歩くスピードを上げると、頭の回転は速くなる。(大和出版): グズグズから抜け出す63の具体例

PHP研究所
Free sample

「歩くのが速いですね」と言う人がいる。速いのではない。「自分の歩くスピードが遅い」と気づいた人が生まれ変わる。(著者・中谷彰宏より) すぐに相手に会話を切り返せない人、想定外のことが起こった時、すぐに次のアイデアが出せない人、グズグズしている自分を、抜け出したい人——この本は、そんな人のために書きました。 ・くだらないアイデアから出そう。→→→間違っていいから、早指しすることで頭は回転し始める ・「そうですね」を言わない。→→→1拍、間をあけると、頭の回転が止まってしまう ・15秒以上、一人で話さない。→→→キャッチボールを早くすると、頭の回転も速まる ・「お名前をもう一度」と聞かない。→→→電話の応対の速さは頭の回転の速さである ・名前を、覚えよう。→→→頭の回転は一人ではなくチームでまわすものなど、小さなトレーニングをするだけでいい! 思考・行動・決断が倍速になる“スピード筋”の鍛え方を徹底伝授。 【PHP研究所】
Read more
Loading...

Additional Information

Publisher
PHP研究所
Read more
Published on
Dec 31, 2016
Read more
Pages
208
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Business & Economics / Personal Success
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
◆トラブルが起こったら、主人公だと喜ぼう。 ◆結果よりもフォームをよくしよう。 ◆疲れることを、楽しもう。——中谷彰宏が贈る「言葉のプレゼント」シリーズ第四弾。言うのは簡単だけれど……と思いながらも、前向きな言葉達のパワーは潜在意識に刻み込まれる。読み終わった後、自然と明るい気持ちになれる1冊。


プロローグ
トラブルが起こったら、
主人公だと喜ぼう。

01 結果よりも、
フォームを
よくしよう。

02 疲れることを、
楽しもう。

03 行きどまりまで、
行ってみよう。

04 捨てにくい
モノを、
捨ててみよう。

05 人違いでも、
挨拶を返そう。

06 足の裏から、
チャンスを
感じよう。

07 「簡単なこと」
ばかりでなく、
「簡単にできない」
こともしよう。

08 雨もヤリも、
降るものは
なんでも、
喜ぼう。

09 煮詰まったら、
動こう。

10 思い出し笑いを
しよう。

11 思い込もう。

12 トラブルが
起こっても、
やめない。

13 たまには、
存在感を
消そう。

14 いいゴマを、
すろう。

15 成長痛を、
感じよう。

16 自分の
せいでない
後片付けを、
しよう。

17 その場で
答えにくい
ことほど、
その場で
答えよう。

18 仕事の遅い
上司を、
喜ぼう。

19 目立つ
脇役になろう。

20 ヘタなことを、
好きになろう。

21 全部うまく
いかないことを、
喜ぼう。

22 自分の
出している音を、
聴き分けよう。

23 人違いされる
ことを、
喜ぼう。

24 送りバント
しよう。

25 オヤジギャグを、
許してあげよう。

26 人生や仕事の
袋とじは、
自分で
開けよう。

27 落ち込んだ
時ほど、
大の字で
寝転がろう。

28 きっちり
落ち込もう。

29 矛盾に
出あったら、
喜ぼう。

30 1年後に
つながる
自信を持とう。

エピローグ
避けたいものほど、
避けない。
「楽しい人生がある
のではない。
人生の楽しみ方が、
あるだけだ。」(プロローグより)
「ピンチだ、ピンチだ」と騒ぐ人がいるが、ほんとの「ピンチ」とは、例えば崖から落ちている状態のことを指す。崖っぷちにいる時に危機意識を持って、崖から落ちないように手を打つことが大切、と筆者は説く。どんなピンチも乗り越え、どんな状況をも楽しめるようになるための心構えとは——。そのほか「『大変』『ごめんなさい』を使っていいのは、一生に一度。』など、数々のベストセラー、ロングセラーを世に送り出す中谷彰宏氏の、常識を撃破する金言多数。

