CPDT Benchmark〉Storage﹣Memory﹣RAМ﹣Disk﹣SSD

全ユーザー対象
130
Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

Note: only internal memory test is available on Android 11.

CPDT (Cross Platform Disk Test) is a performance benchmarking app that measures I/O speed of permanent storage (internal memory/NAND/NVMe/UFS/SD card) and system memory (RAM).

This app has Windows, macOS and Linux v̲e̲r̲s̲i̲o̲n̲s̲ which allow to consistently run tests across devices and operating systems. They can be download at the web site: https://maxim-saplin.github.io/cpdt_results/?download

In-app results database makes it possible to compare your phone’s performance to other Android smartphones (e.g. Samsung Galaxy Note 10, Xiaomi Redmi 7 etc.) and a wide variety of hardware (iPhones, Macs, Windows PCs, Android TV Players etc.)

The benchmarking suite includes the following 5 tests:

◉ Permanent storage tests

╰┄◎ Sequential write

╰┄◎ Sequential read

╰┄◎ Random write(4KB block)

╰┄◎ Random read (4KB block)

◉ RAM test

╰┄◎ Memory copy

- test results are given as throughput values measured in MB/s (megabytes per second).

Various settings are available in Options menu and let users control:

◉ Test file size

╰┄◎ 0.5GB ┄◎ 1GB ┄◎ 2GB ┄◎ 4GB ┄◎ 8GB ┄◎ 16GB

◉ Write buffering

╰┄◎ On ┄◎ Off

◉ In-memory file caching

╰┄◎ On ┄◎ Off

For sequential tests the app builds time-series graphs, for random tests - histograms. Test results can be exported to CSV for further analysis (each row containing block position in the test file and throughput measured).

How is CPDT different from other apps? Most popular benchmarks focus on CPU/GPU (such as Geekbench, AnTuTu) and completely ignore storage performance.

Storage and memory benchmarks rarely let users change any settings and limited to specifying test file size. Controlling buffering or caching is not possible (e.g Androbnech) or require device reloading (e.g. A1 SD).

Caching is a mechanism which significantly influences test results. If it is ON test results are affected by RAM speeds and it’s not possible to isolate permanent storage performance in such tests. Cold read scenarios (e.g. device boot or first-time application start) can not be described by cached reads. Same situation is with buffering which affects write tests. Buffering uses RAM for temporary storing data before persisting it to storage.

CPDT deals with both caching and buffering and by default those are OFF which makes it possible to consistently measure and compare permanent storage performance across devices and operating systems.

Why is storage and memory performance important? It directly affects the level of “perceived” performance. UI freezes can be described in many cases by stutters at storage level. E.g. displaying a loaded web page in browser when it requests data from disk, scrolling pictures in gallery app (imaging scrolling thousands of them), or going down an Instagram feed (previously loaded images will be requested from cache stored on disk).

Chromebook users can use this app after enabling Google Play. In order to access SD/Memory Card the app must be granted “Storage permission” in Google Play setting of Chrome OS.

!OTG Support is NOT guaranteed! If you plug an external card reader or USB flash drive into your device, it might work or it might not. E.g. Samsung Galaxy S8 with Android 8 and Note 10 with Android 10 work fine. Xiaomi Mi8SE (Android 9), Meizu 16th (Android 8.1) and LG Nexus 5x (Android 6) don't work (though you'll still be able to see the drive in the system). Why is that? Android OS doesn't have a consistent model working with externally connected storage devices. Some device manufacturers do a good job (such as Samsung) by properly mounting the device and making it available via default API (Context.getExternalFilesDir()). Others require tricks or implementing manufacture specific APIs.

The project is open-source and you're welcome to visit it's page at GitHub:
https://github.com/maxim-saplin/CrossPlatformDiskTest
注:Android11では内部メモリテストのみが利用可能です。

CPDT(Cross Platform Disk Test)は、永続ストレージ(内部メモリ/ NAND / NVMe / UFS / SDカード)とシステムメモリ(RAM)のI / O速度を測定するパフォーマンスベンチマークアプリです。

このアプリには、Windows、macOS、Linuxがあり、デバイスやオペレーティングシステム間で一貫してテストを実行できます。これらは次のWebサイトからダウンロードできます:https://maxim-saplin.github.io/cpdt_results/?download

アプリ内結果データベースを使用すると、スマートフォンのパフォーマンスを他のAndroidスマートフォン(Samsung Galaxy Note 10、Xiaomi Redmi 7など)やさまざまなハードウェア(iPhone、Mac、Windows PC、Android TVプレーヤーなど)と比較できます。

