleアカウントを作成しよう

(3)Google+の通知を確認しよう

(4)Google+のおすすめユーザーをサークルに追加しよう

Tips:「Google+ おすすめ」について

(5)プロフィール情報を整えよう

(6)ホーム画面について

(7)Google+のメニューについて

(8)まずアカウント設定を確認しておこう

(9)おすすめのアカウント設定

(10)プロフィール情報の公開範囲を確認しよう

(11)プロフィール情報を充実させよう

(12)プロフィール情報をもっと充実させよう

(13)自己紹介代わりに一般公開投稿をしてみよう

(14)Google+をやめる方法

ベストセラー『口ぐせの魔術』の著者、佐藤富雄氏が初めて「マーフィー理論」を解説し

たヒット作『マーフィー 成功者の50のルール』、『マーフィー お金に好かれる50の

ルール』が、お得な1冊に!

人が生きていく上で「仕事で成功したい」「お金持ちになりたい」「いつまでも健康であ

りたい」「幸せで豊かな人生を送りたい」そう思う方は非常に多くいらっしゃるのではな

いでしょうか。本書はマーフィーの理論に基づき、自分の「潜在意識」を引き出すことで

成功に導く術を細かく解説しています。

※本書は、既刊『マーフィー 成功者の50のルール』、『マーフィー お金に好かれる5

0のルール』を1冊にまとめたものです。


マーフィー成功者の50のルール
まえがき──「マーフィー理論」を科学で読み解く

1章 何より、まず強く成功を願え!
1「なりたい自分」のイメージを描き、言葉にする
2あなたの中に、成功するための力はすでにある
3どんな「自己像」を描くかで人生は変わる
4「うまくいかない」のは、自分で自分を制限しているから
5日々考える自己像が、未来のあなたの設計図
6「遠慮」していたら、大きな夢はかなわない
7まずは、「願い」を言葉にして口に出すこと
8あきらめずに、強く願うから成功する
9今日から「私はお金が好きだ」と宣言する
10あなたの「願い」を、「現実になるという確信」に高める

2章 「潜在意識」のパワーを活用せよ!
11「思い」の原因と結果の法則
12「思いどおりにならない」と思うから現実になる
13「幸せそうにふるまう」から幸せになる
14グチを言うことは「不幸を強く願う」こと
15強く実現を願うから、「奇跡」をもたらす
16「快の祈り」は、かならずかなう
17「現実」は、自分しだいでどうにでも変わる
18いつでも「できる」と言えば、ほんとうにできるようになる
19「心を感謝で満たす」から、望むものが手に入る
20「目的意識」を持って行動するから、うまくいく

3章 成功者と失敗者の違いは、「心の中」にある
21「肯定的な言葉」は、あなたのもとに多くの人を引き寄せる
22ぜひまねしたい、成功者に共通する6つの習慣
23失敗のイメージを成功のイメージに塗りかえる
24他人を快くすれば、自分も気持ちよくなる
25人を蹴落とす積極性は、精神を病んだり命を縮める
26意識や欲望が強ければ、いつのまにか必要な情報が集まる
27からだの快が心の快につながり、転機に生かせる
28「もうダメだ」と思わなければ失敗ではない
29どんな「小さな成功」でも無邪気に喜ぶ
30「そのうち」は、「やらない」という自律神経系へのメッセージ

4章 人間関係は、すべてあなた自身の反映である!
31相手を好きになるから、相手から好かれる
32とりあえず、「あなたの意見はわかった」と認める
33信頼されたいなら、相手を無条件で信頼する
34人を許せば、あなたが幸せになることを許される
35人をねたむことは、自分の失敗の予定を立てていること
36他人の成功にも、とりあえず「おめでとう」を繰り返す
37人から「ありがとう」と言われれば、あなたの幸せは倍増する
38「なりたい自分」がわかったら、そのようにふるまってみる
39「人を負かそう」ではなく、「人のプラスに」を考える
40「楽しく回想」するときだけ、過去を思い出そう