  プロローグ
1.楽しい人生があるのではない。
  人生の楽しみ方が、あるだけだ。

2.「ピンチ」と「大変」を簡単に言わない。

3.「ごめんなさい」と、簡単に言わない。

4.信用を落とすことが、最大の損失。

5.「ごめんなさい」と言う人は、威張っている。

6.「大変」「ごめんなさい」を使っていいのは、
  一生に一度。

7.ピンチは、もっと前に起こっていることに気づく。

8.ネガティブなメールを残しておくと、
  ネガティブなメールを呼び込む。

9.メールのタイトルで、
  ハッピーエンドがわかるようにする。

10.具体的に、相談しよう。

11.一生懸命頑張った人にしか、
  ピンチは来ない。

12.「傷ついた」ではなく、「気づいた」。

13.「ピンチ」「大変」は
  人に対して使う言葉。

14.ピンチの乗り越え方を聞く人は、
  一生ピンチに出合えない。

15.「泣いているヒマ」はない。

16.濡れふきんで拭くことで、
  おいしいホットケーキができる。

17.うまくいかない時にも、
  ヤル気をキープする。 

18.今つまずいたのは、宝物だ。

19.文句を言っていたら、ロボットに負ける。

20.一度ブレイクスルーすると、
  ほかのことでもブレイクできる。

21.柔軟な人のほうが、根気がある。

22.ナマコは、人生の究極の指南役。

23.自殺するより、逃げる。

24.泣いている人は、
  まだ平和なところにいる。

25.「ごめんなさい」は、
  かかわり合いたくない時に使う言葉。

26.1人だけに認めてもらうのが、ベスト。

27.宇宙で成功する方法は、
  どんなところでも応用できる。

28.まず1人を幸せにすることで、
  世界中の人を幸せにできる。

29.グチは、話す側ではなく、聞く側が悪い。

30.「ピンチ」を「ペンチ」と言うと、
  笑い飛ばせる。

31.成功しても、
  「孤独」と「下積み」はなくならない。

32.「孤独」と「下積み」は、とんかつ屋さんのキャベツ。
  おかわり自由。

33.1人でごはんを食べている人が、成功する。

34.共同経営は、失敗する。

35.チャンスは、1人の時にやってくる。

  エピローグ
36.ピンチになる前に、危機意識を持つ。
「一番決断の速い人が、リーダーになる。」(「プロローグ」より)
リーダーの仕事は、部下の時間を生み出し、チームのスピードを上げること。
チームを強くするための方法、部下を育てる一言、リーダ・チーム・部下がそれぞれ成長するために必要なことなどを、短いセンテンスやわかりやすい具体例で明快に提示しています。
著者は、数々のビジネス書、恋愛エッセイ、小説などのベストセラーを世に送り出している中谷彰宏氏。
特に、部下にどう接すればいいか迷っているリーダー、部下を育てられるリーダーを育てたい経営者、早くリーダーになりたい志のある部下の方は必読! 普段抱えている仕事の悩みを解決するヒントが、きっと見つかるはずです。

リーダーに生まれた君の33の具体例

1.ペンディングを、やめよう。
2.1回の発言で、1分以上話さない。
3.会議中に、話題を変えない。
4.部下を、サポートしよう。
5.部下の反論を、歓迎しよう。
6.自分のエラーを、認めよう。
7.トラブルを、歓迎しよう。
8.裁判官役にならない。
9.自分を飛び越えることを、歓迎しよう。
10.「勝手な行動」を歓迎しよう。
11.部下の10倍、勉強しよう。
12.部下を、目立たせよう。
13.どうでもいい声を、かけよう。
14.叱る前に、根拠を聞こう。
15.部下に「なるほど」と言おう。
16.叱るより、バックアップしよう。
17.ほめるより、「うれしい」を言おう。
18.「ありがとう」の前に、「うれしい」を言おう。
19.「育ててもらった」恩返しをしよう。
20.部下1人ずつに「うれしい」と言おう。
21.仕事を、独占しない。
22.できないことがあることを、歓迎しよう。
23.「1分以上前のこと」は叱らない。
24.「昨日と、違うこと」をしよう。
25.部下に、サービスしよう。
26.「部下の自慢」をしよう。
27.部下の前に、自分を変えよう。
28.ルールをつくって、自分から守ろう。
29.「部下の10倍高い志」を持とう。
30.部下の話を「結論は」と切らない。
31.ムッとした顔で話を聞いていることに、気づこう。
32.「ささいな情報」を共有しよう。
33.自分がいないとできないことを、喜ばない。
◆好きだった場所に、行こう。 ◆遠回りで、スピードを上げよう。 ◆アイデアを出すより、一歩を踏み出そう。 ◆迷ったら、「どっちも成功」と喜ぼう。——中谷彰宏が贈る「言葉のプレゼント」シリーズ第二弾。日々の生活で疲れている心をほぐしてくれる温かい言葉に、ふっと心の緊張が解ける瞬間が味わえるはず。

