そうりゅう型潜水艦を見れば日本の先端技術がわかる!

インプレス
1
Free sample

海で最も恐ろしい兵器「潜水艦」
日本の「そうりゅう」の実力とは

想像してみてください。
濁った沼の中に獰猛なワニがいるかもしれないと言われて、気持ちよく沼を渡れるでしょうか?
強力な銃を渡されて、これなら熊もオオカミも一発で倒せるから安心だと言われても、見えないものは撃てません。

潜水艦は、海に潜ってしまえば外部からは見つけることが困難です。
海で最も恐ろしい兵器。それが現代の潜水艦なのです。

日本の海上自衛隊は「そうりゅう」という最新鋭の潜水艦を保有しています。
原子力を動力として使わない潜水艦を「通常動力型」潜水艦の中でもその実力はトップクラス!

本書では、そんな「そうりゅう型潜水艦」について、
潜水艦について全く知らない方でも簡単に理解して頂けるように、
潜水艦についての説明も交えつつ解説していきます。

▼目次
第1章 潜水艦の強さ
・潜水艦は最強のステルス兵器
・潜水艦はどうやって潜るのか
・音を使った潜水艦の探し方
・空母もイージス艦も怖くない
・日本の潜水艦の任務と戦術

第2章 そうりゅう型潜水艦の性能
・そうりゅう型潜水艦とは?
・高い静粛性で潜伏するそうりゅう
・高い潜水能力で深海に潜む
・ハイテク魚雷による高い攻撃力
・潜水艦なのに対艦ミサイルも使える
・高性能ソナーと先端の戦闘システムを搭載

第3章 他国の潜水艦と比較する
・本当に世界屈指の潜水艦なのか
・最大のライバルはドイツの潜水艦「212型」
・中国の潜水艦「元(039A)型」と比べるとどっちが強い?
・ロシアの潜水艦「ラーダ」と比較すると?
・フランスの潜水艦「スコルペヌ」と比較すると?
・オーストラリアのコリンズ級の後継として
・原子力潜水艦と戦えるのか


▼著者情報
三津村 直貴(みつむら なおき)
WEBライター。
米国の大学でコンピューターサイエンスを専攻し、アプリ開発・人工知能・ネットワーク・職業倫理などを学び卒業。
日本の一部上場企業に就職後、IT関連製品の企画・マーケティングなどに従事。
退職後はライターとして技術・医療・軍事関係のコラムやWEBコンテンツの執筆活動を行う。
Read more
Collapse
5.0
1 total
Loading...

Additional Information

Publisher
インプレス
Read more
Collapse
Published on
Jul 7, 2016
Read more
Collapse
Pages
60
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Political Science / General
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
人工知能の凄さがわかる!
ビジネスマン向け入門書

2012年に実現した「ディープラーニング」は、人工知能の進化に衝撃をもたらしました。
人間が学ぶ過程と同じような方法で自ら学ぶというディープラーニング。
この技術は、世界をどのように変えるのでしょうか。

本書では人工知能の知識がない方でも理解しやすいように、
「人工知能」と「ディープラーニング」についてわかりやすく解説。

人工知能の基本はもちろん、ビジネスへの応用や将来についても考察を進められる一冊です。

▼目次
第一章 人口知能ってなに?
・人口知能と呼ばれる機械
・人間らしさとは?チューリングテストと中国人の部屋

第二章 ディープラーニングってなに?
・ディープラーニングとニュートラルネットワーク
・実際にモノを考えさせてみる

第三章 人工知能に奪われる仕事ってなに?
・人工知能で変わる社会、人工知能の脅威
・大きく分けて4分野の仕事が消える

第四章 人間だからこそできる仕事ってなに?
・人工知能の得手不得手、人工知能の弱点
・創造的な仕事は生き残る

著者情報
三津村 直貴
米国の大学でプログラミングを学び、卒業後は日本の一部上場企業でIT関連のマーケティングや製品企画に従事。

に独立し、現在はWEBライターとして活動中。
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.