一流のふるまい日本語編 美しい言葉えらび入門: 人間力を上げる敬語力

インプレス
3
Free sample

一流のふるまいを基本から丁寧に、伝統のこころから説く大好評シリーズ第三弾!

<本文より>
 私達が普段、無意識に使っている言葉にも、古典の伝統は息づいています。それを意識して使う時こそ言葉の重みを感じ、深みも増すものです。接客用語のようにただマニュアル通りに形ばかりの丁寧な言葉を使うのではなく、相手を思うこころが根底にあって、そのこころを言葉という形に変える事が大切なのだと思います。人は何気ない時、何気ない言葉からこころの優しさを感じるものです。こころあっての言葉、美しい言葉は飾りたてた言葉を言うのではありません。
(中略)
日本語は難しい…という概念を外していただき、普段使いのシンプルな言葉の中にふっくらとしたこころが宿り、明かりが灯るように感じていただければ幸いです。

<目次>
「花笑みの言葉」と「ことだま」
●第一章 敬語と挨拶はじめの一歩
もう一度敬語のおさらい
丁寧語
尊敬語
謙譲語1
謙譲語2
美化語
コンビニ敬語・接客敬語
押さえておきたいあいさつ言葉
●第二章 その言葉にご用心
言葉は正しく使いましょう
ぼかす言葉~あいまいにぼかす
「~させていただく」は取扱注意
大丈夫です
「~していただく」の過剰使用と使用上の注意
言葉の算数 足し算・引き算
「ら抜き」言葉
「れ足す」言葉
「さ入れ」言葉
「だ抜き」言葉
●第三章 市民権を得た造語と若者言葉
市民権を得た造語
今どきの若者言葉
●第四章 もう迷わない 言葉の違いと意味
正しく覚える言葉の意味と使い方
本当はこんな意味
漢字の変換要注意
間違っている慣用句
どちらを使えばいいのでしょうか? 似ている言葉
●第五章 素敵な日本人であるために
言葉と文化で日本を知る
暦にまつわる言葉
四季を彩る美しい言葉
二十四節気
日本の色
言葉の意味を知るこころ


★impress QuickBooks(R)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです。
Read more

About the author

東京都中央区入船町に生まれる。筝曲演奏家 伝統文化コーディネーター。幼少より生田流筝曲を習い国際的に演奏活動を行う筝曲家。小中高校の芸術鑑賞教室では邦楽アンサンブル猫勧進として20年にわたり200校以上の学校を訪問して約10万人の児童生徒に邦楽の魅力を届けている。  世界首脳会議、サッチャー元首相、ブータン国王など国賓来日のレセプションなどで演奏を担当。伝統文化コーディネーターとして国内数々のイベントにて「和の文化」の紹介普及活動にも取り組んでいる。
Read more
4.7
3 total
Loading...

Additional Information

Publisher
インプレス
Read more
Pages
71
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Literary Collections / Asian / Japanese
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
Kindleストアトップ10入りするなど大好評の『一流のふるまい日常生活編 美しい所作とマナー入門 自分を変える和の礼法』をはじめ、同シリーズ4冊を1冊にまとめました。表面的な形だけでなく、その根拠や成り立ちをふまえ、心から学べるシリーズです。
"時代が流れても変わらないのは相手を思う「心」です」"

<目次>
●日常生活編 美しい所作とマナー入門 自分を変える和の礼法
一章 知っていると恥をかかない基本の所作
二章 贈り物には気持ちを添える
三章 誰にも聞けない訪問の心得 
四章 身だしなみレッスンで自分磨き 
●ビジネス編 美しい所作とマナー入門 一瞬で信頼をつかむ
一章 社会人としての心構えと自覚 
二章 相手の心をつかむ会話とあいさつ 
三章 取引先との信頼を築く接客対応 
四章 毎日のオフィスの心得 
五章 仕事を円滑に進める気配り 
●日本語編 美しい言葉えらび入門 人間力を上げる敬語力
一章 敬語と挨拶はじめの一歩
二章 その言葉にご用心
三章 市民権を得た造語と若者言葉
四章 もう迷わない 言葉の違いと意味
五章 素敵な日本人であるために
●男子力編 男の品格入門 仕事も恋愛もワンランクアップ
一章 日本男子のスタイル
二章 日本男子の美しい姿
三章 日本男子の言葉とセンス
四章 日本男子の和の食文化
五章 日本男子の人間関係のつくり方
六章 日本男子、自然を愛でる心を養う
七章 日本男子の正しい生き方

