シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (吹替版)

2016年 • 148分
4.5
595 件のレビュー
90%
Tomatometer
利用可能
ウェブブラウザまたは対応デバイスで視聴してください。詳細

この映画について

世界の危機を救ってきた“アベンジャーズ”が、国連の管理下に置かれることを巡り、激しく対立するアイアンマンとキャプテン・アメリカ。さらに、ウィーンで起こったテロ事件の犯人として、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが指名手配された。それを機に、“アベンジャーズ”はついに分裂する。“スパイダーマン”も参戦し、あの“アントマン”も登場、更に父の復讐に燃える“ブラックパンサー”がバッキーを狙う。新たな世界を揺るがす“禁断の戦い(シビル・ウォー)”がはじまる――友情によって引き裂かれた彼らの行方は?そして、驚愕の結末とは・・・。マーベル・スタジオが贈るアクション超大作!
4.5
595 件のレビュー
Ma
2016年9月24日
なんだかんだありましたが最高でした ペギーの死はドラマも見ていたので泣きかけました。映画は素晴らしかったね。失って得るもの・得て失うものがあるってことが話の中心内容になっていたのではないか。と思いますね キャプテンだとペギーという大切な人を失ったが立派な覚悟を得ましたねアイアンマンだと人々を救うスーツを得ましたがペッパーを失いかけてましたね ペッパーとは、トニーの恋人なのでアイアンマン単独映画でもアベンジャーズでも現在のトニーとペッパーとの仲の様子は明らかになっていたなかったのでアイアンマン4出るかもって期待できますね 劇場版映画では【スパイダーマン ホームカミング】の予告がありましたね 感想は結構長文になってしまうので笑
61 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
Jzゆしば
2017年10月7日
なんというか、全員正しく間違ってるの一言かなぁ。復讐にしても守るにしても、間違っている!と批難できない部分がモヤモヤした面白さだったと思うが、総じて言える事が、洋画でありがちな言葉足らずでイザコザの典型って事かな。 特にキャップ、殴り合う前の話し合いに、その証明も無く勝手に喚いて、信じてもらえないから強行突破はどうなのかと。あと友情を重んじて行動してる割に、最後のスタークの気持ちはどうでもいいのかと、数発殴らせて頭を冷やせ!なら分からなくもないが、逃げろと言った挙句ガチの殴り合い始めたら、そりゃ拗れるだけだろと。そういう意味で、他の方達もキャップの評価改めたんじゃないかなとレビュー見て思ったな。
22 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
tapioka tapio
2018年5月7日
バッキーが洗脳されて人殺していたけどバッキーは洗脳状態で命令されたら言う事を絶対に聞いてしまう、、洗脳して誰々を殺せと言ったやつが本当は悪いけど殺したのはバッキーで、、、 親を殺されたトニーもあんなビデオ見せられたら怒るのも当然で、、、 すごい仲のいい友達が洗脳されているのを助けるキャプテンも分からなくもない、トニーに秘密にしてた気持ちも分かるし バッキーは被害者でもあり加害者でもあってトニーとキャプテンはヒーローであってヒーローではないのかもしれない はたから見たらヒーローだけどそのヒーローに事故だとしても親、家族、親友を殺されたらヒーローには見えないよねきっと、、色々考えさせられる映画です。 ちなみに自分はあの性格のキャプテンが好きです(^^)笑 情に熱い感じが人間らしくてとてもよいです!
4 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました