「死ぬまでにすること」を「寝るまでに」しよう。

ゴマブックス株式会社
8
Free sample

◆痛みを生きている証拠と感じよう。 ◆トライキズを、誇りにしよう。 ◆「死ぬまでにすること」を「寝るまで」にしよう。 ◆「今さら」なことを「今から」しよう。——執筆活動・舞台・ドラマ出演など幅広い分野で活躍中の中谷彰宏が贈る「言葉のプレゼント」シリーズ第五弾。リア充になる方法がここにある。

【目次】
プロローグ
痛みを生きている証拠と
感じよう。

01 トライキズを、
誇りにしよう。

02 「死ぬまでに
すること」を
「寝るまでに」
しよう。

03 「今さら」なことを
「今から」しよう。

04 失敗を通して、
神様からの
ヒントを
もらおう。

05 遊びで度胸を
鍛えよう。

06 休んでも、
やめない。

07 忙しかったら、
絶倫の証拠だと
自慢に思おう。

08 ヘタな
成功より、
うまい
失敗をしよう。

09 不満を捨てて、
向上心を
持とう。

10 空気を
読みすぎない
ようにしよう。

11 先が見えない
時は、
踏み出そう。

12 ムチャな
ことを
しよう。

13 予期せぬ
出来事を、
勝手に
味方にしよう。

14 奪われた
誇りを、
取り戻そう。

15 クヨクヨ
したら、
速く歩こう。

16 近道の
ないものは、
先にやろう。

17 まず、
自分で自分に
びっくりしよう。

18 投げる時は、
腕ごと
ほうり投げる。

19 失敗した
時ほど、
笑おう。

20 しんどい
ことほど、
一気にやろう。

21 チャレンジ
中毒になろう。

22 サプライズを
いいこと・
悪いことに
分けない。

23 怒る
エネルギーも、
もの作りに
生かそう。

24 雷のように、
ギザギザに
進もう。

25 「どこを切っても
出る○○」を
持とう。

26 人生の
サウナで、
思い切り、
汗を流そう。

27 豪快に、
後悔しよう。

28 進んでいない
時に、
ニコニコ
していよう。

29 「どうしたら
嫌われないか?」
なんて
考えない。

30 「何を」より
「どのように」に、
こだわろう。

エピローグ
悩み光を、
しよう。
Read more

More by 中谷彰宏

See more
中谷彰宏
「あげまんは、
一人でごはんを
食べている。」(「プロローグ」より)
運命の人に出会いたい人、一人でいるのが寂しい人、そして、さげまんに関わりたくない人は必見。
大勢でいることは楽しく寂しさを感じることはないのだけど、それではチャンスを逃してしまう。
本書では、どうすればあげまんでいられるのか、運命の人を見つけられるのか、さげまんにならないためにはどうするべきなのかを具体例を交えて分かりやすく指南。数々のベストセラー、ロングセラーを世に送り出してきた著者ならではの、成功哲学がぎっしり詰まった一冊となっているのです。

プロローグ
1.あげまんは、1人でごはんを食べている。

2.あげまんとさげまんは、
  同じ経験をしても、解釈の仕方が違う。
3.さげまんは、見た目でわかる。
4.さげまんは、「生き生き」と
 「どんより」の見分けがつかない。
5.変われるのに、「変わろうとしない」のが、さげまん。
6.さげまんは、「イヤ」な状態で、
  ブツブツ言っているのが好き。
7.いい運も悪い運も、自分自身が呼び寄せている。
8.グチ・悪口・ウワサ話には、一切耳をかさない。
9.さげまんは、努力を否定する。
10.さげまんは、好きな人の成功を憎む。
11.親が変わらなければ、子供は変われない。
12.本当に育てた人は、「私が育てた」とは言わない。
13.自称あげちんには、運の強い男はいない。
14.「男の人は、若い子が好き」と言うのは、さげまん。
15.うまくいかないのは、
  うまくいかないのがベストだと思っているからだ。
16.ホンモノを持つ人は、ニセモノには見向きもしない。
17.あげまんは、「私はあげまん」と自分から言わない。
18.あげまんは、運を1人の「運命の人」に預ける。
19.あげまんは、「運命の人」を探す。
  さげまんは、結婚相手を探す。
20.あげまんは、恨みを買うことを恐れない。
21.あげまんに感謝すると、
  さげまんにかかわらない。
22.あげまんは、つるまない。
23.黙々と努力している人を
  あげまんは見逃さない。
24.さげまんは、パーティーが大好き。
25.あげまんは、子供の時に
  親の愛情を注いでもらっている。
26.あげまんは、駆け引きをしない。
27.カマをかける人が、カマにかかる。
28.あげまんは、ケータイをのぞかない。
29.あげまんは、運命論の話をしない。
30.あげまんは、淡々としている。
31.さげまんは、同じ相手を、
  好きになったり、嫌いになったりする。
32.妙なハイテンションの男に、
  あげまんは寄ってこない。
33.奪われないものを持つと、
  さげまんは寄ってこない。
34.いつも同じ女性といる男性は、運が強い。
35.さげまんは、つきあっている間から、
  ふられた時のことを考えている。
36.あげまんは、素直に「一生」を信じることができる。
37.恋愛の勉強もさせて、子供をあげまんに育てよう。

