モダニティ 上巻「近代科学とキリスト教」

アルファ新書シリーズ

Book 3
Piyo ePub Communications
Free sample

亀井俊博牧師による、モダニティ 上巻「近代科学とキリスト教」は、現代社会とキリスト教について、「近代科学」との関係において論説されています。

この「講話」を読み進まれる皆様は、新たな光、洞察に富んだ知恵を見出されることでしょう。


2009年12月25日に発行されたこの書籍の「電子書籍化」にあたり、亀井牧師が以下の一文(抜粋)を記しておられます。


ーーーーーーー

・・・・・

そこで、本書、略称「モダニテイ、上巻」の位置づけをお話します。

キリスト教原理論と言える教義学『「まれびとイエスの神」講話』に於いて、神の創造の秩序として、“関係の神学” を説いています。即ちキリスト教の説く創造者なる神の被造世界を大きく人称関係、非人称関係に分節しました。

本書は神の被造世界の中での、非人称関係即ち自然との関係を、近代科学との関係で解明しています。近代科学のキリスト教起源論に立つ説論です。そして、それは被造世界の人称関係、非人称関係いずれも原関係である創造者なる神との関係によってこそ成立する、と主張するキリスト教神学からは当然のことであります。

「はじめに神は天と地を創造された」(創世記1:1)、と聖書冒頭の宣言の通りです。


ただ、古代、中世科学と近代科学の成立には大きな飛躍があり、そこにキリスト教の影響なくして起こりえなかった歴史的ユニークさがあるのです。従来の啓蒙史観による、近代科学非キリスト教起源論との違いを解明したものです。

・・・・

(2018年12月25日)


ーーーーーー


<目次>

第一講 「科学」と言う言葉

第二講 科学の歴史

第三講 後期近代科学(現代の近代科学)思想のキリスト教的前提

第四講 後期近代科学の問題点

第五講 科学とキリスト教の衝突

第六講 まとめと展望

追加エッセイ


ーーーーーー


<著者の紹介>

亀井 俊博(かめい としひろ)

1942年 香川県に生まれる

単立西宮北口聖書集会牧師、芦屋福音教会名誉牧師

同志社大学法学部法律学科卒、日本UPC聖書学院卒

(同志社大学神学部、神戸改革派神学校、神戸ルーテル神学校聴講)

元私立報徳学園教師 元モンテッソーリ幼児教室「芦屋こどもの家」園長

元近畿福音放送伝道協力会副実行委員長、元JIFH芦屋大会実行委員会事務局長


----------------------

編集: 井草晋一

編集: Piyo Bible Ministries

レーベル: Piyo ePub Books

発行: Piyo ePub Communications

Read more
Collapse
Loading...

Additional Information

Publisher
Piyo ePub Communications
Read more
Collapse
Published on
Jan 10, 2019
Read more
Collapse
Pages
76
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Religion / Christianity / General
Religion / General
Science / General
Social Science / General
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse
Eligible for Family Library

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
亀井俊博牧師は、この著書『モダニティ 下巻「近代民主主義、近代資本主義とキリスト教」』において、冒頭の「c. 日本のポスト・モダン論」の後半で次のように述べておられます。


「・・・現代、ポスト・モダン思想が主にフランスを中心としたヨーロッパから入ってきていますが、近代の理性的合理主義の行き詰まりへの批判から、価値・文化多元主義、真善美の相対化、非合理的体験主義を標榜しています。しかし、それさえ風化しつつあって流行を追っかけるのもいい加減にしたいものです。ポスト・モダン論者は、モダンがヨーロッパ中心の価値観であり、二度の世界大戦の原因であり、モダンとヨーロッパを相対化して文化価値の多元性を認めようと言うのです。しかし、そのモダンとは「聖書を否定する近代」で、啓蒙理性・人本主義的なモダンであったのです。もうひとつのモダンがある「聖書による近代」があることを忘れているのです。

第一次大戦後の危機神学や第二次大戦後の福音主義キリスト教の勃興は、ヨーロッパの起源である「聖書による近代化」の地下水脈を掘り当てたものです。ところが、現代、一部の日本民族主義者たちはこの機に乗じて「先祖返り」して、ポスト・モダンを和風にして再び「近代の相克論」に、プレ・モダンに退行現象を起こしたようです。もっとも最近は中国経済、韓流文化の勢いに押されて、先祖返り的和風ポスト・モダンも顔色が優れないようですが。


