MetaMoJi ClassRoom

1万+
ダウンロード数
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像

このアプリについて

MetaMoJi ClassRoomは、学校向けの製品です。個人のお客様はご利用いただけません。
MetaMoJi ClassRoomのご利用には専用のアカウントが必要です。

MetaMoJi ClassRoomは、子どもの成長や授業内容に合わせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できるリアルタイム授業支援アプリです。
小学校低学年から中学・高校まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援します。


■ アクティブ・ラーニングを支援する MetaMoJi ClassRoom の3つの特長 ■

◎豊かな表現力
最大2,500倍の超拡大で、紙とペンのように自由自在に表現できます。写真や音声による表現も可能で、子どもたちの思考力・表現力を豊かに高めます。

◎超リアルタイムな画面共有
生徒一人ひとりの学習状況をリアルタイムにモニタリングしたり、生徒同士で協働的に学習できます。

◎さまざまな学習で使える
教材を選ばない汎用性の高さで幅広い授業形態(一斉学習、個別学習、協働学習)に対応します。授業での活用はもちろん、校外学習、家庭学習、職員室での利用にも最適です。


■ MetaMoJi ClassRoom の主な機能 ■

◎豊富なペン種と色のバリエーション。図形描画も手書きで簡単に
・豊富なペン種(丸ペン・蛍光ペン・カリグラフィーペン・万年筆・筆)を搭載
・フルカラーに対応
・ペンの太さ、色の不透明度も調整可能
・図形描画モードで、フリーハンドで直線や円を簡単に描ける

◎複数の写真を自由に貼り付け。切り抜きもOK
・写真を何枚でも好きな場所に貼れる
・写真の大きさの変更や回転ができる
・写真を好きな形に切り抜ける

◎最大2,500倍の拡大縮小で、紙以上に緻密に文字を書き込める
・画面を拡大して細かい文字や絵を書き込める
・1枚のシートにたくさんの情報をまとめることができる
・書いた文字や絵はベクトルデータとして記憶しているので、拡大しても劣化しない

◎アイテム、ふせん、Webページを貼り付け
・アイテムやふせん、Webページの貼り付けが可能
・先生が配付した部品を、生徒が自由に配置できる
・アイテムを登録して再利用も可能

◎音声機能を搭載。録音・再生を学習に活用
・音声ボタンを配置して、簡単に録音/再生ができる
・英語や音楽など、音声を利用した学習に活用できる

◎授業を円滑に進め活性化させる、リアルタイムな画面共有
・生徒一人ひとりの学習状況をリアルタイムにモニタリング
・先生がモニタリング画面から、個別にアドバイスできる
・クラス・グループで、画面共有・同時編集
・生徒同士で答えを見合ったり、採点し合ったりできる
・生徒の画面をロックして操作できなくする「先生に注目モード」

◎QRコードによる簡単ログイン/マルチアカウント対応
・学年/組/出席番号の入力によるログインのほか、QRコードによるログインにも対応
・マルチアカウント対応で、1台のタブレットを複数人で共有可能

◎狭帯域のネットワーク環境でも快適に動作
・ネットワークへの負荷が少なく、数十人が同時編集しても軽快に動作
・MetaMoJiクラウド版では、40人のクラスが10クラス以上、同時に編集可能

■動作環境
・Androidアプリを正式サポートするタッチパネル対応のChromebook
・メモリ4GB以上推奨
※Android端末はサポート対象外です。
最終更新日
2023/03/21

データ セーフティ

データの安全は、デベロッパーによるユーザーデータの収集、共有方法を理解することから始まります。データのプライバシーとセキュリティの方針は、アプリの使用方法、ユーザーの年齢やお住まいの地域によって異なることがあります。この情報はデベロッパーから提供されたもので、更新されることがあります。
第三者と共有されるデータはありません
このアプリは以下の種類のデータを収集することがあります
個人情報、写真と動画、他 3 件
データは送信中に暗号化されます
データを削除するようリクエストできます

最新情報

以下の機能を追加しました。
・モニタリング機能の拡充
 (児童生徒がどのページに取り組んでいるかがわかるモードを追加)
・複数ノートの一括配布
・複数ノートの結合
・授業ノートの復元
・授業ノートの別途保存を禁止
・インポートできる音声形式の追加(MP3、WAV、AAC)
・その他、細かな改善