仕事の9割は月曜日に終わらせる!

ゴマブックス株式会社
8
Free sample

ビジネスパーソンの1週間は、月曜日で決まる!
月曜日を上手に使いこなせれば、1週間を最高に効率的かつ生産的に過ごせるのです。

本書では、月曜日のタイムマネジメント、月曜日のスケジューリングなど、
週のはじめだからこそやっておきたい「月曜日の仕事術」を大公開!

週末、いつも四苦八苦しているあなたへ……
一週間を効率的かつ生産的に過ごすための「かしこい時間の使い方」満載の一冊です。

中島孝志(なかじま・たかし)
東京都出身。早稲田大学政経学部卒。南カリフォルニア大学院修了。
PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等、多彩な顔を持つ。
著訳書は260冊超。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
Read more
Collapse

More by 中島孝志

See more
「仕事ができる人」「仕事ができない人」のちがいはほんの少ししかありません。
そのちがいとは、ちょっとしたコツやルール、法則を知っているかどうかです。

本書では「できる人」と呼ばれる人は必ず実践している20のルールを大公開!
「ルール=キモ」さえおさえれば、誰でも「できる人」になれるのです!!

◆いつも仕事に追いかけられている...
◆「仕事が遅い!」といつも叱られている...
◆仕事の能力の限界を感じている...

悩めるビジネスパーソン必見!
いままでの仕事ぶりを革新的にバージョンアップさせる方法が詰まった一冊。
【目次】
はじめに
第1章 朝起きてからオフィスに出勤するまでの技術
 自分を高める投資の技術
 48分をマネジメントする技術
 朝飯前に自己啓発する技術
 朝起きてから家を出るまでの技術
 朝に強くなる技術
 朝型人間になる技術
 通勤電車一万時間の技術

第2章 メールチェックは最短で! 朝いちばん効率的に仕事をする時間術
 仕事モードにスイッチオンする技術
 1時間に出勤する技術
 頭のいいメールの技術
 メール10通を1分でさばく技術
 夜中にメールをおくる技術
 メールではなく手紙と絵はがきにする技術
 向こう3カ月が一目でわかるカレンダーの技術
 頭のいい名刺整理の技術
 集めずに捨てる技術
 名刺を整頓する道具

第3章 午前中を最高の仕事時間にする! 知的プロデュースの技術
 集中力をとことん引き出す技術
 1日2時間! 折り返し電話の技術
 おじゃま虫をやっつける技術
 必ず結果を出す会議の技術
 会議を早朝にもってくる技術
 少なければ少ないほど活性化する技術
 会議よりも効果的な立ち話の技術
 盗む技術
 トップ営業マンに学ぶ大泥棒の技術
 世界一のコンサルタント会社に見るMECEの技術
 1つに集約する技術

第4章 午後の時間を効果的につくりだす! 知的クリエイティブの技術
 仕事に濃淡と軽重をつける技術
 仕事を3つに分けて効率化を狙う技術
 ダイナミックな仕事にするための夢を描く技術
 「80対20の法則」で仕事を差別化する技術
 いざというときのための余裕時間の技術
 忘れるためにメモする技術
 残業がなくなる技術

第5章 どんどん進化成長する! 自己啓発の鬼になる技術
 イライラしない待ち合わせの技術
 思わぬ発見をしかける技術
 読まない雑誌に囲まれるから勉強になる技術
 だれも気づかない情報を拾う技術
 ヒットするアイデアを異性に学ぶ技術
 たくさんの人に力を貸してもらって成功する技術

3.5
8 total
Loading...

Additional Information

Publisher
ゴマブックス株式会社
Read more
Collapse
Published on
May 23, 2014
Read more
Collapse
Pages
67
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Business & Economics / General
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
1日はだれにでも公平に24時間与えられている。

 しかし仕事ができる人は朝起きてから寝るまでまったくといっていいほど無駄がない。一方、仕事ができない人は1日が240時間あってもなにもできない。

 仕事リッチな人はもちろん時間もリッチ。人生もリッチで、きっと文字通りリッチでお金持ちなのだと思う。

「ああ、できればあんな風になりたいなあ!」と憧れてしまう。

 一方、仕事プアな人はその反対。いつも汲々と仕事に追いまくられているのに、結果がついてこない。で、いつも叱られる。周囲からはバカにされ、アルバイトからも軽んじられる。哀しい!

「絶対にああはなりたくない!」

 このように、「仕事リッチの人」もいれば、「仕事プアな人」もいる。いったいどこがどう違うのか?

 仕事にしろ、遊びやふだんの生活にしろ、「仕事リッチな人」は1日をどう過ごしているのだろうか? どこがどう違うのか? どんな発想、意識で生産性の高い生活を実現しているのか?

「仕事リッチな人」の行動パターンを朝から晩まで——起床時間、通勤時間のすごし方、オフィスでの仕事ぶり、アフター5の行動、帰りの電車、帰宅してからの生活などなどをのぞいてみよう。きっとあなたの仕事脳を刺激するヒントがたくさん発見できると思う。(本文より)

<目次>
第一章 「仕事のできる人」が朝起きてから出勤するまでにやっていること!
第二章 「仕事のできる人」がオフィスについてすぐやっていること!
第三章 「仕事ができる人」は午前中を効果的に使っている!
第四章 「仕事ができる人」は午後をどのように効果的に使っているのか?
第五章 「仕事ができる人」は会社を出てから夜寝るまで何をしているのか?

