黒のアンドロイド

· 和戸川 純
Ebook
150
Pages
Eligible

About this ebook

時は未来。

 

人間が作ったマシン・黒のアンドロイド。百兆個の強靭なナノ鋼鉄細胞から成るからだ。宇宙空間のどのように過酷な状況下においても、生き延びることができる。人間は、黒のアンドロイドの深層心理に、極限状況下の想像を絶する困難をも乗り超えられる、強靭な精神を植えつけた。

 

黒のアンドロイドは、人類を苦悶のうちに絶滅させた侵略者を宇宙から消滅させるために、復讐の念に駆られた生き残りの人間たちによって作られた。からだの中に、広大な宇宙空間を瞬時に崩壊させる、空間崩壊爆弾が埋めこまれている。侵略者の内部に入り込んで自爆するのだ。

 

人間によって、復讐、怨念、憎悪の塊にされた黒のアンドロイドは、人類の最後の生き残りの夫婦が狂気の夢の中で死んだあとも、目的完遂のために突き進む。極限の恐怖にさらされても、復讐の怨念が打ち砕かれることはない。

 

人類が宇宙を制覇したときに現れた侵略者とは何か?人類をこの宇宙から抹殺した侵略者の意図とは?時空を超えた次元の闇の中からこの宇宙に出現した、侵略者の正体が最後に明かされる。そして黒のアンドロイドの意外な存在理由も。

 

この小説は未来の黙示録といえる。善と悪の戦い。その最終的な結末。

About the author

中学生のときに、太陽黒点の観測で学生科学賞を受賞した。大学時代にSF同人誌を編集・発行し、SFを創作。プロのSF作家が2人誕生した。日本のインターネット元年と言われる1995年に、研究の仕事でコンピューターを使い始めた。1996年にウェブサイトを開設し、創作した一コマ漫画を載せた。以後20数年間に渡ってウェブサイトを運営。現在持っているウェブサイトは2つ。「夢と現実のエッセイ評論」https://essay-hyoron.com/と「アニメと小説の工房」https://anime-shosetsu.com/。宇宙論、進化論、デジタル技術、人間論、社会論、投資などの盛りだくさんな内容のエッセイと評論を創作し、「エッセイ評論」に掲載している。 

北海道大学獣医学部を卒業した。日本、オーストラリア、チェコの大学や研究所で、免疫学とウイルス学の基礎研究に従事。海外生活が18年間に渡った。研究論文が多数ある。基礎研究者は、物事の表面を見ながら、本質を洞察する努力を続ける。思考の源泉をここに置けば、どのようなテーマにでも挑戦できる。自分の思考に自ら壁を作らないことが大事、と考えている。

Rate this book

Tell us what you think.

Reading information

Smartphones and tablets
Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.
Laptops and computers
You can listen to audiobooks purchased on Google Play using your computer's web browser.
eReaders and other devices
To read on e-ink devices like Kobo eReaders, you'll need to download a file and transfer it to your device. Follow the detailed Help Center instructions to transfer the files to supported eReaders.