HWD WiMAX2+ リモコン for W01 / W02 / W03 / W04

Contains Ads
Translate the description into English (United States) using Google Translate?Translate the description back to Japanese (Japan)

遠隔操作で、ウェイクアップスリープ(※1)、再起動シャットダウンを行うために作成しました。

カバンの中にルーターを入れたままにして、ウェイクアップ⇔スリープを行うといったような使い方を想定しています。

ファーウェイ製 WiMAX 2+ ルーター Speed Wi-Fi NEXT W01 (HWD31) と W02 (HWD33)、W03 (HWD34)、W04 (HWD35) (※2)に対応しています。

ファーウェイの公式アプリ HiLink でもウェイクアップ・再起動・シャットダウンは行えますが、操作に手間がかかるため、ウェイクアップ⇔スリープ、再起動・シャットダウンの機能だけに特化したアプリとして、作成しました(※3)。

【設定方法】

パスワードの登録と、ルーターの登録が必要となります。アプリの画面上部のメニューから設定画面を開いて、「パスワード」と、「デバイスの発見・登録」の設定を行ってください。

1. パスワード
ルーターの Web 管理画面 http://speedwifi-next.home/ で使うパスワードです。アプリがルーターを操作するために必要となります。管理画面やパスワードについては、取扱説明書(「Speed Wi-Fi NEXT 設定ツールについて」)を参照してください。
W01: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w01_torisetsu.pdf
W02: http://download-c1.huawei.com/download/downloadCenter?downloadId=72705&version=398948&siteCode=jp
W03: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w03_torisetsu.pdf
W04: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w04_torisetsu.pdf

2. デバイスの発見・登録
ルーターがスリープ状態に入っている状態で、「デバイスの発見・登録」をタップすると、Bluetooth LE によってルーターを探し出し、登録することができます(※4)。スリープ状態のルーターをウェイクアップするために必要となります(※5)。
ルーターをスリープ状態にするには、(1) ルーターに Wi-Fi で接続している端末が 0 台であること、(2) 充電中ではないこと、(3) クイックアクセスモードが OFF になっていること、が必要です。さらに、「LAN 設定 > 基本設定 > Wi-Fi自動停止時間」で設定された時間(5、10、15分)を経過してから、初めてスリープ状態に入ります。またルーターの電源ボタンを押すと、その時点でスリープが中断します。管理画面や設定については、取扱説明書(「Speed Wi-Fi NEXT 設定ツールについて」)を参照してください。
W01: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w01_torisetsu.pdf
W02: http://download-c1.huawei.com/download/downloadCenter?downloadId=72705&version=398948&siteCode=jp
W03: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w03_torisetsu.pdf
W04: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w04_torisetsu.pdf

【使い方】

A. スリープ解除
スリープ状態のルーターをウェイクアップします。Bluetooth や Wi-Fi のオンなどはアプリが自動で行います。
※画面中央の広告の読み込みによって、インターネットがちゃんとつながったかどうかを確認することもできます。

B. スリープ
本アプリをインストールしている端末の Wi-Fi 通信をオフにすることで、ルーターが一定時間経過後にスリープに入るようにします。(※1)
スリープに入るまでの時間は、ルーターの Web 管理画面 http://speedwifi-next.home/ で設定できます。設定 > LAN 設定 > 基本設定の「Wi-Fi自動停止時間(分)」で最短の 5 分の設定にしておくといいでしょう。

C. 再起動
ルーターを再起動します。
※画面中央の広告の読み込みによって、インターネットがちゃんとつながったかどうかを確認することもできます。

D. シャットダウン
ルーターをシャットダウン(電源オフ)します。長押しでシャットダウンすると、本アプリをインストールしている端末の Wi-Fi もついでにオフにします。



(※1)スリープ機能は、Wi-Fi 無通信の状態でルーターで設定している一定時間が経過後に、スリープに入ります。その場で直ちにスリープに入るわけではありません。これは本アプリの問題ではなく、ルーターのハードウェア的な仕様上の問題です。本アプリのスリープ機能を使っても、一定時間経過前に端末の Wi-Fi をオンにしたら、スリープに入らない場合があります。
また、アプリを使用している端末以外に、Wi-Fi 通信を行っている機器が存在したり、ルーターを充電している場合には、本アプリのスリープ機能を使っても、一定時間経過後であってもスリープに入らない場合があります。

(※2)実機テストは W01 のみで行っており、W02 〜 W04 では実際のテストは行っていませんが、W01 と仕様が同じである限り、問題なく動作するはずです。

(※3)通信量をチェックしたりなどといった機能に関しては、ファーウェイ公式の HiLink を始めとして、他の作者様の既存のアプリが存在しますので、是非そちらをお使いください。

(※4)Android 6.0 (Marshmallow) では、個人情報の保護が強化されており、Bluetooth デバイスの検出についても、潜在的に個人位置情報を特定するためのヒントとなるということで、位置情報に関する権限が要求される仕様となっています。本アプリでは、位置情報そのものは利用していませんが、Bluetooth デバイスを検出するために仕様上、要求されてしまいます。また、権限だけでなく、検出時には位置情報をオンにしておく必要があります(検出作業の時のみ必要で、デバイスの登録までが無事済めば、以降は必要ありません)。

(※5)ウェイクアップ機能のために Android 端末側は Bluetooth LE に対応していることが必須条件となります。



【その他使用にあたっての注意】

本アプリは、ユーザーの利用状況の調査等のため、Google の Analytics を利用しています。作者は Analytics によって得られたデータを、ユーザーの利用状況の調査等のために使い、個々のユーザーを特定するために利用することはありません。

また、本アプリは、広告によって開発の原資や運営費をまかなっています。

以上の趣旨をご了承の上、インストール・ご利用ください。
In remote control, wake up ⇔ sleep (※ 1), restart · shutdown has been created in order to perform.