5章 悩みから逃れ、人生の喜びを得るための鉄則
41「現在のあなた」は、「過去の意識」が反映されている
42「うっとうしい雨」と思うか、「恵みの雨」と思うか
43「私の決断はつねに正しい」と信じて行動する
44不安になってもけっして言葉に出さない
45知らない人に会うのは、「嫌だなあ」から「楽しみだなあ」
46才能や運がないのではなく、「成功する思考態度」がない
47勤勉さより大事な「成功のイメージ」
48問題の解決策は、「勝ち組遺伝子」が持っている
49「これができたらすごく幸せ」という思いが実現させる
50あなただけの「祈りの言葉」が、思いどおりの人生をつくる


マーフィーお金に好かれる50のルール
まえがき 本当は誰でも簡単にお金持ちになれる

第1章 心の中の「無限の宝庫」にアクセスする!
──お金持ちになるのは、すべての人に保障されている

1豊かであることは、人間にとって自然なこと
2心の中の宝を使うには、はっきりした強い欲求が必要
3自分にとっての、繁栄、富、成功のイメージを確立しよう
4お金に対して持っているイメージを、しっかりとチェックしてみよう
5「楽天思考」の人は、みるみるお金を引き寄せられる
6望むものの絵を描けなければ、目的は果たせない
7固定観念を捨て、「お金持ちになれる」と信じる
8眠りにつくまえの五分間、意識に「お金の種」をまこう
9「いい口ぐせ」を身につければ、いい方向に運命が変わる
10法則を理解し、信念に変え、強い欲求を持つことで奇跡が起こる

第2章 お金が好きだと宣言する!
──お金は、自分を大事にしてくれる人に集まっていく

11「お金の悪口」は、お金を拒絶するのと同じこと
12「貧乏が美しい」という思い込みは間違っている
13お金持ちになりたければ、お金をほめて大事にすること
14お金持ちになるための遺伝子をスイッチオンする
15「お金がなくても幸せ」は、お金持ちが言う言葉
16楽しい気持ちでお金持ちになることを夢見よう
17「勝ち組遺伝子」の力で、思いもよらないチャンスが訪れる
18豊かな感情を注ぐとビジョンが現実化する
19富や成功につながる言葉で、豊かさの感覚が根づいてくる
20「これしかない」ではなく、「こんなにある」と考えよう

第3章 お金に好かれる自分をつくる!
──ちょっと意識を変えるだけで、ますますお金が舞い込んでくる

21「自己像」を変えれば、未来の自分が変わる
22「自分は豊かで幸せだ」と思っていると豊かになる
23優雅で快適な空間は、豊かさのイメージを広げる
24すべてに感謝できる人には、お金が近づいてくる
25物事のポジティブな面をとらえていると、人生が豊かになる
26ネガティブな心でいると、お金にどんどん嫌われる
27お金持ちになりたいなら、嫉妬してはいけない
28豊かになった他人の姿を想像するだけで、富がやってくる
29人と競争しなくても、ほしいものはすべて手に入る
30人を許すことで「快」になり、お金も幸せも呼び込める

第4章 この習慣が、あなたのお金をどんどん増やす!
──確実にほしいものを得、やりたいことを成功させるコツ

31「考え」を言葉の習慣に変えると、夢の実現に必要なものが生み出せる
32「自分には豊かな報酬を受ける権利がある」と口に出す
33「お金が絶え間なく増える」と自己暗示をかける
34ほしいものは、見てさわることで、手に入りやすくなる
35願望を強く意識に刻み込んだら、あとは流れにまかせてみる
36幸せを人と分かち合うビジネスこそが繁栄する
37ビジネスは、「自分だけが儲かる」から、「お客さんも儲かる」で変わる
38「失敗」という考えが浮かんだら、「成功イメージ」に置き替えてみる
39未来の成功イメージを持続し、言葉に出せば奇跡が起きる
40トラブルが起きた時ほど、心を穏やかにしていよう