エピローグ
38.あげまんは、つきあうまで頑張るより、
  つきあってから頑張る。

Reviews

4.0
8 total
Loading...

Additional Information

Publisher
ゴマブックス株式会社
Read more
Published on
Aug 19, 2014
Read more
Pages
93
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Business & Economics / Personal Success
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
中谷彰宏
「あげまんは、
一人でごはんを
食べている。」(「プロローグ」より)
運命の人に出会いたい人、一人でいるのが寂しい人、そして、さげまんに関わりたくない人は必見。
大勢でいることは楽しく寂しさを感じることはないのだけど、それではチャンスを逃してしまう。
本書では、どうすればあげまんでいられるのか、運命の人を見つけられるのか、さげまんにならないためにはどうするべきなのかを具体例を交えて分かりやすく指南。数々のベストセラー、ロングセラーを世に送り出してきた著者ならではの、成功哲学がぎっしり詰まった一冊となっているのです。

プロローグ
1.あげまんは、1人でごはんを食べている。

2.あげまんとさげまんは、
  同じ経験をしても、解釈の仕方が違う。
3.さげまんは、見た目でわかる。
4.さげまんは、「生き生き」と
 「どんより」の見分けがつかない。
5.変われるのに、「変わろうとしない」のが、さげまん。
6.さげまんは、「イヤ」な状態で、
  ブツブツ言っているのが好き。
7.いい運も悪い運も、自分自身が呼び寄せている。
8.グチ・悪口・ウワサ話には、一切耳をかさない。
9.さげまんは、努力を否定する。
10.さげまんは、好きな人の成功を憎む。
11.親が変わらなければ、子供は変われない。
12.本当に育てた人は、「私が育てた」とは言わない。
13.自称あげちんには、運の強い男はいない。
14.「男の人は、若い子が好き」と言うのは、さげまん。
15.うまくいかないのは、
  うまくいかないのがベストだと思っているからだ。
16.ホンモノを持つ人は、ニセモノには見向きもしない。
17.あげまんは、「私はあげまん」と自分から言わない。
18.あげまんは、運を1人の「運命の人」に預ける。
19.あげまんは、「運命の人」を探す。
  さげまんは、結婚相手を探す。
20.あげまんは、恨みを買うことを恐れない。
21.あげまんに感謝すると、
  さげまんにかかわらない。
22.あげまんは、つるまない。
23.黙々と努力している人を
  あげまんは見逃さない。
24.さげまんは、パーティーが大好き。
25.あげまんは、子供の時に
  親の愛情を注いでもらっている。
26.あげまんは、駆け引きをしない。
27.カマをかける人が、カマにかかる。
28.あげまんは、ケータイをのぞかない。
29.あげまんは、運命論の話をしない。
30.あげまんは、淡々としている。
31.さげまんは、同じ相手を、
  好きになったり、嫌いになったりする。
32.妙なハイテンションの男に、
  あげまんは寄ってこない。
33.奪われないものを持つと、
  さげまんは寄ってこない。
34.いつも同じ女性といる男性は、運が強い。
35.さげまんは、つきあっている間から、
  ふられた時のことを考えている。
36.あげまんは、素直に「一生」を信じることができる。
37.恋愛の勉強もさせて、子供をあげまんに育てよう。

エピローグ
38.あげまんは、つきあうまで頑張るより、
  つきあってから頑張る。
中谷彰宏
「楽しい人生がある
のではない。
人生の楽しみ方が、
あるだけだ。」(プロローグより)
「ピンチだ、ピンチだ」と騒ぐ人がいるが、ほんとの「ピンチ」とは、例えば崖から落ちている状態のことを指す。崖っぷちにいる時に危機意識を持って、崖から落ちないように手を打つことが大切、と筆者は説く。どんなピンチも乗り越え、どんな状況をも楽しめるようになるための心構えとは——。そのほか「『大変』『ごめんなさい』を使っていいのは、一生に一度。』など、数々のベストセラー、ロングセラーを世に送り出す中谷彰宏氏の、常識を撃破する金言多数。

