FXってなに?: FXが何かよく分からない方のために

FX出版社
Free sample

 1級ファイナンシャル・プランニング技能士であり、CFP認定者である著者:川島裕二が、簡単に出来るFXの投資法を伝授!

初心者向けの内容ですが、ある程度FXを知っている方でも、改めて理解するために一読する価値ありの内容になっています。分かりやすく、解説していてお薦めも紹介してくれています。

<内容項目>

  FXとは

  証拠金・レバレッジとは

  利益額・損失額

  FXの単位について

  通貨量について

  ブローカーについて

  お薦めFX会社

  FXアプリについて

等。

Read more

About the author

 1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)、宅地建物取引士

Read more
Loading...

Additional Information

Publisher
FX出版社
Read more
Published on
Jul 27, 2015
Read more
Pages
30
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Business & Economics / General
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Eligible for Family Library

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
<本文より>
この本は,仕事で英文メールを書く人に,どの本よりも先に読んでほしいと思って作った本です。
(中略)
本書の方針は2つあります。1つは,例文や実例の数を厳選し,英文メールに対する考え方の説明を重視しました。出てくる表現は「まずはこれだけ」というものに絞っています。 もう1つは,英文メールの構成を重視したことです。実際に英文メールを書く際に,1つ1つの英語の表現はもちろん重要なのですが,その前に英文メールの骨格をしっかり作ることが先決です。

<目次(一部)>
●ビジネス英文メールを書くための心の準備
英語のメールは「用件だけを書けばよい」は本当か?
簡潔な英語はどうすれば書けるのか?
●もう1つの注意事項
日本語のメールを翻訳しない
「お手数ですが…」と英語で言う? 日本語の定型表現の問題
日本語と英語の表現の違い その背景にあるもの
「よろしくお願いします」を使わないために
●英文メールの基本的な構成
英文メールの構成要素
本文の形式 段落分けを利用しよう!
Best regards, まずは,結びはこれだけ
署名はフォーマットに従って
●本文の書き方① 書き出し
書き出しの3つのパターン 自己紹介/お礼・お詫び/なぜ書いているか
●本文の書き方② 本題の書き方
本題の3つのパターン 依頼/告知/コミュニケーション
●本文の書き方③ まとめの書き方
まとめの2つのパターン 補足説明/コメント
●実際に英文メールを書いてみる
これまでの説明をもとに英文メールを書いてみよう!
実例① 会議の出欠を返事する 出席の場合
実例② 売上データを送ってもらってお礼を言う
実例③ 就任の挨拶をする
実例④ 昇進のお祝い
●その他の注意事項
英語の敬語について
日本語の定型表現について
さらによい英文Eメールを書くために

監修:立花久稔
神奈川大学外国語学部卒業。米国スタンフォード・ビジネススクールSEP 修了。
商社海外情報室室長、営業部長を経て、現在、神田外語大学講師。「企業英語」「キャリア開発」等担当。『ビジネス 英語表現辞典』(ナツメ社)など著訳書多数

著:筑紫孝道
教育出版社・外資系出版社にて英語教材の開発、翻訳書の企画・編集を経て、現在はフリーランス。訳書に『セルフスタディIELTS必須ボキャブラリー』(共訳,ジャパンタイムズ)

★impress QuickBooks(http://qb.impress.jp/)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです
「チームを任されたはいいけれど、まずはどうしたらいいのだろう…。」
と不安でいっぱいの新米リーダーにとって、大きな指針となる1冊!

はじめて部下を持ったとき。
多くのリーダーは、部下がなかなか思い通りに動かずに、とまどいます。

「なぜ、こんなに簡単なことができないの?」
「なぜ、やります、と約束したことが期限内にできないの?」
「どうして、教えたのとは違う自分流のやり方をしてしまうの?」
「どうして、文句ばかり言って、動かないの?」

理解不能で不可解なことばかり。
しかし、ベテランリーダーにとって、それは当たり前のこと。
動かない部下をどうにかして動かす。
それこそがリーダーの役割である、と気づいたところから、ようやく始まるのです。

本書は、はじめて部下を持つあなたがリーダーシップを身につけるために大切なことを伝える一冊。
企業の組織づくり、人材育成の支援を手掛けながら「悩める30代を救うメンター」としてビジネス書を多数発表している著者自身が、体験し、失敗し、気づきを得たエピソードなどを紹介しながら、「はじめてのリーダー論」として明日から使える31のコツを、やさしく説きます。

【目次】
まえがき
Chapter1 チームづくりのコツ —リーダーシップの基礎の基礎
 自分で動かずメンバーを動かそう
 チームメンバーから高い信頼を得るには?
 メンバーの気持ちを理解する
 納期を半分にしつつ品質も落とさない!?
 リーダーとしての立ち居振る舞い
 何度言っても部下が動いてくれない…
 メンバーは「いてくれる」だけでありがたいもの
 チームをうまく動かすには?

Chapter2 コミュニケーションのコツ —チームプレーを円滑に進めるために
 うまいマッサージ師は強く押さない
 互いの違いを受け止める
 子供が部屋を片づけない理由/子供が部屋を片づけ始めた理由
 問題を指摘する優しさ
 コミュニケーションの本質
 裸の王様
 取りやすいところにボールを投げる

Chapter3 人材育成のコツ —ともに戦う仲間をつくる
 約束を守らない部下をどう育てるか
 部下が思い通り動かない理由
 他人のせいにして思考を放棄しない
 部下の成長を促すなら「DOはご法度」
 人が育つサイクル
 やる気のない部下は相手にしない
 部下のストレス・サインを見逃すな
 自分から聞いてこない部下には教えない
 部下の心に火を灯す方法

Chapter4 自己成長のコツ —頼れるリーダーになるための心得
 植木に水をあげるのは……
 すべては「目標を達成する」ことが大前提
 根拠のない自信をもつこと
 命をいただく
 裏切られた、と感じたときに
 逆風の中を歩むリーダーに贈る5つの言葉
 リーダーはつらいよ

【著者】
小倉広(おぐらひろし)

経営コンサルタント、株式会社小倉広事務所代表取締役、株式会社フェイス総研特別顧問。
大学卒業後、株式会社リクルート入社。事業企画室、編集部、組織人事コンサルティング室課長歴任。 その後、ソースネクスト株式会社(現・東証一部上場)常務取締役などを経て現職。 リーダーシップ開発の専門家として多くの企業の組織づくり、人材育成を支援している。

「リーダーシップとは生き様そのものである」との考えから、人間力向上のための小倉広「人間塾」を主宰。塾長として東洋哲学全般の啓蒙活動を行っている。また、「33歳のルール」(明日香出版社)などを通じて、悩める30代を救うメンターとしても知られている。

©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.