第5章 この法則を知っていれば、一生お金に困らない!
──未来への希望を生み、わくわく実現させていく秘訣

41小さな富を手にした人は、大金持ちへのステップを踏んだこと
42「自分に訪れること」にいつも感謝すれば、成功はずっとつづく
43「一流」をたくさん体験することで、次々と豊かさを引き寄せる
44「お金があるのが当たり前」になると、とめどなくお金がやってくる
45税金は喜んで払わないと、富から見離される
46他人の富が増えるよう願えば、自分の富もどんどん増える
47「支出」は「収入」だと思えば、マイナスイメージが消える
48好奇心と遊び心を高めれば、豊かさは自然と集まってくる
49眠りにつくまえの祈りで、自分の願望が整理・強化できる
50この儀式で、明日の活力をつくり、未来の夢をかなえる

 本書は、筆者がブログ「見て歩く者」で毎週月曜日に更新している「出版業界関連の気になるニュースまとめ」記事の2017年更新分51本+αを、ジャンル別にまとめ直し加筆修正したものです。筆者が気になった“広義の”出版業界関連ニュースをピックアップし、独自の視点でコメントしてあります。電子出版関連が多めです。


縦書き向けの体裁変更や言い回しの微調整などを除き、基本的に記事を書いた当時のまま収録してあります。そのため、企業名や人物の肩書などが本書発行時点とは異なっている場合があります。また、記載してあるURLも公開当時のままであり、現時点ではウェブ上から姿を消している可能性があります(Internet ArchiveのWayback Machineなどを利用すると発掘できるかもしれません)。あらかじめご了承ください。


〈目次〉

はじめに

第一章 2017年の予想

第二章 フェイクニュースとの戦い

1 国内フェイクニュース関連

2 権利侵害・海賊版との戦い

3 FacebookとGoogle

4 ウェブメディアとマネタイズ

第三章 技術の革新・出版とウェブの融合

第四章 出版でも進む中抜き現象

1 出版社(者)による直接販売・直接配信

2 フリー〈無料〉が生み出すお金

3 セルフパブリッシングと投稿サイト

第五章 電子取次・電子書店の栄枯盛衰

1 電子取次の動き

2 キンドルストア関連

3 電子書店その他

第六章 出版社とデジタル

1 デジタル出版は儲かる? 儲からない?

2 出版社によるデジタル分野の取り組み

第七章 著者と編集者、出版社の動向

第八章 物理本の流通、書店と取次

1 取次関連

2 アマゾン関連

3 書店関連

4 古書市場

第九章 教育・図書館

第十章 法律・行政・規制

第十一章 読者の動向と、市況全般の分析や論評

1 読者

2 市況全般

3 出版状況クロニクル

第十二章 海外出版事情

第十三章 2017年回顧

おわりに

 3億4300万人が利用する世界第2位のソーシャルネットワーク、Google+の"最新"ガイドです。2013年7月10日のアップデート(+1アクティビティがストリームに流れるようになった)まで反映しています。Kindleストアのコンピュータ・IT部門ベストセラー1位になりました。


題名は「これから始める人にも、もう始めている人にも、きっと役立つためになる(と思う)」の略です。全6巻の1巻目で、Google+を利用する上での心構え、初期登録、設定についての解説になっています。横書き・左綴じです。


[目次]

はじめに

第1章 Google+って何なのさ?

(1)そもそもSNSって何なのさ?

(2)Google+はTwitterやFacebookやmixiと何が違うの?

(3)Google+は「実名制」なのか?

(4)Google+の何に魅力を感じているかを改めて考えてみた

Tips:画面の向こうにいる人との交流

第2章 Google+へ登録しよう

(1)新規でアカウント登録をするか、既存のものを使うか

(2)Googleアカウントを作成しよう

(3)Google+の通知を確認しよう

(4)Google+のおすすめユーザーをサークルに追加しよう

Tips:「Google+ おすすめ」について

(5)プロフィール情報を整えよう

(6)ホーム画面について

(7)Google+のメニューについて

(8)まずアカウント設定を確認しておこう

(9)おすすめのアカウント設定

(10)プロフィール情報の公開範囲を確認しよう

(11)プロフィール情報を充実させよう

(12)プロフィール情報をもっと充実させよう

(13)自己紹介代わりに一般公開投稿をしてみよう

(14)Google+をやめる方法

 3億4300万人が利用する世界第2位のソーシャルネットワーク、Google+の"最新"ガイドです。2013年3月8日の大幅アップデートまで反映しています。Kindleストアのコンピュータ・IT部門ベストセラーで、1巻が1位、2巻が3位、3巻が2位と、上位を独占しました。