Leave the put the router in the bag, we assume the use, such as performing a wake-up ⇔ sleep.

Huawei-made WiMAX 2+ router Speed ​​Wi-Fi NEXT W01 and (HWD31) W02 (HWD33), W03 < / b> (HWD34), corresponds to the W04 (HWD35) (※ 2).

Huawei official app HiLink any time you can wake up and re-start-up, shutdown, because it takes time and effort to the operation, wake up ⇔ sleep, as an application that specializes only in function of the restart shutdown, was created (※ 3).

【Setting method】

Password and registration of, registration of the router is required. Open the Settings screen from the menu at the top of the screen of the app, and "password", please set of "discovery and registration of the device".

1. Password
Web management screen of the router http: This is the password used in //speedwifi-next.home/. It will be required for the app to operate the router. For management screen and password, please refer to the instruction manual ( "About Speed ​​Wi-Fi NEXT configuration tool").
W01: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w01_torisetsu.pdf
W02: http://download-c1.huawei.com/download/downloadCenter?downloadId=72705&version=398948&siteCode=jp
W03: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w03_torisetsu.pdf
W04: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w04_torisetsu.pdf

2. Discovery and registration of the device
In a state in which the router is in sleep state, when you tap the "discovery and registration of the device", locate the router by Bluetooth LE, you can register (※ 4). You will need to wake up the router of the sleep state (※ 5).
To the router to sleep, (1) the terminals connected by Wi-Fi router is 0 units, (2) it is not being charged, (3) Quick Access mode is turned OFF that you are, it is required. In addition, after the elapse of the "LAN Settings> Basic Settings> Wi-Fi auto-stop time" at a set time (5, 10, 15 minutes), enter the first sleep state. Also, when you press the power button on the router, you interrupted sleep at that point in time. For management screen and settings, please refer to the instruction manual ( "About Speed ​​Wi-Fi NEXT configuration tool").
W01: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w01_torisetsu.pdf
W02: http://download-c1.huawei.com/download/downloadCenter?downloadId=72705&version=398948&siteCode=jp
W03: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w03_torisetsu.pdf
W04: https://www.au.com/content/dam/au-com/static/designs/app/publish/torisetsu/pdf/w04_torisetsu.pdf

[How to use]

A. Wake
You wake up the router of the sleep state. Such as on the Bluetooth and Wi-Fi is done application automatically.
※ by reading the center of the screen advertising, you can also check whether or not the Internet is connected properly.

B. Sleep
The Wi-Fi communication of the terminal you are installing this application by turning off, so that you router goes into sleep after a certain period of time has elapsed. (※ 1)
The time to go to sleep, Web management screen of the router http: can be set in the //speedwifi-next.home/. Setup> LAN Settings> would be good to keep to a minimum of 5 minutes of the set in the Basic Settings "Wi-Fi auto-stop time (minutes)".

C. Restart
And then restart the router.
※ by reading the center of the screen advertising, you can also check whether or not the Internet is connected properly.

D. Shutdown
Shuts down (power off) the router. If you shut down a long press, and the Wi-Fi also incidentally off of terminal you are installing this app.



(※ 1) sleep function, after a lapse of a predetermined time set by the router in the state of Wi-Fi-free communication, you go to sleep. It does not immediately go to sleep on the spot. This is not a of this application problem, a problem on the router hardware specifications of. Even with the sleep function of this application, if you turn on the Wi-Fi of the terminal before a certain period of time, you may not enter into sleep.
In addition to the terminal you are using the application, if the equipment is doing a Wi-Fi communication or present, it is charging a router, even with the sleep function of the present application, after a certain period of time even you may not enter into sleep.

(※ 2) actual test is carried out in only W01, but does not conduct the actual test in W02 ~ W04, as long as W01 and specifications are the same, it should work without problems.

(※ 3) with respect to functionality, and just want to check the amount of communication, including the Huawei official HiLink, because the existing application of other authors like exists, please use there by all means.

(※ 4) Android In 6.0 (Marshmallow), protection of personal information has been enhanced, for the detection of Bluetooth devices, the potential that the tips for identifying individuals position information, authority for location information There has become a specification that is required. In this application, the position information itself does not not use the specifications in order to detect the Bluetooth device, it will be required. In addition, not only the authority, at the time of detection must be on the position information (required only when the detection work, if until the registration of the device is successfully smelling, you do not need later).

(※ 5) Android terminal side for the wake-up function is that it is a prerequisite that supports Bluetooth LE.



[Precautionary Measures other use]

This application, for the survey of user activity, we use Google's Analytics. The author was obtained by Analytics data, use for surveys of user activity, it will not be used to identify an individual user.

In addition, this application has fulfilled the funds and operating costs of development by advertising.

It acknowledges the spirit of the above, the installation please use.
Read more
1.7
9 total
5
4
3
2
1
Loading...

What's New

1.0 〜 1.0.4 までの過去のバージョンにおいて、Android 5.0 の端末で起動が不可能だった問題の修正
Read more

Additional Information

Updated
August 21, 2017
Size
1.8M
Installs
1,000+
Current Version
1.0.5
Requires Android
5.0 and up
Content Rating
Everyone
Permissions
Offered By
Scaredeer
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.