Leaf Spy Pro

全ユーザー対象
384
Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

The Leaf Spy Pro application allows anyone with a Nissan Leaf electric vehicle, Android device with Bluetooth and a supported ELM327 OBDII Bluetooth adapter the ability to monitor their battery and other vehicle information normally visible only to the dealer.

Due to a recent cost reduction (and feature reduction) many of the cheap ELM327 OBDII Bluetooth adapters from Asia no longer work with the Leaf and report themselves to be version 2.1. The previously recommended Bluetooth Konnwei KW902 OBDII adapter is also no longer recommended as a batch of defective ones have made their way into the market. These will basically short out your Leaf's CAN bus (or any CAN bus they are plugged into). But when removed do not seem to cause any lasting damage.

With the release of version 0.39.97 LeafSpy Pro now supports two Bluetooth 4.x LE approved adapters. The recommended one is the LELink available from Amazon. Bluetooth 4.x LE has the advantage of not needing to be paired and lower power from both the Android device and the Leaf. The LELink is highly recommended and also works with the iOS version of LeafSpy Pro.


The built-in help file is available as a PDF by sending an email with subject "Android PDF Help" to WattsLeft.meter@gmail.com


Information displayed by Leaf Spy Lite & Leaf Spy:

* Voltage of each of the 96 cell pairs (highlighted if shunt active)
* Minimum, average, maximum cell pair voltages
* Histogram of cell pair voltages
* Battery Temperature readings (4 sensors for 2011/12 models, 3 for 2013 models)
* Battery AHr rating (this will decease with age and is an indication of remaining capacity)
* VIN
* Odometer
* Number of Quick Charge connections
* Number of L1/L2 Charge connections
* EVSE Max available amps
* EVSE voltage


Additional information displayed by Leaf Spy:
* Battery energy level in GIDs & kWh
* Resetable energy usage meter (Wh resolution)
* Graphic display of SOC, GIDs and DTE (Distance to Empty)
* Remaining distance meter (miles/km) to Event (Low Battery Warning, Very Low Battery Warning or Reserve) based on user selectable energy efficiency
* Graphic display of battery temperature with min, avg, max temperatures
* Tire Pressure of each of the four tires with low pressure warning and delta pressure warning alarm (at the moment only for 2011-2017 Leafs)
* Ambient Temperature
* Logging function that records most data and optionally GPS location to a csv file that can be easily imported into excel.


The "Pro" version adds the ability to perform functions normally requiring a visit to the dealer.
* Change automatic door lock/unlock settings
* Read Diagnostic Trouble Codes (DTC)
* Register Tire Positions (required after tire rotation or seasonal tire changes so your Leaf knows the correct location of each tire on the car, at the moment only for 2011-2017 Leafs)
* Ability to reset DTCs from selected ECUs
リーフスパイプロアプリケーションは、日産リーフ電気自動車、ブルートゥース搭載のAndroidデバイス、およびサポートされているELM327 OBDII Bluetoothアダプタを持つ人は、通常、ディーラーにしか見えないバッテリやその他の車両情報を監視できます。

最近のコスト削減(および機能の削減)のために、アジアの安価なELM327 OBDII Bluetoothアダプタの多くはLeafで動作しなくなり、バージョン2.1になると報告しています。以前に推奨されていたBluetooth Konnwei KW902 OBDIIアダプタも、欠陥品のバッチが市場に投入されたため、推奨されなくなりました。これらは基本的にLeafのCANバス(または接続されているCANバス)を短くします。しかし、取り除かれても永続的なダメージは生じないようです。

バージョン0.39.97のLeafSpy Proは、現在、2つのBluetooth 4.x LE承認アダプタをサポートしています。推奨されるのはAmazonから入手可能なLELinkです。 Bluetooth 4.x LEには、AndroidデバイスとLeafの両方からペア設定して低電力を必要としないという利点があります。 LELinkは強く推奨されており、LeafSpy ProのiOS版でも動作します。


内蔵ヘルプファイルは、WattsLeft.meter@gmail.comに「Android PDFヘルプ」という件名の電子メールを送信することで、PDF形式で入手できます。


リーフスパイライト&リーフスパイで表示される情報:

* 96セルの各ペアの電圧(シャントアクティブの場合はハイライト表示)
*最小、平均、最大セルペア電圧
セル対電圧のヒストグラム
*バッテリー温度の読み取り値(2011/12モデルの場合は4センサー、2013モデルの場合は3センサー)
*バッテリーの定格(これは年齢とともに減少し、残りの容量を示すものです)
* VIN
*走行距離計
*クイックチャージ接続数
* L1 / L2チャージ接続数
* EVSE最大利用可能アンプ
* EVSE電圧


リーフスパイに表示されるその他の情報:
* GID&kWhでのバッテリーエネルギーレベル
*リセット可能なエネルギー使用量計(Wh分解能)
* SOC、GID、およびDTE(距離から空まで)のグラフィック表示
*ユーザーが選択可能なエネルギー効率に基づいてイベント(低バッテリー警告、超低バッテリー警告または予備)までの距離メーター(マイル/ km)
*最小、平均、最高温度によるバッテリー温度のグラフィック表示
*低圧警報とデルタ圧力警報付きの4つのタイヤそれぞれのタイヤ圧力(2011-2017年Leafの瞬間のみ)
* 周囲温度
ほとんどのデータとオプションでGPSの場所をcsvファイルに記録するロギング機能。これをExcelに簡単にインポートできます。


「Pro」バージョンは通常、ディーラーを訪問する必要がある機能を実行する機能を追加します。
*自動ドアロック/ロック解除の設定を変更する
*診断トラブルコード(DTC)を読む
*タイヤの位置を登録する(タイヤの回転または季節のタイヤ交換後に、リーフが2011年から2017年までのリーフでのみ、各タイヤの正しい位置を知るようにする必要があります)
*選択されたECUからDTCをリセットする機能
もっと見る
折りたたむ
4.6
384 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

- Changed Epoch time stamp from an integer to a floating point number with millisecond resolution (ex. 1527785773.141).
- Fixed bug in initializing maximum Gids for 2018 Leaf. This caused % Gids to be infinite.
- Fixed bug when selecting BMS only and Motor/Inverter only mode that caused app to crash.
- Fixed bug that prevented logging data when in BMS only or Motor/Inverter only mode.
- Added number of records written to log file as one of the items that can be monitored at the top of screen 1.
もっと見る
折りたたむ

追加情報

ファミリー ライブラリ
7/2/2016 以降に購入したコンテンツであれば共有できます。詳細
更新日
2018年5月31日
サイズ
1.4M
インストール
10,000+
現在のバージョン
0.45.119
Android 要件
2.0 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Turbo3
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。