題名は「これから始める人にも、もう始めている人にも、きっと役立つためになる(と思う)」の略です。全6巻の3巻目で、一般公開・限定公開などの仕様や、投稿・コメント方法、ハングアウト・コミュニティなどを利用した情報発信についての解説になっています。 横書き・左綴じです。


[目次]


第4章 Google+で情報を発信しよう

(1)一般公開と限定公開の違い

(2)限定公開の仕様を理解しておこう

Tips:壁の花メソッド

(3)サークルを指定して投稿してみよう

(4)コメントしよう

(5)再共有しよう

(6)+1しよう

(7)画像が貼れる、アルバムで管理できる

(8)画像を編集加工できる

(9)URLを貼るときサムネイル画像が選択できる

(10)動画が貼れる

(11)YouTube動画が貼れる

Tips:著作権を守ろう

(12)Googleドライブから共有できる

(13)GooglePlayなどから共有できる

(14)サークルが共有できる

(15)文字装飾ができる

(16)ハッシュタグが付けられる

(17)@付き投稿・コメントや直接共有で通知が送れる

(18)@付きコメントは公開範囲が広がる

(19)投稿ロックとコメント無効で自衛できる

(20)自分の投稿やコメントは編集・削除ができる

(21)自分の投稿へのコメントは削除できる

(22)チャットしてみよう

(23)ハングアウトしてみよう

(24)ハングアウトをオンエアしてみよう

(25)ローカルへクチコミを投稿してみよう

(26)イベントを企画してみよう

(27)コミュニティに参加して投稿やコメントしてみよう

(28)コミュニティを運営してみよう

 3億4300万人が利用する世界第2位のソーシャルネットワーク、Google+の"最新"ガイドです。2013年7月10日のアップデート(+1アクティビティがストリームに流れるようになった)まで反映した第2版です。Kindleストアのコンピュータ・IT部門ベストセラーで、1巻が1位、2巻が3位、3巻が2位と、上位を独占しました。


題名は「これから始める人にも、もう始めている人にも、きっと役立つためになる(と思う)」の略です。全6巻の2巻目で、サークル・スライダー・検索などの仕様、ローカルやコミュニティといった各種機能を使って情報収集をするための解説になっています。横書き・左綴じです。


[目次]


第3章 Google+で情報を収集しよう

(1)[フォロー・サークル]について

(2)[あなたのサークル]で、新しいサークルを作ってみよう

(3)複数の対象をまとめてサークル移動してみよう

(4)サークルの削除や名前・説明文の編集をしてみよう

(5)ブロック・ミュートについて

(6)[あなたをサークルに入れているユーザー]について

(7)どういうサークル分けをしたらいい?

(8)Googleコンタクト(連絡先)について

(9)キーワード検索をして同好の士を探そう

(10)検索条件を保存して、後から呼び出そう

(11)検索結果の画面もストリーム

(12)ストリームはタイムラインではない

(13)ストリームを流れる投稿量を調節しよう

(14)注目&おすすめの投稿ってなに? 表示したくない場合は消せるの?

(15)お知らせを確認しよう

(16)ストリームを流れる投稿 [1]文章、+1、再共有、ハッシュタグ

(17)ストリームを流れる投稿 [2]URL、画像、動画

(18)ストリームを流れる投稿 [3]サークル、Google+ページ、ビデオハングアウト、ハングアウトオンエア

(19)ストリームを流れる投稿 [4]ローカル、イベント、コミュニティ

(20)ストリームを流れる投稿 [5]YouTube動画、位置情報、ドキュメント、GooglePlayのコンテンツ

(21)投稿右上のメニューについて

(22)コメントについて

(23)リップルについて

(24)ハングアウトオンエアについて

(25)ローカルについて

(26)イベントについて

(27)コミュニティについて

©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.