FXってなに?: FXが何かよく分からない方のために

FX出版社
Free sample

 1級ファイナンシャル・プランニング技能士であり、CFP認定者である著者:川島裕二が、簡単に出来るFXの投資法を伝授!

初心者向けの内容ですが、ある程度FXを知っている方でも、改めて理解するために一読する価値ありの内容になっています。分かりやすく、解説していてお薦めも紹介してくれています。

<内容項目>

  FXとは

  証拠金・レバレッジとは

  利益額・損失額

  FXの単位について

  通貨量について

  ブローカーについて

  お薦めFX会社

  FXアプリについて

等。

Read more
Collapse

About the author

 1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)、宅地建物取引士

Read more
Collapse
Loading...

Additional Information

Publisher
FX出版社
Read more
Collapse
Published on
Jul 27, 2015
Read more
Collapse
Pages
30
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Business & Economics / General
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse
Eligible for Family Library

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
なにげないコトバがあなたを変える! 明日から使える強運を呼ぶ「口ぐせ」の極意。

仕事や生活の中で、このひと言ですべてが変わった、
という経験をしたことはありませんか?

ひと言で救われ、ひと言で活かされ、ひと言で成功をモノにする。
まさに「魔法のひと言」。
もしそうならば、それを常に口にしたらどうでしょう?
すなわち、「口ぐせ」にするということです。

本書では、政財界をはじめとした要人プロデュースを延べ500人以上手掛けてきた著者が、
古今東西の一流人の事例から、「ここぞ」という場面で口をついて飛び出た「口ぐせ」の数々を紹介。

一見、当たり前と思えるコトバたちでも、ひとたび「口ぐせ」になってしまえば、
あなたの人生は大きく変わっていきます。モチベーションもグンと高まります。
職場や会社の重い空気をからっと明るく爽やかに変えてしまいます!

ありとあらゆるシーンで威力を発揮し、成果をゲットできる36のお手軽テクニック!

【目次】
はじめに

第1章 なるほど! これが仕事ができる人の「口ぐせ」リスト
第2章 「この人はできる!」と思わずうなる!「口ぐせ」リスト
第3章 人の心を揺さぶる! 感動の「口ぐせ」リスト
第4章 これならできる! あらゆる問題を解決する!「口ぐせ」リスト
第5章 味方が激増する! あなたの魅力200%アップの「口ぐせ」リスト
第6章 基本中の基本、仕事の常識として使ってほしい必須の「口ぐせ」リスト
第7章 一流の人間が「ここぞ!」というときに使った! 運命の「口ぐせ」リスト

