Blabo!(ブラボ)ー ひとことで、生みの親。

Translate the description into English (United States) using Google Translate?Translate the description back to Japanese (Japan)

「ひとことで、生みの親。」

クリエイティブな職業についていなくてもまったく問題ありません。学生さんも、お父さんも、お母さんも誰でも気軽に参加できます。
主催者から出されるお題に「わたしだったらこうするかなあ」という発想をシェアするシンプルなアプリです。

【Blabo!の主な特徴 】
◆商品開発のお題から発想力を鍛えるお題まで
・あなたが企画者になって商品開発、コピーライティング、地域プロデュースに参加できます。
・問題解決のプロが監修するお題で、楽しみながら発想力を伸ばせます。
・全国のユーザー同士でアイデアをシェアしあって、毎日の暮らしや働き方を改善していけます。

◆思わず考えることが楽しくなります
・あなたが気になるテーマや得意な分野のお題を見つけましょう。
・Blabo!のお題はすべてプロのアイデアマンが楽しく考えらえるように作っています。

◆アイデアからはじまるコミュニケーション
・Blabo!には、日本中から2.3万人のユーザーが参加しています。
・お題の出題者である有名企業の商品開発担当も会話に参加してアイデアをふくらませてくれます。

◆アイデアは商品化されたり、サービスとして実現します。
・ハウス食品のシチュー、中古車ガリバーの大型店舗、鳥取県のお餅まで50を超えるアイデアが実現しています。
・「生活者の声から生まれた商品」の証であるBlabo!マークとユーザーアイデアと一緒に販売されることもあります。

-----------------------------------------------------
<メディア掲載実績>
NHKクローズアップ現代、フジテレビめざましテレビ / ニュースJAPAN、日本経済新聞、朝日新聞社、読売新聞社、
東洋経済オンライン、共同通信社、J-WAVE、エル・ジャポン、ソトコトなど取材多数

<Blabo!を活用した企業例>
キリンビール、ハウス食品、森永乳業、コクヨ、ロッテ、貝印、ベネッセ、三井不動産をはじめとした暮らしをよくする
企業様から鳥取県、神奈川県、経済産業省など行政機関まで多数

<Blabo!の沿革>
・2014年
7月 キリンビール、森永乳業、ハウス食品、貝印などメーカーへのBlabo!の導入が加速
10月 Blabo!ユーザーがプロデュースした中古車ガリバー店舗がイオンモール木更津にオープン
11月 Blabo!ユーザーがプロデュースした鳥取県のお餅が発売され、売上が4倍に成長

・2015年
8月 鳥取県、神奈川県、三重県桑名市、福岡県柳川市と全国の自治体にBlabo!の導入が加速
10月 Blabo!が日本で最も名誉あるデザイン賞『グッドデザイン賞2015』を受賞
10月 Blabo!と鳥取県のプロジェクトがデザイン賞『グッドデザイン賞2015』を受賞

・2016年
9月 Blabo!ユーザーのアイデアが詰まったハウス食品シチューミクスが発売
10月 Blabo!の発想法をまとめた『問題解決ドリル(ダイヤモンド社)』が発売
11月 iOS版 Blabo!アプリが登場。

・2017年
5月 リクナビNEXT、NHKスペシャル、旭食品、ローソンなどBlabo!の導入が加速
6月 Android版 Blabo!アプリが登場。

・2018年
1月 Blabo!がNHK BS「経済フロントライン」で紹介
-----------------------------------------------------

「本当はこうだったらいいのになあ」と街を歩いているとき。
お菓子を食べてるときに思いついたとき。
仕事の気分転換をしたいとき。電車の中でクリエイティブな気分になりたいとき。
Blabo!(ブラボ)はいつもあなたが参加してくれることを待っています。

楽しめたら、レビューでコメントくださいね。
"In a word, the parent of birth."

It doesn't matter at all if you do not have a creative career. Students, fathers and mothers are all welcome to join.
It is a simple app that shares the idea of ​​"If I would do this," the theme given by the organizer.

[Main Features of Blabo!]
◆ From the subject of product development to the subject of training your imagination
-You can be a planner and participate in product development, copywriting, and regional production.
・ This is a subject supervised by a problem-solving professional, and you can extend your thinking while enjoying it.
・ You can share ideas with other users across the country to improve your daily life and working style.

◆ It will be fun to think involuntarily
・ Find the theme you are interested in and the subject matter you are good at.
・ The theme of Blabo! Is designed to make it easy for professional ideamen to think.

◆ Communication starting from ideas
・ Blabo! Has 23,000 users from all over Japan.
・ The product development manager of a well-known company who is the subject of the subject also participates in the conversation and gives ideas.

◆ The idea is commercialized or realized as a service.
・ More than 50 ideas have been realized for house food stew, large used car Gulliver stores, and Tottori prefecture chopsticks.
・ It may be sold together with the user idea and the Blabo! Mark, which is a testimony of "a product born from the voice of a consumer."

-------------------------------------------------------- ---

NHK Close-Up Contemporary, Fuji Television Network, News Japan, Nihon Keizai Shimbun, Asahi Shimbun, Yomiuri Shimbun,
Many interviews such as Toyo Keizai Online, Kyodo News Service, J-WAVE, El Japon, Sotokoto


We make life including Kirin beer, house food, Morinaga milk industry, Kokuyo, Lotte, shellfish mark, Benesse, Mitsui Fudosan better
Many companies, from Tottori Prefecture, Kanagawa Prefecture, the Ministry of Economy, Trade and Industry, etc.

History of
·2014
July The introduction of Blabo! To manufacturers such as Kirin Beer, Morinaga Milk Industry, House Food, Shellfish mark accelerates
A second-hand car Gulliver store produced by Blabo! User opens in Aeon Mall Kisarazu in October
November Tobotori chopsticks produced by Blabo! Users are released and sales quadruple

・ 2015
August Introduction of Brabo! Accelerates in Tottori Prefecture, Kanagawa Prefecture, Haruna City, Mie Prefecture, Yanagawa City, Fukuoka Prefecture and local governments throughout Japan
October Blabo! Wins Japan's most prestigious design award "Good Design Award 2015"
October Blabo! And Tottori Project win Design Award 'Good Design Award 2015'

・ 2016
September Blabo! House Food Stew Mix Launched with User Ideas Launched
October “Problem Solving Drill (Diamond Co.)” is released with a summary of Blabo!
November iOS version Blabo! App appeared.

・ 2017
May Rikunabi NEXT, NHK Special, Asahi Foods, Lawson and others introduce Blabo!
June Android version Blabo! App appeared.

・ 2018
January Blabo! Introduced on NHK BS "Economic Frontline"
-------------------------------------------------------- ---

When you are walking in the city saying, "I really wish it was this."
When you think of it when you are eating sweets.
When you want to change your work. When you want to feel creative on the train.
Blabo! Is always waiting for you to join us.

If you enjoy it, please comment in the review.
Read more
Collapse
3.9
12 total
5
4
3
2
1
Loading...

Additional Information

Updated
May 21, 2019
Size
7.2M
Installs
1,000+
Current Version
2.2.7
Requires Android
5.0 and up
Content Rating
Interactive Elements
Users Interact
Permissions
Offered By
Blabo Inc.
Developer
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-22-3 広尾西川ビル5F
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.