『丸亀製麺』で学んだ 超実直! 史上最高の自分のつくりかた

ゴマブックス株式会社
Free sample

※本商品にはオリジナル版にある試食券はございません。

2020年8月31日までご使用いただける試食券もご希望の方は、

オリジナル版(ISBN:978-4-8149-2087-7)を

お買い求めください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

国内820店舗以上、海外でも220店舗以上で世界展開!!

飲食業界で破竹の成長を続ける丸亀製麺。

その原動力をトリドールグループIR担当・社長秘書が解き明かす!!

行列ができるまでに必要な心構えとは?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


自分らしく生きたい、人生を前向きに生きたい……。

でも、手っ取り早い方法を探し求めていませんか?

丸亀製麺がかけているのは手間と暇。

丸亀製麺の取り組みから、「本当の目標」を見つけ、

達成するための最強のメソッドを徹底紹介。

今こそ「実直」で行こう!


【目次】

手づくり・できたて 讃岐うどんのつくりかた

はじめに

第1編 まずは自分を打つ

第1章 人と競争するな! 自分を取り戻せ!

第2章 目標はこうしてみつけろ!

第3章 優先順位をみつければ、目標は実現できる!

第2編 社会のなかで自分をゆでる

第4章 相手の世界を理解すれば「価値」は生き残る

第5章 世界の見方が他者との関係を決定する

第6章 新しい価値と熱気の生み出し方

おわりに

Read more
Collapse

About the author

小野 正誉(おの・まさとも)

株式会社トリドールホールディングス 経営企画室 社長秘書・IR担当。

神戸大学経済学部卒業後、大手企業に就職するも1年で退社。その後、外食企業で店舗マネージャー、広報・PR担当、経営企画室長、取締役などを歴任。

2011年より「丸亀製麺」を展開する株式会社トリドールホールディングスに勤務。転職してわずか3年で社長秘書に抜擢。入社後8年の間、国内外に1,700店舗以上を展開するグローバルカンパニーに至るまでの成長の軌跡を間近に体験する。

近著『丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか? 非効率の極め方と正しいムダのなくし方』(祥伝社)は、各メデイアで取り上げられてベストセラーとなり、海外版も出版されている。 他、著書に『メモで未来を変える技術』(サンライズパブリッシング)がある。

1972年奈良市生まれ。和歌山市育ち。

日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。

Read more
Collapse
Loading...

Additional Information

Publisher
ゴマブックス株式会社
Read more
Collapse
Published on
Sep 30, 2019
Read more
Collapse
Pages
191
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Business & Economics / Decision-Making & Problem Solving
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
時間の使い方を変えればすべてが変わる!

全世界でおよそ2100万人が愛用するシステム手帳「フランクリン・プランナー」。
その優れた時間管理システムことタイム・マネジメントは、単純なスケジュール管理という枠を超えて、あなたの仕事、そして人生そのものを変える力を持つ「ライフ・プランニング」が実現できます。
現代人のニーズに応える第4世代のタイム・マネジメント・ツールである「フランクリン・プランナー」を使うことで、自分の価値に対する理解と自覚を深め、日々の計画に落とし込めるほど明確に目標を設定できるのです。
理想的な時間管理(タイム・マネジメント)をフランクリン・プランナーで実現するための、手帳術の極意がここにはあります。