  プロローグ
1.楽しい人生があるのではない。
  人生の楽しみ方が、あるだけだ。

2.「ピンチ」と「大変」を簡単に言わない。

3.「ごめんなさい」と、簡単に言わない。

4.信用を落とすことが、最大の損失。

5.「ごめんなさい」と言う人は、威張っている。

6.「大変」「ごめんなさい」を使っていいのは、
  一生に一度。

7.ピンチは、もっと前に起こっていることに気づく。

8.ネガティブなメールを残しておくと、
  ネガティブなメールを呼び込む。

9.メールのタイトルで、
  ハッピーエンドがわかるようにする。

10.具体的に、相談しよう。

11.一生懸命頑張った人にしか、
  ピンチは来ない。

12.「傷ついた」ではなく、「気づいた」。

13.「ピンチ」「大変」は
  人に対して使う言葉。

14.ピンチの乗り越え方を聞く人は、
  一生ピンチに出合えない。

15.「泣いているヒマ」はない。

16.濡れふきんで拭くことで、
  おいしいホットケーキができる。

17.うまくいかない時にも、
  ヤル気をキープする。 

18.今つまずいたのは、宝物だ。

19.文句を言っていたら、ロボットに負ける。

20.一度ブレイクスルーすると、
  ほかのことでもブレイクできる。

21.柔軟な人のほうが、根気がある。

22.ナマコは、人生の究極の指南役。

23.自殺するより、逃げる。

24.泣いている人は、
  まだ平和なところにいる。

25.「ごめんなさい」は、
  かかわり合いたくない時に使う言葉。

26.1人だけに認めてもらうのが、ベスト。

27.宇宙で成功する方法は、
  どんなところでも応用できる。

28.まず1人を幸せにすることで、
  世界中の人を幸せにできる。

29.グチは、話す側ではなく、聞く側が悪い。

30.「ピンチ」を「ペンチ」と言うと、
  笑い飛ばせる。

31.成功しても、
  「孤独」と「下積み」はなくならない。

32.「孤独」と「下積み」は、とんかつ屋さんのキャベツ。
  おかわり自由。

33.1人でごはんを食べている人が、成功する。

34.共同経営は、失敗する。

35.チャンスは、1人の時にやってくる。

  エピローグ
36.ピンチになる前に、危機意識を持つ。
ゆみちん
<本文より>
・家計簿は何のためにつけているのか
・自分はどういった生活をしたいのか
・何を大切にして暮らしたいのか
・同居している家族は何を大切にしたいのか
それらをきちんと考えて、理想の暮らしができるように生活を整えてから、はじめて食費などの節約に取り組むと、ストレスなく貯金生活を送ることができるはず。

理想の暮らしができるよう、まずは“貯まるシステム作り”を。貯まるシステムさえできれば、楽しく貯金ができます。慌ただしく安値品を探し回る必要もなく、お金がないからと本当に欲しいものを我慢することさえありません。無駄な買い物だって、確実に減らすことができます。
(略)
貯金を成功させるための大切なステップを、この一冊にギュッとまとめました。ほんの少しでもあなたの知識になればと、心から願っています。

<目次>
第1章 お金が貯まる思考法
第2章 手取り17万円の家計シミュレーション
第3章 貯まるシステムを作るには
第4章 家計をラクに管理する
第5章 貯金するにもやはり“方法”がある
第6章 手取り17万円のあなたに送る「私の経験談」

<著者>
ゆみちん
家計管理サイト「月収23万円でゆたかに暮らす。~4人家族のしあわせ家計簿~」を運営中。5週間やりくりと目的別積立&貯金、ゆみちん流家計管理&貯金術など、失敗を重ねながらも平均手取り23万円でゆたかに暮らせる4人家族の家計簿を公開。ファイナンシャルプランナー取得

★impress QuickBooks(http://qb.impress.jp/)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです
中谷彰宏
「一番決断の速い人が、リーダーになる。」(「プロローグ」より)
リーダーの仕事は、部下の時間を生み出し、チームのスピードを上げること。
チームを強くするための方法、部下を育てる一言、リーダ・チーム・部下がそれぞれ成長するために必要なことなどを、短いセンテンスやわかりやすい具体例で明快に提示しています。
著者は、数々のビジネス書、恋愛エッセイ、小説などのベストセラーを世に送り出している中谷彰宏氏。
特に、部下にどう接すればいいか迷っているリーダー、部下を育てられるリーダーを育てたい経営者、早くリーダーになりたい志のある部下の方は必読! 普段抱えている仕事の悩みを解決するヒントが、きっと見つかるはずです。

