RFID BOXとは
=================
スマートフォンやタブレットへ簡単にRFID機能をプラスする、当社で販売するUHF帯RFIDリーダライタの専用アプリです。
「RFID BOX」はペアリングしたRFIDリーダーの電波強度やブザー音量などの基本設定をはじめ、ICタグの読み取り・書き込み・探索の機能を備えています。直感的に操作できるデザインのため、電波強度を調整して読み取り距離に変化を出したり、隠れたICタグを探索機能で見つけたりするなど、初めての方でも簡単にお使いいただけます。
RFIDリーダーをご購入のお客様はもちろん、デモ機をご評価中のお客様も本アプリをお試しいただけます!

◇対応するRFIDリーダー
・DOTR-900Jシリーズ
・DOTR-2000シリーズ
・DOTR-3000シリーズ
・DOTH-400シリーズ


RFID BOXの使い方
=================
本アプリの使い方を簡単にご紹介します。
RFIDリーダー(以下リーダー)の設定は、アプリに表示される解説を参考に行ってください。

◎初めに行うこと - リーダーと端末を接続
----------------------------------------
1)アプリを起動し、Bluetoothを有効にします。
2)リーダーの電源を入れ、アプリの設定タブ内の「リーダーを探す」をタップします。
3)「使用可能なリーダー」が表示されるので、接続したいリーダーを選び、タップします。
4)リーダーから「ピピッ」と音がしたら接続完了です。アプリでICタグの読み取り・書き込み・探索を行う準備が整いました。

◇自動接続の設定
接続済みのリーダーをタップし、表示されるメニューの「優先接続リーダーに登録する」を選択すると、アプリで優先的に接続されるリーダーと認識され、次回起動時に自動的に接続できるようになります。
※明示的に設定タブ内のペアリングボタンを押して接続を解除した場合は、自動接続が無効になります。

●ICタグを読む - 方法は2種類あります
----------------------------------------
<アプリ「読み取り:リスト」から実行>
1)アプリタブ内の「読み取り:リスト」をタップします。
2)リーダー本体の照射ボタンを押すか、アプリ下部の「Start」をタップします。
3)読み取ったICタグの情報が表示されます。
4)照射ボタンを離すか、アプリ下部の「Stop」をタップすると、ICタグの読み取りが停止します。
◎読み取り枚数や経過時間をはじめ、ICタグの情報、受信電波強度などをリストで確認できます。
◎ICタグの並び替えのほか、読み取った順に表示するカウントアップ、取り込んだマスタを消し込んでいくカウントダウンといった表示モードの切り替えも可能です。

<アプリ「読み取り:カウント」から実行>
1)アプリタブ内の「読み取り:カウント」をタップします。
2)リーダー本体の照射ボタンを押すか、アプリ下部の「Start」をタップします。
3)照射ボタンを離すかアプリに表示されている「Stop」をタップすると、ICタグの読み取りが停止します。
◎タグ読み取りを実行すると、読み取ったICタグの枚数をカウントします。タイマー設定を行うことで、ICタグの読み取りスピードや、読み取り枚数の計測が行えます。また、左下の「表示モード」を変更することで、「実枚数」と「のべ枚数」の表示を切り替えもできます。


●ICタグにデータを書き込む
----------------------------------------
アプリタブ内の「書き込みエンコード」をタップします。データはご自身で採番できる他、自動採番機能もあります。

1)書き込むデータを採番します。
2)リーダーのアンテナ部分にICタグを近づけます。
3)「Write」をタップし、書き込みを実行します。
※電波強度を上げると、近くに置いてある他のICタグにも書き込まれる可能性がありますのでご注意ください。


●ICタグの探索
----------------------------------------
特定のICタグを探し出すことができます。

1)アプリタブ内の「探索シングル」をタップします。
2)「キーボードで入力する」「リーダーで読み取る」「マスタから選択する」のいずれかの方法で、探し出すICタグのコードを入力します。
3)リーダー本体の照射ボタンを押すか、「Start」をタップして探索を開始します。
4)探索対象のICタグに近づくと受信電波強度は強くなり、反応がより強い方へ向かうことでICタグを特定できます。電波の強弱はタイムリーに表示されるため、直感的な探索が可能です。
◎ 左下の「表示モード」をタップすることにより、表示モードを「Bar」か「Circle」の2種類から選択できます。
◎表示モード「Bar」はバーの上昇、下降でICタグとの距離を表し、受信電波が強いほどバーは上昇します。「Circle」は円の拡大、縮小でICタグとの距離を表し、受信電波が強いほど円は拡大します。


QRコード・NFCを利用したリーダーと端末のペアリング(接続)について
========================================
QRコードの読み取りやNFC機能に対応した端末では、QRコードまたはNFCタグを読み取るだけで、簡単にリーダーと接続できます。
設定およびリーダーとの接続方法は下記をご参考ください。

◎QRコードを利用した接続
1)購入時に同梱される「QRコード」をリーダーに貼り付けます。
2)端末のBluetoothを有効にし、「RFID BOX」の「QR・NFCで接続」を選択します。
3)「QRコードで接続」を選択し、カメラでQRコードを読み込みます。
4)リーダーから「ピピッ」と音がしたら接続完了です。

2回目以降の接続は、2)~4)の手順で行えます。
※QRコードには事前にリーダーのMACアドレスが設定されています。


◎NFCを利用した接続
1)リーダーと端末を接続し、アプリ上部に表示される「MACアドレス」を確認します。
2)NFCタグに、確認したMACアドレスを[text/plain]形式で[00:00:00:00:00:00]のように半角で書き込みます。
3)端末のNFCとBluetoothを有効にし、「RFID BOX」の「QR・NFCで接続」を選択します。
4)「NFCで接続」を選択し、端末をNFCタグにタッチします。
5)リーダーから「ピピッ」と音がしたら接続完了です。

2回目以降のNFCペアリングは、3)~5)の手順で行えます。
MACアドレスを書き込んだNFCタグをリーダーに貼り付けすると、複数のリーダーがあっても迷わずにペアリングすることが可能です。

※NFCタグをご準備いただく必要があります。
※NFC書き込み用のアプリはGoogle Playよりご入手ください。


ご利用に際して
=================
「RFID BOX」は、当社で販売する下記RFIDリーダー専用のアプリです。
・DOTR-900Jシリーズ(https://rfid.tss21.co.jp/product/dotr-900j/)
・DOTR-2000シリーズ(https://rfid.tss21.co.jp/product/dotr-2000/)
・DOTR-3000シリーズ(https://rfid.tss21.co.jp/product/dotr-3000/)
・DOTH-400シリーズ(https://rfid.tss21.co.jp/product/doth-400/)
お手元にリーダーがない場合でもリーダーの設定内容はご確認いただけますが、全ての機能をお試しいただく場合は、お手数ですがデモ機のお申し込み、またはご購入をお願いいたします。
お申し込みは専用問い合わせフォーム(https://rfid.tss21.co.jp/contact/contact_whole.html)より承っております。

開発・提供元
=================
株式会社東北システムズ・サポート ストラテジックビジネス事業部
Read more
Collapse
Loading...

What's New

・QRコード読み取りによるペアリング機能追加
・ペアリング・接続安定性向上
Read more
Collapse

Additional Information

Updated
February 12, 2019
Size
6.2M
Installs
1,000+
Current Version
5.1.0
Requires Android
4.0 and up
Content Rating
Everyone
Permissions
Offered By
株式会社東北システムズ・サポート
Developer
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1-6-35 東京建物仙台ビル17F
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.