目次

■はじめに
■極意1 リフィル記入形式をライフスタイルに合わせる
■極意2 価値観用紙に取り組む
■極意3 目標を設定する
■極意4 目標はSMARTに
■極意5 目標設定用紙をアイデアメモやプロセスマップとして使う
■極意6 月間カレンダーの基本構成を理解する
■極意7 月間カレンダーとデイリーページのスケジューリングはプロセスを決める
■極意8 月間カレンダーは役割ごとに4色ボールペンで色分け記入
■極意9 二つあるインデックス・ページを使い分ける
■極意10 2枚の月間カレンダーでプライベートとビジネスを使い分ける
■極意11 仮スケジュールは付箋、確定したら書き込む
■極意12 一週間コンパスで1週間を見通す
■極意13 役割をビジネスに置き換え、ビジネスのコンパスとして使用する
■極意14 コンパス・ポーチ・ページファインダーを複数使う
■極意15 一週間コンパスの裏面をマスタータスクリストとして活用する
■極意16 ウィークリースケジュールの基本構成を理解する
■極意17 デイリースケジュールの基本構成を理解する
■極意18 デイリータスクリストの計画手順を理解する
■極意19 タスクの進捗状況を記号で管理して、確実に遂行する
■極意20 タスクリストをつくるときは、実行しやすい単位まで細かくする
■極意21 タスクリストに参照する日付やファイル名を入れて必要な情報を即検索
■極意22 仕事は上から、プライベートは下から記入する
■極意23 役割に応じたタスクリストで管理する
■極意24 デイリータスク欄の左側に主要なビジネスパートナーをあらかじめ記入
■極意25 打ち合わせ中に思いついたアクションプランは、タスクリストに記入する
■極意26 カラフルな色分けでビジュアルに訴える
■極意27 先送りタスクはその場で翌日(送った日)に記入
■極意28 結果を記入する
■極意29 必ず達成したいタスクはスケジュール欄に記入
■極意30 緊急事態の発生を想定して、スケジュールに余裕を持たせる
■極意31 始まりの時間と終わりの時間を明確に
■極意32 スケジュール欄を二分割し、左に計画、右に結果を記入する
■極意33「計画する時間」をスケジュールに入れる
■極意34 行動をマークで分類して、時間の使い方を分析する
■極意35 ウィークリーとデイリーを組み合わせて使う
■極意36 出来事を記録に残す 〜今日の出来事を何でもメモし記録に残す
■極意37 デイリーノートをプランニングに活用する
■極意38 デイリーノートを左右に分割、予定内と予定外のことを両方管理
■極意39 デイリーノートをブレーンストーミングなど、クリエイティブに活用
■極意40 土日のデイリーページで1週間を振り返る
■極意41 カットアウェイ・デイリーノートを有効に使う
■極意42 プロジェクトの工程を「プロジェクト・タイムテーブル」で管理する
■極意43「ミーティング・プランナー」で会議を実りあるものにする
■極意44「インフォメーション・レコード」で利害関係者を明確にし、円滑なコミュニケーションを実現する【/折返し6字下げ】
■極意45「プロジェクト・チーム・アサインメント」で業務の委任を管理する
■極意46 デイリー・リフィルの毎月の最終ページで経費管理
■極意47 フューチャープランニングで5年後をプランする
■極意48 タブを活用する
■極意49 自分だけのプランニング・システム 〜すべてを一ヵ所にまとめて生活をコントロールする【/折返し6字下げ】
■極意50 自由に使う
■番外編 保管用バインダーをデータベースの格納庫として活用する
      ファイリングした資料をプランナーで管理する
      デスク用と携帯用の2冊を利用する
■最後に
本質を捉え、シンプルに伝える。
アナリストの思考法+仕事術の教科書!。


混沌のなかから意味を引き出す。
無駄なく、シンプルに人に伝える。
言葉の壁、時間の壁、文化の壁を乗り越える。

──そんなアナリストのスキルが、どんな仕事にも必要とされる時代に贈る、
WBSコメンテイター、モルガン・スタンレーMUFG証券チーフ・エコノミストの思考法と仕事術。
ロングセラー『一流アナリストの「7つ道具」』に、ケースススタディを幅増補し、
新たに「結合力」の章を追加。
複雑怪奇な政治経済、不可解な社会現象の裏側にある本質を見抜くための知のツールを集めた一冊。


【目次より】
■序章 :アナリストほど掛け算が大事な仕事はない
■第1章:混沌から意味を引き出す「分析力」
・情報は「量」ではなく「つなぎ方」
・数字とモデルで考える
・ストーリーで考える
■第2章:逆算して組み立てる「プレゼン力」
・書く前に「自分と会話」する
・図や表にすると一瞬で頭に入る
・軸を使ってマッピングする
■第3章:意見の違いを乗り越える「人間力」
・会話の底流をつかむ
・意見が対立する三つの原因
・交渉を成功させる基本原則
■第4章:下品になってはいけない「数字力」
・数値の危険性
・複雑怪奇な政治も数字でスッキリ
・インフレはいい? 悪い? 弾性値で考える
■第5章:見落としがちな「時間・エネルギー管理力」
・24時間働けるのはいいことか
・溢れる情報をいかに整理するか
・時間管理と切り離せないスペース管理
■第6章:“ハブ性”で勝負する「言語力」
・自分の「ハブ性」を高める
・商売は買い手の言葉で
■第7章:自分ブランドで差別化する「商売力」
・顧客が買っているものの「本質」は何か
・自分のブランドを理解する
■第8章:組み合わせて動かす「結合力」
・選択と集中を誤解するな
・組織の中で結合力を発揮する
■「私が読んできた本」「支えにしてきた言葉」
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.