<まえがきより>
私が日々精進している礼法は約七百年前の室町時代に確立した武家の作法で、男性のために生まれたものです。戦国武将からはじまって武士の生き方に憧れる人は多いと思います。当時の武士達に比べて、私達の精神的な弱さや規律の乱れと甘さは相当なものです。だからこそないものねだりなのかもしれません。
女性は自らを磨く時間を積極的に作るものですが、男性は、礼儀作法や日本のしきたりを勉強するチャンスも時間も少ないと思います。仮に学んでみたいと思っても、その術を見つけられないために、自分の行動に自信もなくどうしてよいのか解らないままに、過ごしているのではないでしょうか。
どうぞ、気楽なお気持ちでお読みになってください。

<目次(一部抜粋)>
●一章 日本男子のスタイル
知っておきたいパーティーでの振る舞い
表情に責任を持つのが今どき男子
●二章 日本男子の美しい姿
背中が語る男子のドラマ
あなたの心と直結している「手」の動き
●三章 日本男子の言葉とセンス
照れずにまず、心を込めて挨拶を
ユーモアと洒落のセンスを磨く
●四章 日本男子の和の食文化
「和食」通になる秘けつ
女子心をくすぐる箸と食器の扱い方
●五章 日本男子の人間関係のつくり方
お客としての振る舞いにもセンスがきらり
国際儀礼「プロトコール」はビジネススキル
●六章 日本男子、自然を愛でる心を養う
季節と自然に身をゆだねる男子になる
季節の行事を大切にする
●七章 日本男子の正しい生き方
父から子へ伝えておきたいマナー
人物判断の基準は「足元」にあり

<著者>
小柴 皐月(こしば さつき) 
東京都中央区入船町に生まれる。筝曲演奏家 伝統文化コーディネーター。幼少より生田流筝曲を習い国際的に演奏活動を行う筝曲家。小中高校の芸術鑑賞教室では邦楽アンサンブル猫勧進として20年にわたり200校以上の学校を訪問して約10万人の児童生徒に邦楽の魅力を届けている。国賓来日のレセプションなどで演奏を担当。
小学校入学までに身につけさせたい
とても簡単な「作法」とは?

人は一人では生きて行くことはできません。この世に命を授かり生活していくためには、いろいろな人と仲良く、お互いに相手を思いやるための「決まり事」が必要になります。それが「作法」です。「作法」は自分を守る「力」です。「作法」の基本は、小さな子どもの頃から家庭の教育によって作り育まれていくものです。

「作法」を身につけること、相手を敬い大切に思う心を育てることで、他人を大切にする人は自分も大切にしています。そういう人は前向きで楽しく、明るく、幸せで充実した毎日を送る事ができると思います。

江戸時代に「三つ心」「六つ躾」という商人たちの教えがありました。三つまでに、心の糸をしっかり張り、自覚させ、六つになる頃には、善悪の判る年齢になるので、それまでに躾糸をしっかりと正しく付ける事です。躾糸は、縫い目をきちんとさせるための仮縫いをしておく糸のことで、この糸こそ相手を思いやる優しい心と行動なのです。

江戸の昔も、六歳、つまり現代の小学校入学前のかけがえのない大切な時間に、人としての必須である基本ルールを、毎日の生活の中からくり返し何度も、感覚としてクセになるように身に付けさせていたのです。

ゴミが落ちていたら拾ってゴミ箱へ捨てる。悪いことをした時には素直に「ごめんなさい」が言える、感謝の言葉「ありがとう」が自然と口から出る。そうせずにはいられない、無意識のうちにそうしてしまう、それがクセです。小さい頃からの躾が、良い意味でクセと感覚を育てます。


▼目次

第一章 毎日の生活の中で大切なお約束

 ・身だしなみを整える習慣を
 ・元気な子どもはいつもきりっと姿勢よく
 ・日々の生活で「もったいない」を口ぐせに
 ・お年寄りや小さな子にはいたわりの心

第二章 いつも大きな声で元気に挨拶

 ・心のこもった挨拶のお手本
 ・ピンと背筋を伸ばして正しいお辞儀
 ・きれいな言葉で話すくせを付けましょう
 ・はっきりと気持ちよくお話しましょう

第三章 これだけは教えたい。食事のマナー

 ・「いただきます」の意味と「ごちそうさま」の気持ち
 ・プチ紳士・プチ淑女になったつもりで「いただきます」
 ・箸と器の正しい持ち方
 ・これだけは知っておきたい。やってはいけない箸使い

第四章 他所のお宅を訪問する時には

 ・自宅との違いをはっきりさせましょう
 ・帰る時は気持ちよくご挨拶

第五章 公共の場にもちょっとした心遣い

 ・街を歩く時にもルールがあります
 ・お年寄りに席をゆずるのは恥ずかしくないよ!
 ・公共の場でも気配りを忘れないで!
 ・出かける前に親子でリハーサルはいかが

第六章 お手伝いで家族の一員に

 ・お手伝いで生活力を身に付けましょう
 ・優しさと思いやりを育てましょう
 ・お手伝いにもいろいろあります

第七章 季節の行事を暮らしの中に

 ・年中行事で日本の伝統を伝えたい
 ・めぐる季節の喜びを子どもと一緒に
 ・童謡を歌ってみましょう

第八章 手紙を書く習慣も子どもの頃から

 ・ひらがなで大きく書いてみましょう
 ・子どもと一緒にわが家の「家風」づくり
 ・お絵描きをそのまま絵手紙に!
小学校入学までに身につけさせたい
とても簡単な「作法」とは?

