とある一週間の記録写真

K'S Books

11 巻
ケイズ・スタジオ株式会社
無料サンプル

 この本は、24歳独身OLゆいかの一週間を七色の短歌と写真で綴った記録です。

月曜から順に、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫のイメージカラーで一週間が彩られ、イメージカラーごとの写真と、ゆいかが感じた思いが短歌として詠まれ、綴られています。女性ならではの視点で詠まれた短歌と、女性の視点によるイメージ写真をお楽しみください。短歌のイメージは若手ナレーターが実際に「音」として詠んでくれました。音声ファイルは、K's STUDIOのHP>電子書籍より視聴可能です。

http://www.ksstudio.jp

もっと見る
折りたたむ
読み込み中...

追加情報

出版社
ケイズ・スタジオ株式会社
もっと見る
折りたたむ
出版日
2014/03/23
もっと見る
折りたたむ
ページ
56
もっと見る
折りたたむ
ISBN
9784907360108
もっと見る
折りたたむ
もっと見る
折りたたむ
言語
日本語
もっと見る
折りたたむ
ジャンル
詩/アジア/日本
もっと見る
折りたたむ
コンテンツの保護
これは DRM 保護されたコンテンツです。
もっと見る
折りたたむ
読み上げ
Android 搭載端末で利用できます
もっと見る
折りたたむ
ファミリー ライブラリ対象

読書情報

スマートフォンやタブレット

AndroidiPad / iPhone 用の Google Play ブックス アプリをインストールしてください。このアプリがアカウントと自動的に同期するため、どこでもオンラインやオフラインで読むことができます。

ノートパソコンとデスクトップパソコン

パソコンのウェブブラウザを使用して Google Play で購入した書籍を読むことができます。

電子書籍リーダーなどのデバイス

Sony eReader や Barnes & Noble Nook などの E Ink デバイスで読むには、ファイルをダウンロードしてデバイスに転送する必要があります。サポートされている電子書籍リーダーにファイルを転送するには、ヘルプセンターの詳しい手順をご覧ください。
種田山頭火の傑作67作品を掲載しています!

種田山頭火は明治から昭和にかけて活躍した日本の俳人です。
自由律俳句の代表として、尾崎放哉と並び評価されています。
30歳の頃には、ツルゲーネフにかなり傾倒し、山頭火のペンネームでいくつかの翻訳をこなしました。
晩年は乞食のような生活をしながら放浪日記を書き続け、死後公開されました。

※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビの違いごとに一作品として紹介しています。

目次


赤い壺
赤い壺(二)
赤い壺(三)
道中記
独慎〔扉の言葉〕
故郷〔扉の言葉〕
其中日記(一)
其中日記(二)
其中日記(三)
其中日記(四)
其中日記(五)
其中日記(六)
其中日記(七)
其中日記(八)
其中日記(九)
其中日記(十)
其中日記(十一)
其中日記(十二)
其中日記(十三)
其中日記(十三の続)
其中日記(十四)
其中日記(十五)
行乞記(一)
行乞記 三八九日記
行乞記(二)
行乞記(三)
行乞記 室積行乞
行乞記 北九州行乞
行乞記 伊佐行乞
行乞記 大田
行乞記 山口
行乞記 仙崎
行乞記 大田から下関
行乞記 広島・尾道
『鉢の子』から『其中庵』まで
俳句に於ける象徴的表現
遍路の正月
歩々到着
一草庵日記
述懐
片隅の幸福
砕けた瓦
鎖ペンを握って
草と虫とそして
松山日記
道〔扉の言葉〕
水〔扉の言葉〕
物を大切にする心
寝床〔扉の言葉〕
最近の感想
三八九雑記
四国遍路日記
白い花
白い路
草木塔
旅日記
旅日記 昭和十三年
旅日記 昭和十四年
鉄鉢と魚籃と
漬物の味〔扉の言葉〕
私の生活
私の生活(二)
私を語る
夜長ノート
雑記
雑信(一)
雑信(二)

正岡子規の傑作62作品を掲載しています!

正岡子規は明治時代に活躍した日本の俳人です。
日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人でした。
俳句雑誌『ホトトギス』を創刊し、俳句分類や与謝蕪村などを研究し、俳句の世界に大きく貢献しました。
短歌においても、「歌よみに与ふる書」を新聞『日本』に連載。古今集を否定し万葉集を高く評価しました。

※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビの違いごとに一作品として紹介しています。

目次


曙覧の歌
あきまろに答ふ
墨汁一滴
病牀苦語
病牀六尺
病牀瑣事
病牀譫語

読書弁

古池の句の弁
再び歌よみに与ふる書
権助の恋
俳人蕪村
俳諧大要
俳句上の京と江戸
俳句の初歩

花枕
煩悶
初夢
人々に答ふ

字餘りの和歌俳句
従軍紀事
かけはしの記
鎌倉一見の記
寒山落木 卷一

句合の月
くだもの
九月十四日の朝
九月十四日の朝
熊手と提灯
雲の日記
萬葉集を讀む
萬葉集卷十六
明治卅三年十月十五日記事
飯待つ間
夏の夜の音
日光の紅葉
ランプの影

車上の春光
死後
刺客蚊公之墓碑銘
小園の記
すゞし

旅の旅の旅
高尾紀行
徒歩旅行を読む
東西南北序
土達磨を毀つ辞
歌よみに與ふる書
歌よみに与ふる書
わが幼時の美感

闇汁圖解
四百年後の東京
夜寒十句

©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。