コインチェック - ビットコイン リップル 仮想通貨(暗号資産)の購入取引・チャート確認が簡単

全ユーザー対象
5,317

コインチェックのアプリはこちらからダウンロードできます。
取扱い通貨数NO.1!ビットコインやリップルを含む12種類の仮想通貨(暗号資産)を500円から購入可能です。
ビットコイン アプリダウンロード数No.1と多くの方にご利用いただいています。※2019年01月~2019年12月(データ協力:AppAnnie)
金融庁登録の仮想通貨(暗号資産)取引所です。また東証一部上場企業(マネックスグループ)のグループ会社が運営しています。

■このアプリでできること一覧

・ビットコインやリップルのチャートを線チャート・ロウソクチャートで素早く確認
・ビットコインやリップルの仮想通貨入金が可能
・イーサリアムやリップル等のアルトコインもおよそ500円から購入(ゲット)可能
・ウィジェット機能を使えば、アプリを開かなくても素早くビットコインやリップルの価格を確認可能
・支払うだけでビットコインがもらえる「Coincheckでんき」と「Coincheckガス」のお申し込みが可能
・自動でビットコインやリップルの積立投資が可能です。
・各仮想通貨(ビットコイン,リップル,イーサリアム,モナコイン等)ごとのチャット機能が搭載
・ビットコインをCoincheckに貸し出すだけで最大年率5%のビットコインをもらえる貸仮想通貨が可能

■ 取り扱い仮想通貨数(暗号資産)は国内最大級

・ビットコイン(BTC/Bitcoin)
・リップル(XRP/Ripple)
・イーサリアム(ETH/Ethereum)
・イーサリアムクラシック(ETC/Ethereum classic)
・リスク(LSK/Lisk)
・ファクトム(FCT/Factom)
・ネム(XEM/Nem)
・ライトコイン(LTC/Litecoin)
・ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin cash)
・モナコイン(MONA/Monacoin)
・ステラルーメン(XLM/Stellar Lumens)
・クアンタム(QTUM/Qtum)NEW!!

■取引所も開設

・ビットコイン(BTC/Bitcoin)
・ファクトム(FCT/Factom)

■ビットコインとは

ビットコインは世界初の分散型デジタル通貨(仮想通貨)です。ビットコインは円やドルと異なり、銀行に頼ることなくインターネットを通じて個人間で直接送金することができます。

世界中の一部のお店やネットショップで両替せずにそのまま支払いをすることも可能です。

■ビットコインの仕組み

ビットコインの取引は膨大なコンピューターによって記録共有されており誰でもリアルタイムで見ることができます。ビットコインは予めプログラムによって発行上限が約2100万枚と決められています。そのため、中央銀行が主体的に価値を維持しようとするのではなく、市場の原理で価格が決まるのが、円やドルと決定的に異なる点です。

ビットコインは国家という権威にコントロールされておらず、ユーザー同士で取引情報を管理しています。

取引情報は、ビットコインは不正が起こらないようにマイニングという計算作業によって承認されます。計算作業を一番早く成功させたマイナーには報酬としてビットコインがもらえます。世界中に存在するユーザーによってビットコインのシステムは支えられています。

■ビットコインの将来性

一つ目のポイントは世界各国の仮想通貨規制強化の動きです。
ビットコインは価格変動が激しいことや即時決済が難しいという側面もありますが、日々仮想通貨の技術は進歩し、改善されています。

ビットコインが普及していくにつれて各国で規制される動きが見られるようになり利用者を保護する仕組みが仮想通貨取引所に求められるようになりました。規制が厳しくなると価格変動に大きな影響を及ぼす恐れがあります。

二つ目のポイントは希少価値です。
ビットコインはデジタル・ゴールドと言われ、金と同じく希少価値があります。そのため金とビットコインの価格には相関が見られるときがあります。


■リップルとは

リップルは国際送金に革命を起こすことを目指している決済システムです。
リップルは、Ripple社が運営する決済システムのことを意味し、「リップル・トランザクション・プロトコル」が正式名称となります。(略称はRTXP)

このシステム内で使用できる通貨を国内ではリップルと呼ばれ、通貨単位が「XRP」となります。なお、通貨を指す場合には、決済システムとの違いを明確にするために、「リップルコイン」と呼ぶこともあります。

■リップルの特徴

リップルは、手数料が高い、時間がかかるといった国際送金の課題を解決するために開発されました。2004年に考案され現在は米国のRipple社によって開発が進められています。
リップルの総発行枚数は1,000億XRPです。すでに全枚数が発行済で、これ以上増えることはありません。

■リップルの仕組み

リップルはマイニングが行われません。その理由は、発行上限となる1,000億XRPがすでに発行されている、リップルネットワークと呼ばれるリップルを利用するための特別なプラットフォームで国際的な送金取引ができているためです。
さらにリップルネットワークに接続される際に、取引手数料として僅かなリップルを消費します。そのためリップルは少しずつ枚数が減っていると言っても良いでしょう。

■リップルのメリット

リップルは直接的な取引がない2通貨間のブリッジ通貨として機能し高い手数料や銀行口座を必要としません。送金スピードも速くスケーラブルに設計されています。

■リップルの将来性

これまでの国際送金はコルレス銀行を経由する必要がありました。今後はリップルによって送金や両替もスピーディーになり手数料も大幅に削減できるかもしれません。

価値のインターネットの実現を目指すリップル社は世界中の大企業や金融機関から注目されています。

■よく間違いのある単語

・ビット
・びっとこいん
・りっぷる
・かそうつうか
・仮想

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【会員登録及び本人確認のお願い】
ビットコインの送金や受取・購入等を行う場合には会員登録、本人確認の完了をお願い致します。
※口座開設完了には、ご本人確認書類の提出とハガキの受け取りが必要です。

【重要】資金決済法及び犯罪収益移転防止法に基づく本人確認のお願い
https://coincheck.com/blog/3298

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

はじめての仮想通貨なら
Coincheck
https://coincheck.com/ja/

■ 推奨OS :Android5.0以上
■ 対応OS :Android4.4以上

■ サポート
以下URLよりお問い合わせください。
https://coincheck.jp/info/contact

商号:コインチェック株式会社
仮想通貨交換業の登録番号:関東財務局長第00014号
加入協会:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会
     一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会
     一般社団法人日本ブロックチェーン協会

【仮想通貨・仮想通貨のお取引に関する重要事項】
・仮想通貨は法定通貨と異なり、国等によりその価値は保証されているものではありません。
・秘密鍵を失った場合、保有する仮想通貨を利用することができず、その価値が失われます。
・仮想通貨は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。
・仮想通貨の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。
・当社が倒産した場合には、預託された金銭及び仮想通貨を返還することができない可能性があります。
・お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。
 その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 仮想通貨取引説明書」「Coincheck 利用規約」をご確認ください。

お問い合わせ:https://coincheck.com/ja/info/help_contact
手数料について:https://coincheck.com/ja/info/fee
もっと見る
折りたたむ
3.3
5,317 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込んでいます…

新機能

・軽微な修正
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2020年6月30日
サイズ
55M
インストール
500,000+
現在のバージョン
2.22.6
Android 要件
5.0 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
インタラクティブな要素
デジタル商品の購入
提供元
coincheck
開発元
東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
©2020 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。