人は一人では生きて行くことはできません。この世に命を授かり生活していくためには、いろいろな人と仲良く、お互いに相手を思いやるための「決まり事」が必要になります。それが「作法」です。「作法」は自分を守る「力」です。「作法」の基本は、小さな子どもの頃から家庭の教育によって作り育まれていくものです。

「作法」を身につけること、相手を敬い大切に思う心を育てることで、他人を大切にする人は自分も大切にしています。そういう人は前向きで楽しく、明るく、幸せで充実した毎日を送る事ができると思います。

江戸時代に「三つ心」「六つ躾」という商人たちの教えがありました。三つまでに、心の糸をしっかり張り、自覚させ、六つになる頃には、善悪の判る年齢になるので、それまでに躾糸をしっかりと正しく付ける事です。躾糸は、縫い目をきちんとさせるための仮縫いをしておく糸のことで、この糸こそ相手を思いやる優しい心と行動なのです。

江戸の昔も、六歳、つまり現代の小学校入学前のかけがえのない大切な時間に、人としての必須である基本ルールを、毎日の生活の中からくり返し何度も、感覚としてクセになるように身に付けさせていたのです。

ゴミが落ちていたら拾ってゴミ箱へ捨てる。悪いことをした時には素直に「ごめんなさい」が言える、感謝の言葉「ありがとう」が自然と口から出る。そうせずにはいられない、無意識のうちにそうしてしまう、それがクセです。小さい頃からの躾が、良い意味でクセと感覚を育てます。


▼目次

第一章 毎日の生活の中で大切なお約束

 ・身だしなみを整える習慣を
 ・元気な子どもはいつもきりっと姿勢よく
 ・日々の生活で「もったいない」を口ぐせに
 ・お年寄りや小さな子にはいたわりの心

第二章 いつも大きな声で元気に挨拶

 ・心のこもった挨拶のお手本
 ・ピンと背筋を伸ばして正しいお辞儀
 ・きれいな言葉で話すくせを付けましょう
 ・はっきりと気持ちよくお話しましょう

第三章 これだけは教えたい。食事のマナー

 ・「いただきます」の意味と「ごちそうさま」の気持ち
 ・プチ紳士・プチ淑女になったつもりで「いただきます」
 ・箸と器の正しい持ち方
 ・これだけは知っておきたい。やってはいけない箸使い

第四章 他所のお宅を訪問する時には

 ・自宅との違いをはっきりさせましょう
 ・帰る時は気持ちよくご挨拶

第五章 公共の場にもちょっとした心遣い

 ・街を歩く時にもルールがあります
 ・お年寄りに席をゆずるのは恥ずかしくないよ!
 ・公共の場でも気配りを忘れないで!
 ・出かける前に親子でリハーサルはいかが

第六章 お手伝いで家族の一員に

 ・お手伝いで生活力を身に付けましょう
 ・優しさと思いやりを育てましょう
 ・お手伝いにもいろいろあります

第七章 季節の行事を暮らしの中に

 ・年中行事で日本の伝統を伝えたい
 ・めぐる季節の喜びを子どもと一緒に
 ・童謡を歌ってみましょう

第八章 手紙を書く習慣も子どもの頃から

 ・ひらがなで大きく書いてみましょう
 ・子どもと一緒にわが家の「家風」づくり
 ・お絵描きをそのまま絵手紙に!
Kindleストアトップ10入りするなど大好評の『一流のふるまい日常生活編 美しい所作とマナー入門 自分を変える和の礼法』をはじめ、同シリーズ4冊を1冊にまとめました。表面的な形だけでなく、その根拠や成り立ちをふまえ、心から学べるシリーズです。
"時代が流れても変わらないのは相手を思う「心」です」"

