Uni-Voice

全ユーザー対象
38

説明
印刷物のUni-Voiceコードにカメラをかざして撮影し、印刷物の日本語情報・多言語翻訳情報を音声・テキストで拾得できるアプリです。 

街行くその場所で提供されている日本語印刷物から各国言語に事前翻訳された各国言語で正確な情報を提供するサービス及び企業・商品情報に誘導するサービスです。
Uni-Voice多言語サービスは、サーバーに事前翻訳情報を登録、若しくはUni-Voiceコードに格納されているテキスト情報を、スマートホンのTTS(音声合成)機能で、自動的に読上げます。TTSで対応していない言語は、テキスト表示となります。
Uni-Voiceコードの仕様しだいで、wifi環境やモバイルデータ通信が無くとも、音声の読上げが可能です。

使い方 
・初期画面より、聞きたい(見たい)言語を設定します。
・カメラボタンをタップし起動します。
・Uni-Voiceコードの印刷面から、約5センチメートルの位置からガイドマーカーに合わせるよう約8センチメートルにゆっくり引き上げてピントを合わせると、自動で読取、テキスト表示及び音声読上げが出来ます。
・事前翻訳システムのため、翻訳が登録されていない言語は、日本語のみの表示となります。

主な機能
・Uni-Voiceコードを読取り、印刷物情報をテキスト・音声情報として、書庫ファイルに保存ができます。
・ファイル名を独自に変更できます。
・文書中の電話・URLは、その画面から発信できます。

Uni-Voice の説明
文書が読みとれない視覚ハンディ。
失読症などの文字情報ハンディ。
日本語を解せない言語ハンディ。
これら全てを解決する
「みんなが読めるソリューション」
それが音声コード Uni‐Voiceです。

音声コード『Uni-Voice』とは、JAVIS(日本視覚障がい情報普及支援協会)が開発した、漢字を含む文字データを約800文字記録できる、携帯電話対応2次元バーコードです。 
Uni-Voiceコードをカメラで撮影して文字データを読み取り、表示や保存ができます。
携帯電話らくらくホンベーシック3(NTTドコモ)、簡単ケイタイ(au)、スマートホン(iPhone、Andorid)等で、音声、テキスト、動画、多言語翻訳情報等を提供いたします。
 Uni-Voiceは、2012年4月「ねんきん定期便」個人情報帳票に採用されました。さらに厚生労働省医政局5課長通知により医療情報の医事管理システム、調剤薬局レセコンシステムへ導入開始。今後行政サービスに深く、広く展開していきます。
 2016年施行される障害者差別解消法対応に、そして2020東京五輪・ビジットジャパンプロジェクトでは「おもてなし」の基盤UD技術としてあらゆる方面での利用が展開されます。


Uni-Voiceコードの作成手順  
日本語対応のUni-Voiceコードは、MS-Wordの環境さえあれば、誰でも簡単に作成する事が出来ます。
・WordにアドインソフトJAVISアプリ(無料)をインストールします。
・Word文書を開き文書を入力します。
・音声コードリボンの音声コードボタンをクリックします。
・音声コードの作成が成功すると、Word文書の右下に、Uni-Voiceコードが
作成されます。

多言語対応のUni-Voiceコードの作成は、Uni-Voice事業企画株式会社に
お問合わせください。

※ 免責事項 ※
推奨動作環境であっても、アプリリリース時または最新のアップデート時に存在しなかったOSバージョンに対しては互換性を保証しかねる場合があります
テキストの読み上げについては、各社スマートホンのTTS(音声合成)の性能に依存いたします。
また、お使いになる環境により、読み取りがし辛い場合もございます
もっと見る
2.4
38 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

『英語(English UK)』を削除
英語(English US) → 英語(English)
もっと見る

追加情報

更新日
2018年10月17日
サイズ
29M
インストール
10,000+
現在のバージョン
3.0.2
Android 要件
4.0 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Uni-Voice
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。