プロローグ
「意識の力」を使おう。

01 評判を、
気にしない

02 1割だけ、
成功しよう。

03 遠回りで、
スピードをあげよう。

04 相手の権利を、
尊重しよう。

05 チャンスを、
積み上げよう。

06 「努力」という
超能力を生かそう。

07 ワクワクしながら、
手帳を開こう。

08 アイデアを出すより、
一歩踏み出そう。

09 どんなに疲れていても、
やりたいことをしてから、寝よう。

10 自分の番であることを、
思い出そう。

11 うまくいくような、
前提を立てよう。

12 ヤキモチをやきたくなったら、
もっと凄い人を見よう。

13 他人の自慢話に、
きちんとうらやましがろう。

14 神様の分まで、
とらないようにしよう。

15 迷ったら、
ワクワクするほうを、選ぼう。

16 失敗期間を、
持とう。

17 意味のないうちに、
意欲を出そう。

18 拍手されないことを、
しよう。

19 他人の練習を
見て学ぼう。

20 眉間のしわを
とろう。

21 話し方を覚えるより、
好きなことを話そう。

22 子供にバカにされることを
しよう。

23 「○○恐怖症」より、
「○○快楽症」を、探そう。

24 指を見るんじゃなくて、
指の指しているほうを見よう。

25 苦労して、
山に登ろう。

26 軽蔑
しない。

27 神様を、
助けよう。

28 迷ったら、
「どっちも成功」と喜ぼう。

29 「言葉のプレゼント」に、
感謝しよう。

30 人のいないところに、
花を置こう。

エピローグ
好きだった場所に、行こう。
「あげまんは、
一人でごはんを
食べている。」(「プロローグ」より)
運命の人に出会いたい人、一人でいるのが寂しい人、そして、さげまんに関わりたくない人は必見。
大勢でいることは楽しく寂しさを感じることはないのだけど、それではチャンスを逃してしまう。
本書では、どうすればあげまんでいられるのか、運命の人を見つけられるのか、さげまんにならないためにはどうするべきなのかを具体例を交えて分かりやすく指南。数々のベストセラー、ロングセラーを世に送り出してきた著者ならではの、成功哲学がぎっしり詰まった一冊となっているのです。

プロローグ
1.あげまんは、1人でごはんを食べている。

2.あげまんとさげまんは、
  同じ経験をしても、解釈の仕方が違う。
3.さげまんは、見た目でわかる。
4.さげまんは、「生き生き」と
 「どんより」の見分けがつかない。
5.変われるのに、「変わろうとしない」のが、さげまん。
6.さげまんは、「イヤ」な状態で、
  ブツブツ言っているのが好き。
7.いい運も悪い運も、自分自身が呼び寄せている。
8.グチ・悪口・ウワサ話には、一切耳をかさない。
9.さげまんは、努力を否定する。
10.さげまんは、好きな人の成功を憎む。
11.親が変わらなければ、子供は変われない。
12.本当に育てた人は、「私が育てた」とは言わない。
13.自称あげちんには、運の強い男はいない。
14.「男の人は、若い子が好き」と言うのは、さげまん。
15.うまくいかないのは、
  うまくいかないのがベストだと思っているからだ。
16.ホンモノを持つ人は、ニセモノには見向きもしない。
17.あげまんは、「私はあげまん」と自分から言わない。
18.あげまんは、運を1人の「運命の人」に預ける。
19.あげまんは、「運命の人」を探す。
  さげまんは、結婚相手を探す。
20.あげまんは、恨みを買うことを恐れない。
21.あげまんに感謝すると、
  さげまんにかかわらない。
22.あげまんは、つるまない。
23.黙々と努力している人を
  あげまんは見逃さない。
24.さげまんは、パーティーが大好き。
25.あげまんは、子供の時に
  親の愛情を注いでもらっている。
26.あげまんは、駆け引きをしない。
27.カマをかける人が、カマにかかる。
28.あげまんは、ケータイをのぞかない。
29.あげまんは、運命論の話をしない。
30.あげまんは、淡々としている。
31.さげまんは、同じ相手を、
  好きになったり、嫌いになったりする。
32.妙なハイテンションの男に、
  あげまんは寄ってこない。
33.奪われないものを持つと、
  さげまんは寄ってこない。
34.いつも同じ女性といる男性は、運が強い。
35.さげまんは、つきあっている間から、
  ふられた時のことを考えている。
36.あげまんは、素直に「一生」を信じることができる。
37.恋愛の勉強もさせて、子供をあげまんに育てよう。

エピローグ
38.あげまんは、つきあうまで頑張るより、
  つきあってから頑張る。
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.