(d)ハイパー・モダン論

そこでわたしは敢えてポスト・モダン論を避け「近代科学、デモクラシー、資本主義」のキリスト教起源つまり「初期近代」の再評価によって、近代を再生する「ハイパー・モダン」( hyper modern 超近代主義)を唱えているのです。ハイパー・モダン論は初期近代(聖書による近代)のルネサンスなのです(7)・・・」と。


 読者の皆様は、この「講話」を読み進まれる中で、「近代民主主義」「近代資本主義」と「キリスト教」の関連において、きっと、新たな光、洞察に富んだ知恵を見出されることでしょう。


また、2010年12月25日に発行されたこの書籍(底本)の「電子書籍化」にあたり、亀井牧師が以下の一文(抜粋)を記しておられますので、以下にご紹介いたします。


ーーーーーーー

・・・・・

ここで、拙著 “アルファ新書シリーズ” 全体に於ける本書の位置づけを述べます。先に“モダニテイ、上巻” に全体像はお話ししましたので、ご覧いただくとして、本書、略称「モダニテイ、下巻」の位置づけをお話します。キリスト教原理論と言える教義学『「まれびとイエスの神」講話』に於いて、神の創造の秩序として、“関係の神学” を説いています。即ちキリスト教の説く創造者なる神の被造世界を大きく人称関係、非人称関係に分節しました。

本書は神の被造世界の中での、人称関係の中で「三人称関係」を取り上げ、さらにフォーカスを近代社会,就中(なかんずく)、近代民主主義、近代資本主義に絞り、その近代社会のキリスト教起源論に立つ説論です。

もちろん、人称関係は他に、「一人称関係」(実存)、「二人称関係」(我と汝、愛の関係)、「非人称関係」(我とそれ、自然との関係)があることは言うまでもありません。本書は「三人称関係」として人間関係の社会的関係を取り上げています。そしてキルケゴールが “人間とは関係であり、関係する者との関係である” と述べた通り、人称関係も神との関係で(原関係)により、成立します。また諸関係と神との原関係の関係は、“不可逆、不可同、不可分離” の関係(自由の原点、インマヌエル)なのです(滝沢克己)。

近代市民革命による、近代民主主義と、近代資本主義の非(反)キリスト教起源論が再燃する中、キリスト教起源論の本書は益々価値を増すだろうと信じています。

本書刊行後の、本書で扱うテーマの歴史的展開は、各論である「時のしるし(1)」、でフォローしていますが、さらに時代の変化は激しく、その後の対応を電子図書化に際して、「帝国の構造、を読む」(私のブログ、バイブル・ソムリエ、2018・11・7)と「米中冷戦と日本、楕円幻想論的米中関係の将来」(〃、2018・11・28)、「二つの対立軸、四つの陣営」(〃、2017・9・21)の3つのエッセイを追加しておきます。


ーーーーーー


<目次>

第一講 中間考察

第二講 近代民主主義政治

第三講 近代資本主義経済

第四講 どこへ、ハイパー・モダン政治の課題(超民主主義)

追加エッセイ

「帝国の構造、を読む」

「米中冷戦と日本、楕円幻想論的米中関係の将来」

「二つの対立軸、四つの陣営」


ーーーーーー


<著者の紹介>

亀井 俊博(かめい としひろ)

1942年 香川県に生まれる

単立西宮北口聖書集会牧師、芦屋福音教会名誉牧師

同志社大学法学部法律学科卒、日本UPC聖書学院卒

(同志社大学神学部、神戸改革派神学校、神戸ルーテル神学校聴講)

元私立報徳学園教師 元モンテッソーリ幼児教室「芦屋こどもの家」園長

元近畿福音放送伝道協力会副実行委員長、元JIFH芦屋大会実行委員会事務局長


----------------------

編集: 井草晋一

編集: Piyo Bible Ministries

レーベル: Piyo ePub Books

発行: Piyo ePub Communications

 「キリスト教会のテレビ、ラジオ放送を推進している「近畿福音放送伝道協力会(近放伝)」のある日の実行委員会の席上、当時副実行委員長であったわたしは、マスコミが社会問題でキリスト教の意見を求める時は大抵、カソリックか日本キリスト教団に尋ねる事が多い。福音派も大きく成長しており、究極的救済である福音伝道と共に究極以前の救済である社会的責任も果たすため、聖書に基づく社会的意見を発信すべきではないか、と提案しました。内村鑑三の「時のしるし」を見抜く預言者的使命の回復を願ったからです。・・・<中略>
 ・・・2008年から新しく教会を開拓伝道する傍ら、かつての自らの提案に、では自分がやるしかないなあ、と思って “バイブル・ソムリエ”(西宮ブログ)と言うエッセイをブログにアップし、10年、週一回、ほぼ欠かさず書き溜めましたので、その中から選別して本にしました。西宮ブログという地域ブログに参加しましたので、一般市民に向けてキリスト教の立場からの、硬派のエッセイを書いてみようと思った次第です。・・・・」
 
