しゃべるアラーム (Talking Alarm Clock)

Contains Ads
Translate the description into English (United States) using Google Translate?Translate the description back to Japanese (Japan)

Talking AlarmはText-to-speech(TTS)を使った目覚まし時計です。

時刻や曜日ごとの繰り返し、スヌーズ設定など、基本的なアラーム機能は備えております。
このアプリ最大の特徴は、アラームの鳴動時にText-to-speech(TTS)を使い、設定されたテキストを読み上げることです。
書式記号を使って、簡単に設定することができます。

例えば・・・

アラーム名を
「薬」

時刻を
「18:30」

読み上げテキストを
「#CTです。#ANの時間です。」

にしておけば、

「18時30分です。薬の時間です。」と読み上げます。


■ 使える書式記号
#AN アラーム名
#CD 現在日時
#CT 現在時刻
#BL 電池残量
#WF 天気予報
#WC 天気概況
#SD 今日の予定
#ST 明日の予定
#T1~5 Twitter
#H1~5 HTML解析
() 取得失敗時
※オフライン時などで情報の取得に失敗した場合は()の中の内容を読み上げます。


■ 天気予報について (#WF、#WC) 
左下の設定ボタン>天気予報
地域変更ができます。

※livedoor様のWeather Hacksを利用させていただいてます。
http://weather.livedoor.com/weather_hacks/


■ 予定について (#SD、#ST) 
左下の設定ボタン>予定
予定を取得するカレンダーを選択してください。


■ Twitterについて (#T1~5) 
左下の設定ボタン>Twitter
ログインしてから、タイムラインを取得するユーザーを入力してください。


■ HTML解析について (#H1~5) 
左下の設定ボタン>HTML解析
情報を取得するサイトのURLを入力してください。
Select、Index、Attributeの設定は対象サイトのソースを確認する必要があります。
Chromeで対象のサイトを開き、URLの先頭に「view-source:」を追加するとソースコードを表示できます。

Select、Index、Attributeの初期値は
Select → p[class=text]
Index → 0
Attribute → 指定しない(空文字)
となっており、HTMLのソースのここの内容を取得します。
<p class="text">ここの内容</p>

Selectでエレメントを取得
Indexはエレメントが複数発見された場合に何番目を対象とするか(0からスタート)
Attributeはcontentとかaltのこと。指定しなければエレメント内のテキストを取得します。

例えば・・・
<div class="yftn12a-md48">というエレメントが複数あって、2番目のエレメントのテキストを取得したい場合
Select → div[class=yftn12a-md48]
Index → 1
Attribute → 指定しない(空文字)
と設定します。


■ TTSについて
日本語対応のText-to-speech(TTS)を使用します。
インストールされていない方は、Playストアからダウンロードしてください。
「N2 TTS」が無料で起動も早くオススメです。

※N2 TTSについて
インストール後、メインメニューに追加された「N2 TTS 設定」アイコンをタッチし、最初に表示される利用規約をよくお読みいただき、利用規約に同意いただける場合は「利用規約に同意する」にチェックを入れてから「OK」を押してください。なお、利用規約に同意いただけない場合は、Talking Alarmで「N2 TTS」を使用することはできません。


■ 利用権限について
当アプリは、各種サービスのご提供にあたり、以下の権限を利用しております。

・SDカードのデータの読み取り
ストレージにある音源を再生する時に必要となります。

・カレンダーの予定と情報の読み取り
予定を読み上げる時に必要となります。


■ 注意事項
このアプリによりトラブルや損害が発生しても一切の責任は負えないことをご了承ください。
Talking Alarm is an alarm clock that uses a Text-to-speech (TTS).

Repeat for each time of day or day of the week, such as the snooze setting, it is equipped with the basic alarm function.
Features of this app maximum, use the Text-to-speech (TTS) during the ringing of the alarm, it is to read aloud the set text.
Using the format symbols, it can be easily set.

For example ...

The alarm name
"medicine"

The time
"18:30"

The text-to-speech
"This is #CT. Is the time of # AN."

Once you have to,

"It's 30 minutes at 18. Is the time of the medicine." And will read.


■ use format symbol
#AN alarm name
#CD current date and time
#CT current time
#BL remaining battery power
#WF weather forecast
#WC Weather Overview
#SD of today planned
#ST of tomorrow will
# T1 ~ 5 Twitter
# H1 ~ 5 HTML analysis
() Acquisition failure
※ If it fails to get the information in such as when offline will read the contents in the ().


■ about the weather forecast (# WF, # WC)
The bottom left of the Settings button> Weather forecast
You can change the region.

※ I am allowed to use the livedoor like Weather Hacks.
http://weather.livedoor.com/weather_hacks/


■ About schedule (# SD, # ST)
Settings button> planned in the lower left corner
Please select the calendar to get an appointment.


■ About Twitter (# T1 ~ 5)
The bottom left of the Settings button> Twitter
Please log in and enter the user to get the time line.


■ About the HTML analysis (# H1 ~ 5)
Settings button> HTML analysis of the lower left
Please enter the URL of the site to get the information.
Select, Index, Attribute of settings you need to make sure the source of the target site.
Open the object of the site in Chrome, at the beginning of the URL "view-source:" When you add you can view the source code.

Select, Index, the initial value of the Attribute is
Select → p [class = text]
Index → ​​0
Attribute → not specified (empty)
And it is, to get the individual contents of the source of HTML.

here of content

Get the element in the Select
Index is the element is to target what number when it is discovered several or (0 start from)
Attribute it of content Toka alt. If you do not specify to get the text in the element.

For example ...

element is a multiple of, if you want to get the text of the second element
Select → div [class = yftn12a-md48]
Index → ​​1
Attribute → not specified (empty)
It sets with.


About ■ TTS
You use the Japanese correspondence of Text-to-speech (TTS).
If you have not been installed, please download it from the Play Store.
"N2 TTS" is the fast also recommended start-up for free.

For ※ N2 TTS
After installation, touch the added "N2 TTS Settings" icon on the main menu, first I will carefully read the terms and conditions to be displayed, if you agree to the Terms and Conditions check the "I agree to the Terms of Service." please press the "OK" from. It should be noted that, if you do not agree to the Terms and Conditions, you will not be able to use the "N2 TTS" in Talking Alarm.


■ For use authority
This app, when you provide a variety of services, we use the following rights.

· SD card reading of the data of
You will need to time to play the sound source which is in storage.

Reading of-schedule and calendar information
You will need when you read the schedule.


■ Notes
Please note that trouble or damage does not assume responsibility also all generated by this app.

Read more
4.2
18 total
5
4
3
2
1
Loading...

What's New

Android 9.0に対応しました。
Read more

Additional Information

Updated
October 23, 2018
Size
4.0M
Installs
1,000+
Current Version
2.7
Requires Android
5.0 and up
Content Rating
Everyone
Permissions
Offered By
EAST-HINO
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.