<著者>
中島 孝志(なかじま たかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家(ペンネームは別)、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等。
26歳で勉強会を発足させて以来、多いときには600人の参加者を集める人脈のプロが教える究極の人脈指南書です。

唐突だけど、いま、やりたいことを10個挙げてもらいたい。たとえば、手帳かノートにそれを書いてみよう。「もっと仕事ができるようになりたい」「とりあえずノルマを達成したい」「早く昇進したい」「もっと給料が欲しい」…なんでもいい。そして、この10個の願いを見て、「人脈」があれば、そのうちどれだけのことが実現できるだろうか、と考えてもらいたいのだ。(本書より)
あなたが自分の望みを叶えられるかどうかは、人脈次第。「自分は引っ込み思案だから…」「口下手だし…」そんな人も大丈夫。思わず相手に「また会いたい」と思わせるコツを一挙にご紹介します。本書では、眠っている人脈を掘り起こす具体的な方法からネットを活用した人脈術、雲の上の人と思えるようなキーマンとのアポとりのノウハウまで人脈を開発するための実践的な方法を大公開! 社会人1年目には電話1本かけられないほど極度の引込み思案だった著者が26歳で勉強会を発足させて以来、多いときには600人の参加者を集められるまでに人脈を拡大させた25年間の軌跡をあますところなく披露いたします! 地位もお金もなくて結構。骨を惜しまず取り組めば、人脈はだれにでも築ける。プロが教える究極の人脈指南書です。

【目次】
まえがき
第1章 成功できるかどうかはすべて人脈で決まる!
■人脈があればなんでも叶う!
■人脈は関所を通過するための通行手形だ!
■会う人ひとりひとりを投資家と心得る
■ヘンリー・キッシンジャー(米国の元国務長官)との面談を断った!
■弱気人間ほど人脈ができる!
■なによりも人間を学べ!
■こんな勉強会を主宰してみたらどうだろう?
■20代のうちは講師代など払う必要はない!
■人間関係を冷却させるな、人は熱いうちに会え!

第2章 ハーバード・ビジネススクールでも立証された! 人脈こそ最高の成功ツールである
■多くの人脈に囲まれた「伝説の営業マン」
■どんなに多忙でも絵ハガキ1枚くらいは書けるはずだ!
■ネットの時代だからこそ筆文字がきらりと光る!
■やっぱりマメな奴には適わない

第3章 眠っている人脈を掘り起こせ! 死火山人脈を活火山人脈にする方法
■人脈の棚卸しをしよう!
■弟子入りしてしまえば身内になれる!
■いままで捨ててきた人脈?同窓会人脈を拾って歩け
■死火山・休火山の人脈を活火山に転換する方法
■年賀状を3千枚出してみる
■口下手人間の代わりに自己紹介する名刺
■名刺は最初の切り札だ!
■「あなたともっと話がしたい!」と思わせる名刺をつくろう
■名刺ホルダーになってはいけない

第4章 ネット活用の人脈術! 寝ている間に人脈が拡大する仕組みをつくる!
■人脈づくりのマジック「ネット活用の人脈術」
■ブログがきっかけでこんなに人脈ができた!
■ブログは人脈開発のポータルサイトだ!
■情報は受信基地ではなく発信基地に集まってくる!

第5章 VIPとかんたんに会えるオフライン人脈の仕組みをつくる!
■合い鍵さえあればすんなり開く
■とんだ恥かきが一発大逆転
■キーマンとのアポとり方法
■キーマンとの面談は初デートと同じくらい真剣に!
■主宰してこそ意味を持つ「勉強会」
■小さく生んで大きく育てる!
■勉強会では主宰者をマークする!
■無料で有名人をゲストに呼んでしまう方法
■いもづる式にキーマンを人脈にする方法
■自分がキーマンになれば一挙両得!
■なにもないのが最大の強み!
■中島流、行列のできる勉強会マニュアル
■個人情報保護法のアホさ加減!

第6章 人脈開拓の意外な盲点! 「早朝1時間」「夜1時間」を徹底活用する方法
■全国いたる所で早朝勉強会が行われている
■早朝の読書会で人脈を開発する!
■早朝勉強会にはこんなにメリットがある!
■政治家の勉強会は午前7時がピーク
■シナジー効果のあるパワーランチを仕掛ける!
■アフター・ファイブには出入り自由のオープンスペースを仕掛けてみよう
■リトリートは人間を磨く場だ!

第7章 テレビ・新聞・雑誌を無料で利用する!人脈開拓のためのメディア活用法
■ゼロからマスコミ人脈をつくりあげる
■マスコミ各社は慢性的企画欠乏症だった!
■単行本出版から雑誌取材へとつなげる戦略
■テレビ出演で人脈を爆発させる!
■ブログをテレビ、雑誌、出版のネタ元にする

中島孝志(なかじま・たかし)
東京都出身。早稲田大学政経学部卒。南カリフォルニア大学院修了。
PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等、多彩な顔を持つ。
著訳書は260冊超。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.