ベンチマークスイートには、次の5つのテストが含まれています。

◉永続的なストレージテスト

╰┄◎シーケンシャル書き込み

╰┄◎シーケンシャルリード

╰┄◎ランダム書き込み(4KBブロック)

╰┄◎ランダム読み取り(4KBブロック)

◉RAMテスト

╰┄◎メモリコピー

-テスト結果は、MB /秒(メガバイト/秒)で測定されたスループット値として示されます。

[オプション]メニューにはさまざまな設定があり、ユーザーは次のことを制御できます。

◉テストファイルサイズ

╰┄◎0.5GB┄◎1GB┄◎2GB┄◎4GB┄◎8GB┄◎16GB

◉書き込みバッファリング

╰┄◎オン┄◎オフ

◉インメモリファイルキャッシング

╰┄◎オン┄◎オフ

順次テストの場合、アプリは時系列グラフを作成し、ランダムテストの場合はヒストグラムを作成します。テスト結果は、さらに分析するためにCSVにエクスポートできます(各行には、テストファイル内のブロック位置と測定されたスループットが含まれます)。

CPDTは他のアプリとどう違うのですか?最も人気のあるベンチマークは、CPU / GPU(Geekbench、AnTuTuなど)に焦点を当てており、ストレージのパフォーマンスを完全に無視しています。

ストレージとメモリのベンチマークでは、ユーザーが設定を変更できることはめったになく、テストファイルサイズの指定に制限されています。バッファリングまたはキャッシュを制御することはできません(例:Androbnech)、またはデバイスのリロードが必要です(例:A1SD)。

キャッシングは、テスト結果に大きな影響を与えるメカニズムです。オンの場合、テスト結果はRAM速度の影響を受け、そのようなテストで永続的なストレージパフォーマンスを分離することはできません。コールドリードのシナリオ(デバイスの起動やアプリケーションの初回起動など)は、キャッシュされた読み取りでは説明できません。同じ状況は、書き込みテストに影響を与えるバッファリングの場合です。バッファリングは、データをストレージに永続化する前に、データを一時的に保存するためにRAMを使用します。

CPDTは、キャッシュとバッファリングの両方を処理します。デフォルトでは、これらはオフになっているため、デバイスやオペレーティングシステム全体で永続的なストレージパフォーマンスを一貫して測定および比較できます。

ストレージとメモリのパフォーマンスが重要なのはなぜですか?これは、「知覚される」パフォーマンスのレベルに直接影響します。 UIのフリーズは、多くの場合、ストレージレベルでのスタッターによって説明できます。例えば。ディスクからのデータを要求するときにブラウザにロードされたWebページを表示する、ギャラリーアプリで画像をスクロールする(何千もの画像をスクロールすることをイメージする)、またはInstagramフィードを下る(以前にロードされた画像はディスクに保存されたキャッシュから要求されます)。

Chromebookユーザーは、GooglePlayを有効にした後にこのアプリを使用できます。 SD /メモリカードにアクセスするには、ChromeOSのGooglePlay設定でアプリに「ストレージ権限」が付与されている必要があります。

!OTGサポートは保証されません!外付けのカードリーダーまたはUSBフラッシュドライブをデバイスに接続すると、機能する場合と機能しない場合があります。例えば。 Android8を搭載したSamsungGalaxyS8およびAndroid10を搭載したNote10は正常に動作します。 Xiaomi Mi8SE(Android 9)、Meizu 16th(Android 8.1)、およびLG Nexus 5x(Android 6)は機能しません(ただし、システム内のドライブは引き続き表示されます)。何故ですか? Android OSには、外部接続されたストレージデバイスで動作する一貫したモデルがありません。一部のデバイスメーカー(Samsungなど)は、デバイスを適切にマウントし、デフォルトのAPI(Context.getExternalFilesDir())を介して利用できるようにすることで優れた仕事をしています。その他には、トリックや製造固有のAPIの実装が必要です。

このプロジェクトはオープンソースであり、GitHubのページにアクセスしてください。
https://github.com/maxim-saplin/CrossPlatformDiskTest
もっと見る
折りたたむ
4.4
130 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込んでいます…

新機能

- Fixed Chinese translations
- Taiwanese localization
- Minor fixes
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2021年5月24日
サイズ
12M
インストール
100,000+
現在のバージョン
2.3.9
Android 要件
4.4 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Maxim Saplin
©2021 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。