リーダーに生まれた君の33の具体例

1.ペンディングを、やめよう。
2.1回の発言で、1分以上話さない。
3.会議中に、話題を変えない。
4.部下を、サポートしよう。
5.部下の反論を、歓迎しよう。
6.自分のエラーを、認めよう。
7.トラブルを、歓迎しよう。
8.裁判官役にならない。
9.自分を飛び越えることを、歓迎しよう。
10.「勝手な行動」を歓迎しよう。
11.部下の10倍、勉強しよう。
12.部下を、目立たせよう。
13.どうでもいい声を、かけよう。
14.叱る前に、根拠を聞こう。
15.部下に「なるほど」と言おう。
16.叱るより、バックアップしよう。
17.ほめるより、「うれしい」を言おう。
18.「ありがとう」の前に、「うれしい」を言おう。
19.「育ててもらった」恩返しをしよう。
20.部下1人ずつに「うれしい」と言おう。
21.仕事を、独占しない。
22.できないことがあることを、歓迎しよう。
23.「1分以上前のこと」は叱らない。
24.「昨日と、違うこと」をしよう。
25.部下に、サービスしよう。
26.「部下の自慢」をしよう。
27.部下の前に、自分を変えよう。
28.ルールをつくって、自分から守ろう。
29.「部下の10倍高い志」を持とう。
30.部下の話を「結論は」と切らない。
31.ムッとした顔で話を聞いていることに、気づこう。
32.「ささいな情報」を共有しよう。
33.自分がいないとできないことを、喜ばない。
中谷彰宏
「うまくいかなくても
楽しいことが、
好きなことだ。
好きなことは、うまくいかなくても
楽しい。」(「プロローグ」より)
多くの人は、「好きなことをして、成功したい」と望むでしょう。
しかし、それでは「好きなこと」の定義が少しズレています。「好きなこと」とは、うまくいってもいかなくても24時間365日やり続けられることを指すからです。
数々のビジネス書、恋愛エッセイ、小説などのベストセラーを世に送り出している中谷氏が、夢を叶えるためのエッセンスを凝縮。なかなか見つからない「好きなこと」を見つけたい人、「やらなければならないこと」が多くて「やりたいこと」がなかなかできない人、やる気を沸かせたい人にぜひ読んでほしい一冊です。

【目次】
  プロローグ
1.うまくいかなくても楽しいことが、好きなことだ。
  好きなことは、うまくいかなくても楽しい。

2.うまくいくから、好きになるのではない。
  好きだから、うまくいくのだ。
3.間違えることも、正しい。
4.好きなことがあれば、生きていける。
5.自分が好きなことをしている人は、
  悪口を言わない。
6.「言いわけ」をしている人は、
  反省しない。
7.人間には、政治人・経済人・文化人、
  3つの人種がある。
8.好きなことをしている人は、
  数字の話をしない。
9.数を増やすことに興味がなくなると、
  ヤキモチを焼かなくなる。
10.好きなことをやっていないと、
  サギにかかる。
11.好きなことがあると、
  1人でも寂しくない。
12.好きなことをしていると、
  元気が出る。
13.「好き」イコール「信じる」。
14.「やりたくない」より、
  「断れない」と言おう。
15.「やれない」ではなく、
  「やれなかった」と言おう。
16.好きなことをしている人は、
  ちまちま競争しない。
17.好きなことは、一生やれる。
18.夢は、新幹線のアイスクリームのようなもの。
  かたいけれど、やがて溶ける。
19.神様は、いつも自分を
  試してくれていると知ろう。
20.自分が、実は内緒で預けられた
  王子だとしたら、
  どんなふうに生きますか。
21.声ではなく、言霊で伝える。
22.直感があっても、
  活用しないと、生かされない。
23.ゴールが、
  次のスタートライン。
24.ヘンな一拍の間をあけると、
  チャンスを逃す。
25.自分の夢を実現したいか、
  性格の合う人だけと生きたいか、
  選択は自由。
26.ガマンして、長生きするか。
  早死にしても、ガマンしないで生きるか。
27.面倒くさくても夢を選ぶか、
  羊の退屈を選ぶかは、自由。
28.「面倒くさいからやらない」と
  「できない」は、イコールではない。
29.CGよりも、オッチャンがワイヤーを
  引っ張る映画に迫力がある。
30.スポーツは、練習よりも
  日常生活で差がつく。
31.ケータイがない時に、
  落ち着かない人は、退化している。

  エピローグ
32.最後は、「素手の戦い」になる。
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.