目次
第1章 庶民の暮らしを豊かにしたアイデア商法
1 現金払いとチラシで常識を変えた「越後屋」はビジネスリーダー
2「棒手振」は欲しいものを軒先まで届けてくれる移動式コンビニ
3 元禄バブル後に登場した均一ショップのハシリ「十九文見世」
4 豪商に成り上がった蔵前のバブル紳士「札差」
5 貸付、預金まで扱った「両替屋」は江戸時代の銀行だった
6 江戸に人材派遣業「囗入屋」あれば、ハケン奉公はいつも冷遇
7 「烏金」に「百一文」、江戸の貸し金いろいろ
8 「損料屋」と兼業した江戸の「質屋」はレンタルショップ
9 アロマやマッサージも呼び声とともに売りにくる。こんな珍商売も
10 庶民には高嶺の花だが、江戸にはタクシー「辻駕籠」もあった
11 馬に代わって登場した大八車は、江戸が発明した大量輸送手段
12 遠距離の「飛脚」、近距離の「便屋」。足で作った郵便システム
13 海の遠距離輸送も、水上バス・タクシーもすでに整っていた
14 明眸皓歯の看板娘で、焚き付けにできるほど売れた房楊枝
15 江戸の薬売りはみな、体を張って薬を売った
第2章 早さと手軽さをモットーに江戸の胃袋を満たしたアイデア
1 盛り切りが受けた「けんどん屋」
2 江戸のファストフードNo.1は蕎麦
3 江戸の地産地費。屋台の代表格「天麩羅屋」
4 江戸復興を支えた「煮売り屋」
5 江戸っ子の気質が生んだ食料品の百円ショップ「四文屋」
6 鰻飯は時間節約から生まれたアイデア商品
7 木戸番が持つ特権が可能にした焼芋作り
8 本音とタテマエを使い分けて食べられた獣肉
9 看板娘で勝負した「水茶屋」
10 パフォーマンス商売だった握り鮨
11 生でも茹でても商売できた卵
12 アイデア一つで少額商品でも大商い
13 試食してからお代を払った「居酒屋」
14 おめでたい商売「汁粉屋」
第3章 見えないところにまで気を配る伊達男・伊達女を支えたアイデア
1 髪の乱れに敏感だった江戸の人々
2 髪飾りも重要なアイテムだった
3 コスメ産業は、今も昔も情報が命
4 さりげないお洒落が江戸っ子の自慢
5 外出には欠かせなかった笠
第4章 何でもリユース&リサイクルのエコ・アイデア
1 献上品を転売する「献残屋」は武家専用のリサイクルショップ
2 古紙はトイレットペーパーに再生。古鉄は飴と「とっかえべえ」
3 蝋燭、傘、提灯…リペア&リサイクルでゴミはゼロ
4 灰を買い集めて転売し、豪商にのしあがった男・灰屋紹益
5 「樽買い」で酒のディスカウントストアに
6 古着にエクステ。江戸の庶民はお洒落もリサイクルで工夫
7 お洒落のポイント――足元には金を使った江戸つ子たち
8 究極のリサイクルといえばこれ。「肥え取り」
第5章 ささやかな夢と楽しみを与えてくれたアイデア
1 江戸の旅行代理店「御師」
2 お一人様いくらの料金システムは江戸時代の旅籠が始まり
3 夏の宵を彩る江戸の風物詩、川遊び
4 多彩なコンセプトで営業したお江戸のカフェ事情
5 女たちにも楽しみだった吉原の夜桜見物
6 娯楽の王様「寄席」と正月の楽しみ「三河万歳」
7 美術イベント「開帳」と、本家を食ってしまった見世物
8 体を張った「見世物小屋」、江戸のピン芸「豆蔵」
9 芝居小屋の楽屋で誕生した宴会芸「茶番」
10 宝くじはいつの時代も庶民の夢。「富くじ」
11 子どもだって夢はある。「宝引き」
第6章 びっくりするほど進んでいた情報・教育産業のアイデア
1 鐘で時間を知り、半鐘で火事を知る。鐘の音はコミュニティ放送
2 戯作者、蘭学者、浮世絵師を総動員した「引札」は江戸の広告
3 偽物も出回った「進物切手」は江戸の商品券だった
4 読売あらため「かわら版」は町ネタ満載のスポーツ紙だった
5 なんでも格付けしてしまう「見立番付」は江戸時代の情報誌
6 タイアップ企画で大成功した「絵双紙」はアイドルのグラビア
7 ガイドブック・マップの原型は遊女のプロフィールを記した「細見」
8 読み書きそろばんから生涯学習まで、江戸の就学率は八〇%
9 「鯰絵」「宝船売り」。庶民の願いは平和と愛と、金持ちになること
10 大小絵暦、自慢し合う集まりは、まるでマニアのオフ会
11 長屋住まいの庶民も持っていた武家の情報事典
12 客好みの本を持ち込む貸本屋のリサーチ力はネット書店並み?
主要参考文献
impress QuickBooks 「どうぶつ教室」シリーズ160万部突破のベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者がおくる、「簿記3級受験を目指す人がまず読むべき本」の決定版! 丸暗記で受験勉強しがちな簿記3級試験。でも、これでは簿記の勉強ははかどりません。本著では会計の知識がまったくない高校生でもわかるよう専門用語の使用をなるべく避け、これから簿記の勉強を始める人が「簿記を好きになる」ことをコンセプトに、会計の基礎をやさしく解説します。
【目次】
レベル1
・そもそも簿記3級とは何者でしょうか?・3級は簡単な商業簿記だけで助かったね・決算書は『桃太郎電鉄』でも出てきたんです・決算書は税金を取るため?・ちょっと待った。株式会社って?
レベル2
・簿記の話のはずが、いつの間にか株で儲かる話に・『パズドラ』の実力
レベル3
・ようやく簿記の話に入った・「仕訳」は世界共通言語だったりする・取引→集計→決算・家計簿を知らないので、話がふりだしに戻る
レベル4
・仕訳のルールはたった3つ・植毛もフェラーリも経費になるんです・人によって、経費の名目は変化する・今、ピザを頼むと経費になるのか
レベル5
・「仕訳」「試算表」「精算表」の問題に絞る・3級は独学でも合格できるのです・伝票はあってもなくてもいい存在
レベル6
・ガチの請求書でひと盛り上がり・売ったけど もらってないの 売掛金・買ったけど 払ってないの 買掛金
レベル7
・帳簿のボスキャラ、総勘定元帳登場!・交通費の未払金は無賃乗車ではありません・経費精算をサボる人は大迷惑!・脱税ではなく節税です・広告費が多い会社の裏事情・仕事のためだと言い張るのです
レベル8
・4つの仕訳マトリックス・費用と資産は、10万円が別れ道・今が見える、わかる・黒字でも会社は倒産する・仕訳とは、自分と他人の問題なのです・本業かどうかが別れ道・グルグルまわる、原因と結果の法則
レベル9
・売上と費用の差額は?・男の価値は、純資産・簿記の5要素とは?・純資産が大きい会社にはワケがある
レベル10
・複式簿記なので左・右は一致していた・「純資産」=「会社の価値」の本当の理由・マイナスになったら、どうなるのでしょう?・簿記はスポーツです
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.