FitToFit

4.4
6980 件のレビュー
50万+
ダウンロード
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像

このアプリについて

FitToFit を使用すると、フィットネス データを Fitbit から Google Fit に転送できます。データは Fitbit アカウントから直接クエリされ、Google Fit に挿入されます。これを行うには、最初に Fitbit アカウントでログインし、転送したいデータへのアクセスを FitToFit に許可する必要があります。次に、Fitbit からのデータを挿入する Google アカウントに接続するよう求められます。 FitToFit は、Fitbit から Google Fit への転送のみにアクセスとデータを使用します。あなたのデータは、Fitbit と Google Fit 以外には保存されません。

FitToFit は以下を処理できます。
- ステップ
- 活動
- 距離
- 心拍数
- 寝る
- 酸素飽和度
- 重さ
- 体脂肪
- 食物
- 水

アプリの設定でデータ型を選択して変更できます。

注: すべての画像が更新されるまでに時間がかかるため、転送したデータが Google Fit アプリにすぐに表示されない場合があります。

AutoSync 機能を使用すると、歩数を Fitbit アカウントから Google Fit に自動的に転送できます。手動で同期したい場合は、リマインダー機能を使用すると、これを覚えておくことができます。両方の機能は、必要に応じてメニュー項目「設定」で有効にすることができます。 AutoSync 機能を使用すると、異なる間隔を選択できます。

このアプリは英語とドイツ語で利用できます。

Fitbit API サンプル モジュールの Chris Stasonis に感謝します! (https://github.com/Stasonis)
最終更新日
2024/01/22

データ セーフティ

データの安全は、デベロッパーによるユーザーデータの収集、共有方法を理解することから始まります。データのプライバシーとセキュリティの方針は、アプリの使用方法、ユーザーの年齢やお住まいの地域によって異なることがあります。この情報はデベロッパーから提供されたもので、更新されることがあります。
第三者と共有されるデータはありません
このアプリは以下の種類のデータを収集することがあります
個人情報、アプリの情報、パフォーマンス
データは送信中に暗号化されます

評価とレビュー

4.4
6820 件のレビュー
Minako Nakazawa
2024年3月7日
最初の何日かはとても良かったが、その後は同期する度にGooglefitの歩数が加算されてしまい、すごい歩数を歩いたことになってしまった。しかもそれが直せない。
役に立ちましたか?
ネオ
2020年7月3日
このアプリを利用することで、Fitbitのデータ(活動、距離、歩数、睡眠、心拍数、体重、体脂肪量、食事、水分量)をGoogle fitに同期させることができます。 非常に便利だと思います! 本来ならこのような機能をFitbitが公式でサポートするべきでしょうが、現状サポートされていないのでこのアプリを利用しています。 逆にGoogle fitの情報をFitbitに送る機能はありません。Fitbit以外の自動記録の体重計などと同期することはできないので、あしからず。 日本語に対応していませんが、かんたんな英語が理解できれば利用できるはずです。
112 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
役に立ちましたか?
MACO SAN
2022年11月7日
Google pixel 7を使い始め、その後pixel watch を使い始めて気がついたのは、今まで使っていたgoogle fitと連携しないことでした。 なんとかならないのかと思っていたところにこのアプリの存在を知りさっそく試してみたところ非常にうまくfitbitからgoogle fitにデータの転送ができているように思えます。 また詳細説明を読んでないので、google fitとfitbitの両方を使用している場合のデータの扱いがやや不明ですが、数値が大きい方を残すような感じでしょうか。 とにかく最初の一歩目的は果たせました。 有用なアプリをありがとうございます。
19 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
役に立ちましたか?

最新情報

- Compatibility for Android 14
- Various bug fixes and improvements