アトム ザ・ビギニング

4

大災害後の日本に、未来を夢見るふたりの天才がいた。ひとりは天馬午太郎。もうひとりはお茶の水博志。天馬はその手で「神」を作り出すことを、お茶の水はその手で「友」を作り出すことを夢見て、日夜ロボット研究に明け暮れていた。そしてふたりの友情が生み出した1体のロボット、A106(エーテンシックス)。A106は果たして「神」となるのか「友」となるのか。若き天才コンビは、来るべき未来を垣間見る――。(C)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO'S/アトム ザ・ビギニング製作委員会
もっと見る
2017/07/08
シーズンのみ

シーズン 1
エピソード 12

「ああ、僕はこのまま、ひとりで壊れていくんだな」。ロボレスの決勝戦を“思い出す”A106。A106が再起動した時、お茶の水が見せてくれたのはロボレス大会の優勝トロフィーだった。フラッシュバックする記憶の中に蘇るロボレスでの試合風景。A106の中に次々と蘇っていくさまざまなメモリ。徐々に修理されていくA106。A106の中に目覚めようとしているものは何なのか……。(C)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO'S/アトム ザ・ビギニング製作委員会
現在、この番組は利用できません
2017/04/15
シーズンのみ
2017/04/22
シーズンのみ
2017/04/29
シーズンのみ
2017/05/06
シーズンのみ
2017/05/13
シーズンのみ
2017/05/20
シーズンのみ
2017/06/03
シーズンのみ
2017/06/10
シーズンのみ
2017/06/17
シーズンのみ
2017/06/24
シーズンのみ
2017/07/01
シーズンのみ
2017/07/08
シーズンのみ
4.8
4 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

追加情報

音声の言語
日本語(ステレオ)
ファミリー ライブラリ対象
指定のお支払い方法を使用して購入したコンテンツは共有できます。詳細
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。