著者の亀井俊博牧師は、このように「前書き」で述べています。

 日々のニュースを追うだけでなく、言論誌、思想書、社会評論などにも目を配り、談話風に書いた記事は膨大なものになりますが、2008年から2011年のブログ記事から79編を選び『時のしるし バイブル・ソムリエ時評(1)』を2017年12月に自費出版。〈・定価:1000円(税込)〉

 この度、さらに多くの人々に届くことを願い、「電子書籍」として出版することになりました。

 時事問題を始め、人生論、文化、思想、家族、政治、経済、科学など、その話題は豊富で示唆に富んだものです。
 
長年の教会開拓と地域における教育や福祉の働きをも含めた、地域教会「共同体」を形成し、また、教団・教派を超えた「近放伝」などの様々な働きに従事して来られた著者の時宜にかなった「時評」は、神の愛と慈しみを伴って、読者の皆様の心に届くことでしょう。
 

(編集者:記)
 

----------------------

編集: 井草晋一

編集: Piyo Bible Ministries

レーベル: Piyo ePub Books

発行: Piyo ePub Communications

「バイブルソムリエ」亀井俊博牧師による、とてもわかりやすいキリスト教入門エッセイです。

 

著者は、次のように内容を紹介されています。

 

「・・・ 実は私は四十年間キリスト教の牧師を勤めて参りました。その間多くの人々と喜怒哀楽を共に味わせて頂きました。そこで教えられた人生を味わい深くするコツを、知恵の書「聖書」をレシピーにして、エッセイ風に調理してみました。

 先程、「さしすせそ」と言う、味付けの順番が大切と申しましたが、まず最初の味付けは『さ』です。砂糖の「さ」です。甘さです。次に『し』塩味、辛(から)さです。第三に『す』、酸っぱさです。ここで第四の味として『苦(にが)さ』を一味加えます。そして仕上げの第五の味に『せそ』、醤油(せうゆ)と味噌(そ)つまりうまさで勝負です。昔から味を分類してよく五味(ごみ)と云いますね。最近はこの五つを基本味とも言うそうです②。


 私の思いますに、少しこじつけのようですが、五味とその味付けの順序は期せずして人生とキリスト教(道:どう)入門の道筋(みちすじ)に合っているようです③。ですからこの本は、人生論風のキリスト教(道)入門エッセイと想(おも)って頂いて結構です。・・・。」

 

剣道、柔道、弓道、茶道、華道などの日本文化の心、各種のスポーツや芸術の精神を大切にする皆様へのキリスト道(どう)入門の道筋、指南書(しなんしょ)・手引書とも言えるのではないでしょうか。

 

(編集者・記)

 

☆ 亀井俊博:単立西宮北口聖書集会牧師、芦屋福音教会名誉牧師


----------------------

編集: 井草晋一

編集: Piyo Bible Ministries

レーベル: Piyo ePub Books

発行: Piyo ePub Communications

亀井俊博牧師は、この著書『モダニティ 下巻「近代民主主義、近代資本主義とキリスト教」』において、冒頭の「c. 日本のポスト・モダン論」の後半で次のように述べておられます。


「・・・現代、ポスト・モダン思想が主にフランスを中心としたヨーロッパから入ってきていますが、近代の理性的合理主義の行き詰まりへの批判から、価値・文化多元主義、真善美の相対化、非合理的体験主義を標榜しています。しかし、それさえ風化しつつあって流行を追っかけるのもいい加減にしたいものです。ポスト・モダン論者は、モダンがヨーロッパ中心の価値観であり、二度の世界大戦の原因であり、モダンとヨーロッパを相対化して文化価値の多元性を認めようと言うのです。しかし、そのモダンとは「聖書を否定する近代」で、啓蒙理性・人本主義的なモダンであったのです。もうひとつのモダンがある「聖書による近代」があることを忘れているのです。

