FM Synthesizer [SynprezFM II]

Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

SynprezFM 2 is a programmable polyphonic synth with a multitouch dynamic keyboard, arpeggio, effects and 1024 built-in instrument patches. It uses Frequency Modulation, a lightweight method for generating complex harmonic waveforms by mixing or combining sine samples controlled by envelops and LFO. It is able to produce analog style pads, emulate classic or modern instruments, or invent new awesome crystalline sounds.

SynprezFM 2 is also a Yamaha DX7 emulator, that can render with accuracy the sysex files you upload into an external storage directory setup by menu, in order to extend the experiment. You can also create and save your own patches, either by editing one of the (willingly) unsorted builtin ones, or starting from scratch with the "init voice" function.

It is possible to record WAV, connect a MIDI keyboard with split capability (an experimental feature for Android 3.1 and above, using USB OTG cable), and take advantage of a small step sequencer. Even small devices can now leverage 2 synthesizers thanks to an optimized layout. To simplify the classic usage, complex functions are now only available in "expert mode" (activatable in the setup page): this regards the patch editor and the new micro-tuning feature.

While you play, you can trigger an after-touch vibrato effect by dragging your fingers on the active keys or shift the keyboard to different octave. Other performance parameters can be accessed above the keyboard, including 2 types of portamento, a sensitivity range for pitch or volume modulations, and some effects that give a sense of depth when using a headset, especially on plucked sounds. You can also adjust the polyphony to adapt to your device capabilities. Thanks to an optimized core, you can hear up to 16 channels playing together, even on mid-range devices.
SynprezFM 2は、マルチタッチダイナミックキーボード、アルペジオ、エフェクト、および1024の内蔵インストゥルメントパッチを備えたプログラム可能なポリフォニックシンセです。周波数変調、エンベロープとLFOで制御される正弦波サンプルを混合または結合することによって複素高調波を生成するための軽量な方法を使用します。それはアナログスタイルのパッドを作り出したり、古典的あるいは現代的な楽器をエミュレートしたり、あるいは新しい素晴らしいクリスタルサウンドを発明することができます。

SynprezFM 2はYamaha DX7エミュレータでもあり、実験を拡張するためにメニューで設定した外部記憶ディレクトリにアップロードしたsysexファイルを正確にレンダリングできます。 (自発的に)ソートされていないビルトインパッチの1つを編集するか、 "init voice"機能でゼロから始めることによって、あなた自身のパッチを作成して保存することもできます。

WAVを録音したり、分割機能を備えたMIDIキーボードを接続したり(Android 3.1以降では実験的な機能、USB OTGケーブルを使用)したり、小さなステップシーケンサーを利用することができます。レイアウトが最適化されているため、小型の機器でも2台のシンセサイザーを活用できます。従来の使い方を簡単にするために、複雑な機能は現在「エキスパートモード」(設定ページで有効にする)でのみ利用可能です:これはパッチエディタと新しいマイクロチューニング機能に関するものです。

演奏中に、アクティブなキーを指でドラッグするか、キーボードを別のオクターブに移動することで、タッチ後のビブラート効果を引き起こすことができます。 2種類のポルタメント、ピッチまたはボリュームモジュレーションの感度範囲、ヘッドセット使用時に奥行き感を与えるエフェクト、特に摘み取られたサウンドなど、その他のパフォーマンスパラメーターにはキーボードの上からアクセスできます。デバイスの機能に合わせてポリフォニーを調整することもできます。最適化されたコアのおかげで、ミッドレンジデバイスであっても最大16チャンネルを一緒に再生できます。
もっと見る
折りたたむ
4.2
7,544 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

this release is not part of the roadmap:
- fix a pointing bug on android Pie
- add a mode with two synths controlled by one keyboard (stacking)
- configure what is displayed through a popup
- fix a crash when recording with non existing directory as target
- optimized for low latency
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2019年5月1日
サイズ
1.5M
インストール
1,000,000+
現在のバージョン
2.2.4-patch2
Android 要件
4.2 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Jean-Marc Desprez
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。