<目次>
●日常生活編 美しい所作とマナー入門 自分を変える和の礼法
一章 知っていると恥をかかない基本の所作
二章 贈り物には気持ちを添える
三章 誰にも聞けない訪問の心得 
四章 身だしなみレッスンで自分磨き 
●ビジネス編 美しい所作とマナー入門 一瞬で信頼をつかむ
一章 社会人としての心構えと自覚 
二章 相手の心をつかむ会話とあいさつ 
三章 取引先との信頼を築く接客対応 
四章 毎日のオフィスの心得 
五章 仕事を円滑に進める気配り 
●日本語編 美しい言葉えらび入門 人間力を上げる敬語力
一章 敬語と挨拶はじめの一歩
二章 その言葉にご用心
三章 市民権を得た造語と若者言葉
四章 もう迷わない 言葉の違いと意味
五章 素敵な日本人であるために
●男子力編 男の品格入門 仕事も恋愛もワンランクアップ
一章 日本男子のスタイル
二章 日本男子の美しい姿
三章 日本男子の言葉とセンス
四章 日本男子の和の食文化
五章 日本男子の人間関係のつくり方
六章 日本男子、自然を愛でる心を養う
七章 日本男子の正しい生き方

★impress QuickBooks(http://qb.impress.jp/)は、スマホでも気軽に読める電子書籍です★ 
 
「働く人の、働く人による、働く人のため」の「気働き」という、見えない部分のこころの動き、日ごろから相手を大切に思うこころの動きを、社会人として自然に動作に表すための基本的なことを、この本でご紹介いたします。 
(本文より)

【目次】 
ビジネスマナーの常識・非常識 
●第一章 社会人としての心構えと自覚 
一回限りの第一印象 
一回限りの第一印象で決まる 
好感を持たれる表情 
身だしなみから仕事は始まる 
人を表す立ち居振舞い 
 
●第二章 相手の心をつかむ会話とあいさつ 
信頼を生むあいさつ 
基本のあいさつ 
ビジネス会話 
正しく使いこなす敬語 
相手を気遣うクッション言葉 
礼儀正しい電話・FAX・メールの心得 
基本の電話対応 
FAX送信の心得 
電子メールの心得 
 
●第三章 取引先との信頼を築く接客対応 
客時の席次 
紹介の仕方とされ方 
名刺交換のルール 
見送りの方法 
訪問の心得 
 
●第四章 毎日のオフィスの心得 
仕事の準備 
4つの手段で迅速に 
直行・直帰・外出のマナー 
職場の人間関係 
コスト意識と整理整頓 
逃げない身構えでクレーム対応 
 
●第五章 仕事を円滑に進める気配り 
気配りはちょっとした心遣いから 
「報・連・相」は早めに こまめに確実に 
接待の心配り 
食事や乗り物の席次 
食事と会食のコツ 
人間関係を築くコツ 
オフィスの冠婚葬祭 
慶事の基本 
凶事の基本 
仕事を楽しむ 
 
時にはアナログ人間で 
 
<まえがきより>
私が日々精進している礼法は約七百年前の室町時代に確立した武家の作法で、男性のために生まれたものです。戦国武将からはじまって武士の生き方に憧れる人は多いと思います。当時の武士達に比べて、私達の精神的な弱さや規律の乱れと甘さは相当なものです。だからこそないものねだりなのかもしれません。
女性は自らを磨く時間を積極的に作るものですが、男性は、礼儀作法や日本のしきたりを勉強するチャンスも時間も少ないと思います。仮に学んでみたいと思っても、その術を見つけられないために、自分の行動に自信もなくどうしてよいのか解らないままに、過ごしているのではないでしょうか。
どうぞ、気楽なお気持ちでお読みになってください。

<目次(一部抜粋)>
●一章 日本男子のスタイル
知っておきたいパーティーでの振る舞い
表情に責任を持つのが今どき男子
●二章 日本男子の美しい姿
背中が語る男子のドラマ
あなたの心と直結している「手」の動き
●三章 日本男子の言葉とセンス
照れずにまず、心を込めて挨拶を
ユーモアと洒落のセンスを磨く
●四章 日本男子の和の食文化
「和食」通になる秘けつ
女子心をくすぐる箸と食器の扱い方
●五章 日本男子の人間関係のつくり方
お客としての振る舞いにもセンスがきらり
国際儀礼「プロトコール」はビジネススキル
●六章 日本男子、自然を愛でる心を養う
季節と自然に身をゆだねる男子になる
季節の行事を大切にする
●七章 日本男子の正しい生き方
父から子へ伝えておきたいマナー
人物判断の基準は「足元」にあり

<著者>
小柴 皐月(こしば さつき) 
東京都中央区入船町に生まれる。筝曲演奏家 伝統文化コーディネーター。幼少より生田流筝曲を習い国際的に演奏活動を行う筝曲家。小中高校の芸術鑑賞教室では邦楽アンサンブル猫勧進として20年にわたり200校以上の学校を訪問して約10万人の児童生徒に邦楽の魅力を届けている。国賓来日のレセプションなどで演奏を担当。
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.