HOMELAND/ホームランド (字幕版)

2011 • FOX CRIME
4.6
158 件のレビュー
利用可能
ウェブブラウザまたは対応デバイスで視聴してください。詳細

シーズン 8v2 エピソード(6)

1 F**ker Shot Me
20/6/26
シーズンのみ
投降したハッカニをグロムに引き渡したソール。公正な裁判を求めたものの、らちがあかないと踏んだ彼はウェリントンらと打開策を相談するが、そこに突然ヘイズ大統領が現われる。一方、キャリーはマックスを捜すためにグロモフと行動を共にしていた。手がかりを探して彼に連れられていった村で、彼女はある光景を目にする。
2 Threnody(S)
20/6/26
シーズンのみ
ハッカニの息子ジャラールはマックスを人質に取り、ハッカニの死刑が遂行されたら人質を殺すとアメリカを脅す。ヘイズたちがグロムに死刑の延期を掛け合う一方で、カブールにいるソールたちは救出作戦を検討する。しかし、作戦が成功する確率が五分五分と知って怒ったヘイズは、ゼイベルの口車に乗ってしまう。
3 In Full Flight
20/6/26
シーズンのみ
グロモフと共にヘリのフライトレコーダーを追うキャリーは、マックスが手がかりとして言い残した町を目指す。一方、ワシントンに呼び戻されたソールはゼイベルと対峙し、アフガニスタン政策を改めさせようとする。同じ頃、ジャラールの元へと向かっていたタスニームは、想像とは違う光景を目の当たりにしていた。
4 Designated Driver
20/6/26
シーズンのみ
グロモフにフライトレコーダーを奪われたキャリーは、旧友の力を借りてバグラム飛行場へ向かう。ヘリの整備を担当した男にレコーダーの内容を確認するためだった。一方、ワシントンでは戦術核兵器を配備したパキスタンの対応を巡り、大統領とゼイベルが大使に猛抗議していた。そこでウェリントンは大使にある提案をする。
5 The English Teacher
20/6/26
シーズンのみ
裁判を受けるためアメリカに送還されたキャリーは、自爆テロの件を知り、治療のために移送されたジェナを待ち伏せする。手の内を明かして協力を求めるキャリーだったが、拒絶されてしまう。一方、ソールは再びゼイベルと対峙していた。自爆テロはパキスタンの策略だと主張するゼイベルに対して、ソールは対話を提案する。
6 Prisoners of War
20/6/26
シーズンのみ
国連から戻ったソールは、大統領がパキスタンへの強硬姿勢を崩さないと聞いて説得に赴くが、待っていたのはゼイベルだった。一方、タスニームの会見を見たキャリーはエフゲニーの使いであるシャーロットの元へ向かう。そこで渡されたのは2種類の薬物だった。同じ頃、ソールの家にはキャリーの姉のマギーが姿を見せていた。

この番組について

米TV界の2大アワード、エミー賞&ゴールデングローブ賞作品賞及び主演女優賞をダブル受賞、本年度No.1の話題作!『24-TWENTY FOUR-』の製作陣が再び全米を熱狂させた超一級サスペンス。テロを未然に防ぐべく闘うCIAと"戦争の英雄"の息詰る攻防戦をスリリングに描いた『HOMELAND/ホームランド』は、アメリカの現代社会が抱える闇に鋭く切り込み、スピーディな展開でぐいぐいと観る者を引き込んでいく。
4.6
158 件のレビュー
Masato SATOH
2021年1月12日
基本体にCIAのプロパガンダだけど現代社会の病と分断が早くも予言されていた。決死の立て籠りは現実では国会議事堂前への狂気の乱入となり現実が作品をこえてしまった、アメリカの主戦場は中東から東アジアに移ったけどオンラインでの戦いは今も続いている。フィクションだが当時の社会背景を予習すると何倍も楽しめる作品。それにしてもアメリカのやってることは相当エグい。こんなことが自分達の身の回りでも起きているんだろうか。
Yosito Simanaka
2016年3月29日
24のような暴力的な派手さはないが展開が次々変化して非常に面白い。シーズン5から見たが、1から見たら面白さは倍増しているのだろう。
33 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
加茂忍
2018年12月29日
Breaking Badは最高なドラマだったけど、このホームランドの演出力、緊迫感、予期せぬ展開も素晴らしい。邦ドラマにそこ迄の作品が無いことが悔しくも思う。