第一次大戦後の危機神学や第二次大戦後の福音主義キリスト教の勃興は、ヨーロッパの起源である「聖書による近代化」の地下水脈を掘り当てたものです。ところが、現代、一部の日本民族主義者たちはこの機に乗じて「先祖返り」して、ポスト・モダンを和風にして再び「近代の相克論」に、プレ・モダンに退行現象を起こしたようです。もっとも最近は中国経済、韓流文化の勢いに押されて、先祖返り的和風ポスト・モダンも顔色が優れないようですが。


(d)ハイパー・モダン論

そこでわたしは敢えてポスト・モダン論を避け「近代科学、デモクラシー、資本主義」のキリスト教起源つまり「初期近代」の再評価によって、近代を再生する「ハイパー・モダン」( hyper modern 超近代主義)を唱えているのです。ハイパー・モダン論は初期近代(聖書による近代)のルネサンスなのです(7)・・・」と。


 読者の皆様は、この「講話」を読み進まれる中で、「近代民主主義」「近代資本主義」と「キリスト教」の関連において、きっと、新たな光、洞察に富んだ知恵を見出されることでしょう。


また、2010年12月25日に発行されたこの書籍(底本)の「電子書籍化」にあたり、亀井牧師が以下の一文(抜粋)を記しておられますので、以下にご紹介いたします。


ーーーーーーー

・・・・・

ここで、拙著 “アルファ新書シリーズ” 全体に於ける本書の位置づけを述べます。先に“モダニテイ、上巻” に全体像はお話ししましたので、ご覧いただくとして、本書、略称「モダニテイ、下巻」の位置づけをお話します。キリスト教原理論と言える教義学『「まれびとイエスの神」講話』に於いて、神の創造の秩序として、“関係の神学” を説いています。即ちキリスト教の説く創造者なる神の被造世界を大きく人称関係、非人称関係に分節しました。

本書は神の被造世界の中での、人称関係の中で「三人称関係」を取り上げ、さらにフォーカスを近代社会,就中(なかんずく)、近代民主主義、近代資本主義に絞り、その近代社会のキリスト教起源論に立つ説論です。

もちろん、人称関係は他に、「一人称関係」(実存)、「二人称関係」(我と汝、愛の関係)、「非人称関係」(我とそれ、自然との関係)があることは言うまでもありません。本書は「三人称関係」として人間関係の社会的関係を取り上げています。そしてキルケゴールが “人間とは関係であり、関係する者との関係である” と述べた通り、人称関係も神との関係で(原関係)により、成立します。また諸関係と神との原関係の関係は、“不可逆、不可同、不可分離” の関係(自由の原点、インマヌエル)なのです(滝沢克己)。

近代市民革命による、近代民主主義と、近代資本主義の非(反)キリスト教起源論が再燃する中、キリスト教起源論の本書は益々価値を増すだろうと信じています。

本書刊行後の、本書で扱うテーマの歴史的展開は、各論である「時のしるし(1)」、でフォローしていますが、さらに時代の変化は激しく、その後の対応を電子図書化に際して、「帝国の構造、を読む」(私のブログ、バイブル・ソムリエ、2018・11・7)と「米中冷戦と日本、楕円幻想論的米中関係の将来」(〃、2018・11・28)、「二つの対立軸、四つの陣営」(〃、2017・9・21)の3つのエッセイを追加しておきます。


ーーーーーー


<目次>

第一講 中間考察

第二講 近代民主主義政治

第三講 近代資本主義経済

第四講 どこへ、ハイパー・モダン政治の課題(超民主主義)

追加エッセイ

「帝国の構造、を読む」

「米中冷戦と日本、楕円幻想論的米中関係の将来」

「二つの対立軸、四つの陣営」


ーーーーーー


<著者の紹介>

亀井 俊博(かめい としひろ)

1942年 香川県に生まれる

単立西宮北口聖書集会牧師、芦屋福音教会名誉牧師

同志社大学法学部法律学科卒、日本UPC聖書学院卒

(同志社大学神学部、神戸改革派神学校、神戸ルーテル神学校聴講)

元私立報徳学園教師 元モンテッソーリ幼児教室「芦屋こどもの家」園長

元近畿福音放送伝道協力会副実行委員長、元JIFH芦屋大会実行委員会事務局長


----------------------

編集: 井草晋一

編集: Piyo Bible Ministries

レーベル: Piyo ePub Books

発行: Piyo ePub Communications

©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.